FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  バロンドールの最終候補は、クリロナ、メッシ、ノイアーの3選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 FIFA(国際サッカー連盟)が12月1日に、2014年の年間最優秀選手(バロンドール)の最終候補として、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、リオネル・メッシ(アルゼンチン)、マヌエル・ノイアー(ドイツ)の3選手を選出したと発表しました。

 クリロナとメッシはバロンドールの常連で、2010年~2013年のFIFAバロンドールはメッシが3度、クリロナが1度受賞し、2人で独占してきましたし、旧バロンドールを見ても、2008年がクリロナ、2009年がメッシとなっていますから、2008年以降の6回の受賞は、この2人のプレーヤーが独占してきたのです。

 世界中で行われている、最もメジャーなスポーツのひとつであるサッカー競技において、6年連続で2人のプレーヤーが実質的な世界最優秀選手を独占しているというのは、相当不思議な話であり、この2人のスキルと活躍が他を圧しているということになります。

 さて、ワールドカップWCイヤーの選定には、優勝国であるドイツからノイアー選手が最終候補に残りました。
 WC2014ブラジル大会のドイツチームは、その圧倒的な攻撃力が際立っていて、個人として見ればトマス・ミュラー選手やトニ・クロース選手といったプレーヤーに陽が当たるかと思いましたが、ゴールキーパーであるノイアー選手の印象が最も強かったというのは、ドイツチームの総合力が高く評価されたことに他ならず、加えてバックスの一員のようなノイアー選手の多彩な動き・活躍が素晴らしかったということになります。

 一方で常連の2人を観ると、メッシ選手のアルゼンチンはWC2014準優勝国でもあり、メッシ選手自身がWCのMVPを受賞していますから、WCイヤーのバロンドールとして相応しいとも言えます。

 クリロナ選手について観れば、WC2014ではポルトガルチームは予選で敗退し、自身もグループリーグ最終戦で初得点を挙げるにとどまったという、極めて不完全燃焼の大会でしたが、それでもバロンドールの最終候補に残ったということは、他のゲーム、スペインのリーガエスパニョーラにおける活躍や、UEFAチャンピオンズリーグCLの動きなどが高く評価されたことになります。

 特に、UEFA-CLにおけるクリスティアーノ・ロナウド選手のゴールは、「眼を奪う驚異的な」レベルのものが多く、印象が極めて強い上に、同じ世界トップクラスのプレーヤー達の称賛の声が大きいことも要因となっているのでしょう。

 さて、2014年シーズンのバロンドールの行方ですが、やはり2014年がワールドカップイヤーであることを考慮すれば、メッシ選手かノイアー選手が選ばれる可能性が高そうです。

 そこで、ワールドカップにおいても「MVPは優勝チーム以外から出す」ことが多くなってきたFIFA、つまり「各賞のバランス重視」のFIFAのスタンスを思う時、男子最優秀監督候補の3人に残った、ドイツ代表チームのレーヴ監督とのバランスがポイントになりそうです。

 ところが、ワールドカップイヤーであるため、例えばノイアーが選ばれればシーヴが落ち、その逆は逆、といった「二律背反」型のバランスとは限らないところが、一層難しいところでしょうか。

 「南米で開催されたワールドカップで欧州のドイツチームが優勝」したという、史上初の快挙を高く評価するとすれば、ノイアー選手とレーヴ監督のダブル受賞の可能性も、十分に有りそうです。

 また、既に4回受賞しているメッシ選手に対しては、「今回は・・・」といった見方が選考委員の間に生ずる可能性も有ります。

 以上を勘案して、KaZブログの勝手な予想は、バロンドールはマヌエル・ノイアー選手ということとしました。
 そして、最優秀監督賞もレーヴ監督が受賞するのではないかと思います。

 この予想の理由は、前述の諸点に加えて、ワールドカップ2014で優勝したドイツチームには、トマス・ミュラー、トニ・クロース、サミ・ケディラ、フィリップ・ラーム、ペア・メルテザッカー、メスト・エジル、アンドレ・シュールレ、マリオ・ゲッツェ、マッツ・フンメルス、ミロスラフ・クローゼといった、深く印象に残るプレーヤーが綺羅星の如く存在しましたので、これら全てのプレーヤーを代表して、ノイアー選手とレーヴ監督がダブル受賞しても、決して「貰い過ぎでは無い」と感じられるからです。

 それ程に、あのドイツチームは素晴らしいチームであったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
日本プロ野球における選手の年俸の性格
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
Entry TAG
バロンドール2014の行方は?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031