FC2ブログ
HOME   »   バスケットボール  »  1992年バルセロナ五輪の「ザ・ドリームチーム」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NBA2014~2015シーズンも熱戦が続いています。
 アリーナは観客で溢れ、スーパープレーの連続に大歓声が沸き上がります。

 イースタン・カンファレンスでは、トロント・ラプターズやワシントン・ウィザーズが好調なシーズンを展開し、ウェスタン・カンファレンスではゴールデンステイト・ウォリアーズが走り、ヒューストン・ロケッツやポートランド・トレイルブレイザーズが追う展開となっています。

 こうしたNBAの隆盛を観るにつけ、あるチームを思い出します。それは「ザ・ドリームチーム」です。

 世界バスケットボール史上に、そしてスポーツ史上に燦然と輝くのが、「ザ・ドリームチーム」なのです。

 これ程のチームが組成され、実在し、ゲームも行い、オリンピック金メダルを獲得したこと自体が、現在では夢の様に感じられます。

 1992年バルセロナ・オリンピックにおけるこのチームの成功後、何度かドリームチームと銘打たれたチームが、オリンピックのバスケットボール競技やアイスホッケー競技に登場しました。それらも、とても良いチームでしたけれども、この「ザ・ドリームチーム」とは少し次元が違うと感じます。

 「ザ・ドリームチーム」は、ゲームの勝ち負けの上に存在するチームで、「このチームなら勝てる」といった視点で観る対象でもなく、存在そのものが夢のようなチームでした。大袈裟に言えば「形而上学的な存在」だったのでしょう。
 このチームを観ることが出来たことは、多くのスポーツファンにとって素晴らしい経験であったと思います。

 こうしたオールスターチームの発想は、1988年のソウル五輪で、アメリカ代表バスケットボールチームが銅メダルに終わったことが要因となって検討されたものです。
 従って、チーム組成の目的は「オリンピック金メダル獲得」だったのです。

 ところが、というか、一方というか、1990年前後のこの時期に、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエイション)には、綺羅星の如くスタープレーヤーが存在したのです。
 この「時期の偶然」が、目的を大きく超える「ザ・ドリームチーム」を生んだ最大の要因でしょう。

 空前絶後のメンバーでした。(数字の後ろはNBAのチーム名)
① ブルズ マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン
② ニックス パトリック・ユーイング
③ スパーズ デビッド・ロビンソン
④ セルティックス ラリー・バード
⑤ ジャズ カール・マローン、ジョン・ストックトン
⑥ トレイルブレイザーズ クライド・ドレクスラー
⑦ ウォリアーズ クリス・マリン
⑧ サンズ チャールズ・バークレー
⑨ レイカーズ マジック・ジョンソン

 この11名のプレーヤーが揃ったこと自体が、奇跡なのでしょう。

 ラリー・バードとマジック・ジョンソンという、NBAを支えてきたスーパースターと、その時点のNBAを代表する選手である「神様」マイケル・ジョーダンが同じチームに居るというのは、驚くべきことですし、パトリック・ユーイングとカール・マローン、チャールズ・バークレーのようなチームの中心選手ばかりがひとつのチームに居ることも、何だかお腹一杯という感じです。
 やはり、言葉で表現することが難しいチームなのです。

 バルセロナ・オリンピックで、「ザ・ドリームチーム」と対戦したのは、アンゴラ・クロアチア・ドイツ・スペイン・ブラジルといった国々の代表チームでしたが、あまりゲームにはなりませんでした。
 勝負にならないとか、得点差が大きいといった意味もありますが、戦う以前に他チームのプレーヤーが憧れの眼で見てしまいますし、一緒に写真を撮ることに熱心になったことでしょう。当然のことです。

 そういう「特別な存在」だったのです。

 そして、ベースボールに例えれば、MLB屈指の強打者ばかりが集まったチームでしたが、そのプレー振りは見事の一語で、大砲ばかりのチームの弊害など微塵も感じさせませんでした。
 世界最高レベルのフィジカルとテクニック、そしてメンタルを具備した、本当の本物のプレーヤーが集まると、こういうチームになるものなのだと感じ入りました。仲違いなどするレベルでは無いのです。

 このチームについての感想を求められたマイケル・ジョーダンは、「練習が凄い。世界一の練習だ。」とコメントしていました。このメンバーによるチーム練習は、想像を絶するものです。おそらく、世界バスケットボール史上でこのチームにしか出来ない練習が行われたのでしょう。
 あのジョーダンが「凄い」と言った練習の映像は、残っているのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビー] 早明戦の凋落?
NEW Topics
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
[競馬コラム276-日本馬の海外挑戦15] 2012年 G1・2勝、G2・1勝
[温故知新2020-競泳9] 女子400m自由形のオリンピック金メダリストの記録
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
Entry TAG
1992年バルセロナ五輪の「ザ・ドリームチーム」  
Comment
150
夢の夢での奇跡
今シーズンのNBAは新しい時代の風が開幕からビュンビュン吹いてます。東のお荷物球団だったラプターズとウィザーズが昨季から強くなり今シーズンは本物の力あります。西はウォリアーズとブレイザーズに注目したいです。今年も西高東低ですが、速い展開の攻撃力ある西チームとディフェンス力からの堅実ハーフコートバスケの東チームとどちらも面白い個性・選手がスパークしてます。

おっしゃる通り、初代が真の意味でドリームチームでしたね。形而上学的な存在というのは上手い表現です(笑)
すべてのポジションで観念的に神様プレイヤー勢揃いでしたからね。例の世界一の練習というのは、ポジション超えた相手がギブアップする(倒れる)までやり続ける1対1勝負だと思います。マジックジョンソンが本番までみんな怪我して壊れるのではないかと心配したそうです。鬼のような1対1勝負練習見てみたいですね。すべての意味でこれほどパーフェクトなチームは後にも先にも唯一だと思います。

153
Re: コメントありがとうございます。
「あの練習」の内容を知ることができました。
1対1でしたか。これだけのプレーヤー達によるガチ勝負!
やはり、映像で見てみたいものですね。

引き続き、コメントよろしくお願いいたします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031