FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム126] 1983年4月3日のアルゼンチン共和国杯
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第一回東京オリンピックの前年・1963年(昭和38年)に創設されたアルゼンチン共和国杯(当初はアルゼンチン・ジョッキークラブ杯→ARJC杯)は、1984年の中央競馬重賞レース体系見直しまでの間、春に開催されていて、古馬限定レースでしたから、天皇賞(春)を目指す関東の有力古馬のステップレースでした。(1984年に目黒記念(秋)の後継レースとして秋に行われるようになり、同時に3歳馬も出走できるようになりました)

 従って、菊花賞や天皇賞といった長距離レースでの実績十分の馬達が多数出走してきたのです。

 思い出深いレースも多いのですが、今回は1983年つまり春に行われた最後のアルゼンチン共和国杯を採り上げます。

[1983年4月3日のアルゼンチン共和国杯の結果]
1着 ミナガワマンナ
2着 アンバーシャダイ ハナ差
3着 ホリスキー ハナ差
4着 メジロティターン 2・1/2馬身差

 錚々たる長距離馬・ステイヤーが名を連ねました。

 まずは優勝したミナガワマンナ号。
 父シンザン、母ロングマンナ、母の父ヴィミー。通算成績25戦7勝、主な勝ち鞍1981年菊花賞、1982年・1983年アルゼンチン共和国杯(連覇)。
 あの三冠馬シンザン産駒初のクラシックホースです。シンザン産駒には快速馬・短距離馬が多かったのですが、異彩を放つ存在でした。皐月賞12着、日本ダービー8着と来て菊花賞優勝(2着に4馬身差)なのですから、距離が延びるほど良いという感じです。内国産種牡馬として、輸入種牡馬相手に正面から戦ったシンザンの代表産駒の一頭でしょう。シンザンには及ばないものの、29歳の長寿を全うしました。

 1983年のアルゼンチン共和国杯は、最後の直線でアンバーシャダイ、ホリスキーとの猛烈な叩き合いを演じて、見事に勝ち切りました。

 続いて2着のアンバーシャダイ号。
 父ノーザンテースト、母クリアアンバー。通算成績34戦11勝、主な勝ち鞍1981年有馬記念、1983年天皇賞(春)、1981年目黒記念(秋)、1982年・1983年AJC杯(連覇)。
 通算10度のリーディングサイアーに輝いたノーザンテーストの初年度産駒です。この時代の長距離レースの横綱的存在でした。一生懸命に走る馬で、「大敗しなかった」印象です。

 続いて3着のホリスキー号。
 父マルゼンスキー、母オキノパンダ。通算成績19戦5勝、主な勝ち鞍1982年菊花賞。
 ニジンスキーの仔マルゼンスキーの代表産駒として、長距離線で力を発揮しました。天皇賞ではアンバーシャダイ他の前に惜しくも2着・3着でしたが、まさにステイヤーでした。
 ステイヤーとしては珍しく、ユキノサンライズ、ロンシャンボーイ、シンホリスキー、ルイボスゴールドなど、産駒に多くの重賞ウイナーを輩出したことでも知られています。

 最後は4着のメジロティターン号。
 父メジロアサマ、母シェリル(フランスの名牝系)。通算成績27戦7勝、主な勝ち鞍1982年天皇賞(秋)(当時は3200m)、1981年セントライト記念、1982年日経賞。
 父メジロアサマ→メジロティターン→産駒メジロマックイーンと日本競馬界唯一の「父子3代天皇賞制覇」を達成している、名ステイヤーです。

 こうした優駿が集った1983年のアルゼンチン共和国杯は、同競走史上に残る好レースであったと感じます。本当に懐かしいレースです。

 何時の時代にも、「時代の強豪が集結してしまうレース」というものが存在するのです。現在でいうところのG1ホースが数多く出走してきた、1970年代から1980年代前半までのアルゼンチン共和国杯も、そうしたレースのひとつでした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ゴルフ世界選手権] 岩田寛選手 大健闘!
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
1983年4月3日のアルゼンチン共和国杯  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829