FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球] 2014年シーズン・ベストナインが発表されました。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本プロ野球機構による、2014年シーズンのベストナインが11月20日に発表されました。

[セントラル・リーグ]
・投手 菅野智之(巨人) 初の選出
・捕手 阿部慎之助(巨人) 9回目
・一塁手 ゴメス(阪神) 初
・二塁手 山田哲人(ヤクルト) 初
・三塁手 ルナ(中日) 初
・遊撃手 鳥谷敬(阪神) 5回目
・外野手 マートン(阪神) 4回目、丸佳浩(広島) 初、雄平(ヤクルト) 初

[パシフィック・リーグ]
・投手 金子千尋(オリックス) 初
・捕手 伊藤光(オリックス) 初
・一塁手 メヒア(西武) 初
・二塁手 藤田一也(楽天) 2回目
・三塁手 銀次(楽天) 初
・遊撃手 今宮健太(ソフトバンク) 初
・外野手 糸井嘉男(オリックス) 4回目、柳田悠岐(ソフトバンク) 初、中田翔(日本ハム) 2回目
・DH 中村剛也(西武) 初

 セ・リーグ9名の内6名、パ・リーグ10名の内7名の、計19名の内13名が初選出という結果でした。感想です。

① フレッシュな顔ぶれ

 全19名中13名が初選出なのですから、フレッシュな顔ぶれであることは間違いありません。NPBは「世代交代の時期」を迎えていると言っても良いのでしょう。

② 先発メンバー・打順が流動的になっている。

 いつ頃からか、ひょっとすると2005年の千葉ロッテ・バレンタイン監督の時からか、どのチームも先発メンバーが固定されなくなりました。また、打順や守備位置も流動的になりました。

 相手ピッチャーにより、毎日のように先発メンバーが変わり、ペナントレース全試合、あるいは130試合以上に先発するという選手が減少しているのでしょう。
 こうなると、「うちのチームの外野手はこの3人」といった形が決まらなくなり、結果としてベストナイン選出対象者も、流動的になってくるのでしょう。

 例えば、V9時代の巨人軍であれば、1番柴田、2番土井、3番王、4番長嶋、5番高倉、6番国松、7番黒江、8番森といった具合に、先発メンバーと打順・守備位置が概ね固定されていました。
 1960年代~1970年代には、こうしたチームが多かったと思います。

 その後、外国人選手登録の自由化やトレードの一般化といった要因も手伝って、20世紀終盤から先発メンバーが流動的になり、21世紀には140試合前後のペナントレース中に100通り以上の組合せを展開するというチームまで現れるようになったのです。
 これでは、ベストナインに多くの回数選出される選手が減るのも、無理は無いと感じます。

③ 選手寿命が短くなってきているのか?

 前述のV9戦士の多くは、長い選手キャリアを誇りました。数年で消えて行くという選手は少なかったのです。
 その時代は、他のチームでも「長く○○のポジションを張る選手」が数多くいたのです。チームの名物選手と呼ばれることも珍しくありませんでしたし、テレビ放送には対戦相手のチームであっても見慣れた選手が常に映し出されていました。

 現在はというと、「チームの骨格を成す2~3名」こそ不変ですが、それ以外の選手は、時期により、試合により、あるいは試合中でも、どんどん変わります。そして、気が付くと、出場しなくなっていたりします。
 さすがに、贔屓のチームのメンバーはフォローできるのですが、対戦相手のチームや交流戦でリーグが違うチームのメンバーに接すると、「数人しか認識できない」という事態に陥ったりします。

 「野球のやり方が変わった」という面はあるのでしょうし、人工芝グラウンドの増加に伴い怪我が多くなったのかもしれませんが、平均した選手寿命が短くなっているように感じます。

 以前なら、「ベストナイン初受賞」ともなれば、「次代の日本プロ野球を支える人材が出てきた」とされたところですが、現在では「この選手は、来年もベストナインに選ばれるのだろうか」という感想になってしまいがちです。
 各ポジションで「日本プロ野球を代表する選手」を挙げて行くことが、難しくなっているのかもしれません。

 時代が変わったと言われればそれまでですが、少々寂しい感じもします。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲11月場所] 32回目の優勝 偉大なる白鵬関
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
日本プロ野球2014のベストナインが発表されました。  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930