FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  アギーレジャパン ホンジュラス戦で6-0の勝利
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月14日のキリンカップは、久しぶりに「痛快なゲーム」でした。
 
 サッカー男子日本代表チームが、ワールドカップ出場レベルのチームを相手に6点を奪って勝利したというのは何時以来であったか、思い出せませんが、ゲーム全体を通じてとても楽しく観させていただきました。

 前半9分の吉田選手の先取点が大きかったと思います。遠藤選手のコーナーキックをファーサイドに居た吉田選手が頭で押し込んだ見事なゴールでした。ワールドカップ2014ブラジル大会の、ブラジルのチアゴ・シウバ選手のゴールを彷彿とさせるもので、アギーレジャパンのセットプレーのひとつなのでしょう。
 この先制点で、チーム全体の動きがとても良くなりました。

 2点目の本田選手のゴールは、「ACミランの10番のゴール」そのものでした。高いレベルのゴールキーパーと1対1になって、これをキッチリ決めるというのは、易しいことではありません。キーパーの右下を狙って、正確なコントロールで、とても小さい振り幅から強いシュートを放つという、高クオリティなシュートでした。

 3点目の遠藤選手のシュートも、その質の高さに感動しました。本田選手の素晴らしいパスでしたが、シュートが決まらなければ、せっかくのパスも台無しなのです。遠藤選手は、これ以上無いシュートで、このパスに応えました。「ワールドカップでゴールを挙げているプレーヤーは違う」と感じさせるシュートでした。

 4点目も本田選手からの見事なラストパスからでしたが、これをダイレクトで叩き、相手ゴール右隅に打ち込んだ乾選手のシュート力も、ブンデスリーガで習得したものの大きさを十分に感じさせるものでした。
 ペナルティエリア内に複数の選手が入っていたことも含めて、日本チームの狙いが機能したゴールでしょう。

 そして、5点目の豊田選手、6点目の乾選手の2点目も、相手ゴールに向かう強い意志が感じられるものでした。

 このゲームの、アギーレジャパンの良かったところを観て行きましょう。

① スピードで勝っていたこと

 個々のプレーヤーのコンディションが良く、気迫で上回っていたことから、プレースピードで優位に立てました。イーブンボールへの働きかけの速さも含めて、近時の国際試合ではなかなか見られなかったレベルの動きの良さであったと思います

② 守備が機能していたこと

 最も良かったのは、この点でしょう。個々のプレーヤーの意識が高く、チームとしても「目指すべき守備の形」が出来ていました。明らかに新しい日本代表チームが出来上がりつつあるのです。
 「世界的な守備のスペシャリスト」としてのアギーレ監督の本領が発揮されつつあります。6点取ったことも大きいが、ワールドカップ出場メンバー7人を擁するチームを無得点に抑え込んだことが、一層素晴らしいことだと感じます。
 今のホンジュラスレベルのチームは、チーム全体の調子が悪くても、なにがしかの形で得点する力と形を保持しています。保持しているから、ワールドカップに出場できるのです。

③ 若手とベテランのバランスが良かったこと

 当然のことながら、若手だから良い、ベテランだから良い、などというこことはチーム造りの上では有り得ません。「良いチームだから良い」のです。個々のメンバーの実力を合計した数値以上の力を発揮できるチームが、良いチームということになります。

 遠藤選手が復帰したゲームにおいて、武藤選手や柴崎選手、乾選手や豊田選手が活躍するというのは、チームとして素晴らしいことでしょう。

 6-0で大勝したから楽しかったという側面は確かに有りますが、何より個々のプレーヤーがピッチ上で存分に実力を発揮してくれたことが、ファンにとってとても嬉しいゲームであったと思います。

 アギーレジャパンは、良いチームになりつつあります。来年初のアジアカップが楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲11月場所] 旭天鵬関の見事な活躍!
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
アギーレジャパン6-0で快勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829