FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  オリンピック開催都市に輪番制を導入してみては?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 IOC(国際オリンピック委員会)は、12月8日に臨時総会を開催し、いくつかの点でオリンピック開催方法を見直す方向を示しました。昨2013年9月に就任したバッハ会長肝入りの改革推進と伝えられています。

 IOCが改革を急ぐ理由は複数あるのでしょうが、最大の理由は「開催都市立候補の辞退が相次いでいること」でしょう。

 今2014年に開催されたソチ・冬季オリンピックは総事業費6兆円という、空前の費用が掛かりました。巨大化が進むオリンピックも、とうとうここまで来たかという感じです。

 この費用額を耳にして、今後予定されている2022年や2024年といった大会への立候補を検討していた都市の辞退が続いているという次第なのです。

 「オリンピックの絶対的な人気に胡坐をかいていた?」IOCが急に焦り始めたように見える、と報道されています。
 「次のオリンピックをどこの都市で開催しようかな・・・」と権力をチラつかせ、IOC委員が立候補都市からの賄賂を強要していた、といった報道も後を絶ちませんでした。こうした報道が事実かどうかはともかくとして、「立候補都市がゼロ」になってしまえば、権力行使も何もあったものではありませんし、そもそも「オリンピックが存続できるか」という根本的な問題に繋がってしまいます。

 改革を断行することでオリンピックを魅力あるものにして、立候補都市が殺到するような状況を創り出したいというのが、IOCの狙いなのでしょう。

 2020年の東京大会についてみれば、「競技数・種目数の弾力化を進める」という方向感が示されました。大きな負担と手間をかける開催都市、開催国に、それらが望む競技・種目を咥えることを許容することで、開催都市・開催国にとって魅力有る大会にしてあげるということでしょう。野球やソフトボールが該当競技と目されています。

 2020年大会は「開催に向けての費用負担面での問題が小さい東京・日本」ですから、こうした条件緩和がメリットとなるのでしょうが、東京大会以降の大会を開催しようとする都市にとっては、費用負担の問題は全く改善されていません。

 オリンピックの開催を、ひとつの都市中心では無く、複数の都市あるいは国で行うことを可能とするといった改革案も出されているようですが、これはいただけない。

 サッカー競技のワールドカップが「国・地域」単位で開催されるのに対して、オリンピックは「都市」単位で開催されて来たものです。
 沢山の競技の世界中のアスリートがひとつの都市に集まり、全力を尽くして世界最高のプレーを展開することで、お互いを理解し交流を進める、「平和の祭典」がオリンピックでしょう。ひとつの都市に集まることに大きな意義があるのです。

 これが、複数の都市・国で開催されることも可とすると、個別競技・種目の世界大会に近いものとなってしまいます。オリンピックである必要が無いのです。
 まして、その目的が開催費用負担の分散化であったり、「開催地は自分の都市だが、お金だけ援助してくれ」などという話が横行するようになることは、回避しなくてはなりません。当然ながら、適正な費用を負担できない都市に開催資格が無いのは、あらゆるイベントに共通のことで、オリンピックに限った話ではありません。

 こうした問題への対応策として「開催都市の持ち回り・輪番制の導入」があると思います。

① 安定した財務基盤・社会体制を保持している都市・国家であること
② 世界規模のスポーツ大会を開催した実績と開催する設備・ノウハウを保持していること
③ スポーツを愛する国民性であること

 といった諸点をクリアする都市を世界中からいくつか選び出し、輪番でオリンピックを開催して行くやり方です。

 このやり方なら、競技施設については「オリンピックのための施設が常設されていますから、修理・メンテナンス費用という必要最小限の費用負担で済みます」し、開催ノウハウについても蓄積が進みますので、係員等を集める等の手間も大幅にカットできるでしょう。

 もちろん、時折は「輪番制の都市群に新しい都市を加える」あるいは「都市の入れ替えを行うこと」も可能としておくことも出来そうです。

 1984年の冬季オリンピック大会の開催都市であったサラエボの悲劇が思い出されます。あの美しい都市が、東側諸国の崩壊やその後の新国家設立の過程で戦火に塗れ、破壊されたのです。「平和の祭典」たるオリンピックの開催都市が、戦争の舞台となることを可能な限り回避するためにも、「輪番制」は有効な施策だと思います。

 例えば、試しに夏季大会の候補都市を挙げてみましょう。

 夏季オリンピックを開催したことがある都市の中から、前述の①②③をクリアするであろう都市を選んでみます。(順不同)

① アテネ
② ロンドン
③ パリ
④ ミュンヘン(あるいはベルリン)
⑤ ローマ
⑥ ロサンゼルス
⑦ アトランタ
⑧ 東京
⑨ メルボルン(あるいはシドニー)
⑩ ヘルシンキ(あるいはストックホルム)

 この10都市の持ち回りでオリンピックを開催して行くのです。
 こうした方法を取ることで「開催費用は極小化」出来ると思いますし、大会毎の大会運営レベルもオリンピックに相応しい高い水準に保つことができるでしょう。

 ただし、この方法ですと「IOCの権力」は小さくなってしまうかもしれませんから、IOC関係者には受け入れられないものなのかもしれません。

 「世界最高のスポーツ大会」は世界中のファンの人々が開催を待ち望んでいるものであり、世界中のプレーヤーも目標とするものですから、継続開催されなければなりません。
 費用が巨額過ぎて、開催地に名乗りを上げる都市が激減しているという現状に対しては、「継続開催すること」を最優先として、解決策を構築する必要があると思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
KaZブログが選ぶ「2014年スポーツ界10大ニュース」(第10位~第6位)
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
オリンピック開催都市に輪番制を導入してみては?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930