FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2014~15] ダレン・スプロールズ選手の輝き
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 フィラデルフィア・イーグルスのランニングバックRB、ダレン・スプロールズ選手の活躍が続いています。

 2005年にデビューし、既にNFLキャリア10年目のベテラン選手ですが、今シーズンの活躍は一味違う感じがします。

 公称では身長168cm・体重86kgと表記されています。しかしこれは公称で、実際の身長は165cmも無いのではないかと思います。NFLでは小さい、とても小柄なプレーヤーです。

 今シーズン第10節(11月11日)までの8試合の成績は、ラン36回で236ヤードのゲイン・4タッチダウンTD、パスレシーブ21回で257ヤードと、リーグトップを争うような数字では無いのですが、ここぞという時のプレーは極めて印象的なものです。まさに「記録より記憶に残るプレーヤー」なのです。

① ポジショニングと走るコース

 「視野が広い」ということでしょうか、パスレシーブの際の位置取りの上手さは抜群ですし、ランプレーの時のコース取りも独特というか、まさにプロフェッショナルという感じです。

② 柔らかく無駄の無い動き

 動きがとても柔らかい感じがします。かといってクニャクニャしているのではなく、自然な動きなのです。
 相手守備陣が数人で待っている場合でも、「するり」という感じで抜けて行きます。どうやって抜けたのだろうかとリプレーを観ると、成る程と唸らされるのです。

③ ここぞという時のプレーヤー

 頭書の今季成績を見ても、ラン1回当たりのゲインは6.6ヤード、パス1回当たりは12.2ヤードと、これはとても良い数字です。
 スプロールズ選手を使う時、イーグルスは大きなゲインをイメージしたプレーを企図しているのでしょう。そして、スプロールズ選手も役割期待に応えているのです。

 今季のイーグルスは、第10節を終えて7勝2敗、NFC東地区の首位を快走しています。

 チップ・ケリーヘッドコーチHCの標榜する「アップテンポな攻撃」が効果を挙げているのです。昔ならノーハドル・オフェンスと呼ばれたのでしょうが、ひとつの攻撃から次の攻撃に移る間の時間が極めて短く、直ぐに次の攻撃プレーがスタートしますから、相手チームの守備陣は準備が間に合いません。
 驚くべきは、審判団の準備が間に合わず、プレーが取り消しになることさえあることです。

 クオーターバックQBのマーク・サンチェス選手やRBのルショーン・マッコイ選手、ワイドレシーバーWRのジェレミー・マクリン選手・ジョーダン・マシューズ選手、そしてスプロールズ選手等を中心とした攻撃陣が、見事に機能しているのです。

 今季のイーグルスは好成績が期待できると思います。

 ここぞという場面でのスプロールズ選手のミラクルプレーが、イーグルスを2004年以来のスーパーボール出場に導く可能性は十分です。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
アギーレジャパン ホンジュラス戦で6-0の勝利
NEW Topics
[ラグビーワールドカップ2019] 決勝トーナメントの行方 パターン2
[ラグビーワールドカップ2019] 決勝トーナメントの行方 パターン1
[大相撲2019・9月場所] 中日を終えての大混戦
[MGC2019・女子] 前田穂南選手 見事な走りで優勝
[MGC2019・男子] 中村匠吾選手 見事な走りで優勝
[全米オープン2019男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 4度目の優勝
[MLB2019] 大谷翔平選手 左ひざの手術を受ける。
[ラグビーワールドカップ2019] 世界ランキングから観た一次リーグ
[U-18W杯2019] 台湾代表チーム 「堅守」の優勝
[ラグビーワールドカップ2019] 「日本開催」の意味と価値
[U-18W杯2019] これだけエラーをすると勝てない。
[キリンチャレンジカップ2019] 大迫勇也選手の「クローゼ風」ゴール
[PGAツアー2019~20] 新しいシーズンへ
[MLB2019] 珍しい? ヤンキースの完封負け
[MLB2019] ジャスティン・バーランダー投手とジョージ・ブラッドリー投手
[U-18W杯2019] 石川昂弥選手 起死回生の3ランホームラン
[U-18W杯2019] 日本チーム アメリカチームの連勝を止める
[大相撲2019・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
[世界柔道選手権2019] 日本代表チームの健闘
[LPGA2019] 鈴木愛選手 ニトリレディス大会 快勝!
[NFL2019~20シーズン開幕迫る] スーパーボウル 雑感
[MLB2019] 田中将大投手と菊池雄星投手の初対決は、田中投手に軍配
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 8回1失点で5勝目
[夏の甲子園2019] 完投した両投手の投球数は 合計202球
[ホッケー2019] 大井ホッケー競技場の東京オリンピック2020テスト大会
[ツアー選手権2019] ロリー・マキロイ選手 2度目の「年間王者」
[バドミントン世界選手権2019] 日本チーム 2種目で優勝 2種目で準優勝
[MLB2019] ヒューストン・アストロズの素晴らしい先発陣
[MLB2019] その試合を、どのようにして「特別」なものにするのか。
[男子100m競走2019] クリスチャン・コールマン選手 2年間の資格停止処分?
[夏の甲子園2019・決勝] 「鉾」が「盾」に勝ったゲーム
[MLB2019] 菊池雄星投手 MLB初完封勝利!
[NPB2019] 残り約30試合 ペナントレースの行方
[ツアー選手権2019] ラウンドを始める前から10アンダーパー?
[夏の甲子園2019・準決勝] 星稜の投手陣 「逆転」の中京打線を零封
[夏の甲子園2019・準決勝] 「骨太」の履正社打線が中森投手を攻略
[PGAツアー2018~19] 松山英樹選手 6年連続ツアー選手権大会出場
[夏の甲子園2019] 8回裏 逆転満塁ホームラン
[夏の甲子園2019] 延長14回タイブレーク
[夏の甲子園2019] 敦賀気比・杉田翔太郎選手 サイクルヒット
[NPB2019] 山田哲人選手 30号本塁打 4度目の30・30へ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手の大活躍
[夏の甲子園2019] 3回戦の組合せ
[夏の甲子園2019] 守備の時に「脚が痙攣」する。
[セーリング470級世界選手権2019] 吉田・吉岡組2位 東京オリンピック2020代表内定
[夏の甲子園2019] キャッチャーフライでタッチアップ→進塁!
[夏の甲子園2019] 10回表に2盗、3盗
[夏の甲子園2019] バントが上手い広島商チーム
[夏の甲子園2019] 習志野チーム 伝統の粘り
[NPB2019] 読売ジャイアンツ 0-7からの逆転勝利
Entry TAG
Fイーグルス・スプロールズ選手の輝き  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930