fc2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  どちらの「打ち方」を選ぶのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今回のテーマは、「ゴルフ競技におけるショットの打ち方」です。

 「打ち方」と言っても、「こういうフォームが良い」といった話ではありません。

 ピンまで100ヤードの距離からのショットを例に取ります。話を単純にするために、トッププロのプレーとします。この時、

① 10回打って10回、ピンから半径3m以内にグリーンオンする打ち方
② 上手く打てればピンから50cm以内に寄ることもあるが、10回に1~2回はピンから大きく外れてしまう打ち方

 のどちらが、望ましい打ち方なのだろうという考察?です。

 ①は所謂「ベタピン」には縁が無いが、確実にグリーンヒットする打ち方です。一方②はバーディを狙っていく時などには有効なものでしょう。一般的には、パッティングは距離が短いほど、1パットで入る確率が高くなるものでしょうから。

 もちろん、プレーヤーによって①②の打ち方は異なるのでしょう。

 そもそも、身長・体重・筋力・体全体や手首の柔軟性・上半身と下半身のバランス、といった諸点は、プレーヤー毎に異なるのですから、上級レベルのプレーヤーにとって「全てのプレーヤーに普遍的に良い打ち方」は存在しないのではないでしょうか。

 プレーヤーAにとっては、手首をより使うと②の打ち方となり、プレーヤーBにとっては下半身をより使うと②の打ち方になる、といった差異は有るものでしょうから、各プレーヤーは自分にとっての①と②については、聞かれれば或いは試行錯誤して観れば分かるもののように思います。

 さて、当初の例を続けると、トッププロの世界で優勝回数を積み重ねて行きたいプレーヤーであれば、大会の時の打ち方として①を選んでいるように思います。
 3~4ホールに1度ベタピンショットもあるが、大きくグリーンを外してしまうショットも生まれてしまう②よりは、いつも3m位のファーストパットを残すもののキチンとグリーンヒットする打ち方の方が、スコアが纏まりやすいと思われるからです。

 そして、その3mのパッティングが1打でカップインすればバーディも取れるのです。

 PGAツアーのトーナメントを観ていると、「大歓声に包まれるスーパーショット」を時折放つものの、出入りが激しく中々スコアを伸ばせないプレーヤーを度々眼にします。
 一方で、100~150ヤード位のアプローチショットが、いつもピンから3~7m位の所にパーオンして、観客の静かな拍手を受けるプレーを継続しながら、時折長めのバーディパットを決めて、着々とスコアを伸ばすプレーヤーも居ます。

 後者のプレーヤーは「パーセーブをベースに時折バーディを交えるプレー」で、こうしたプレーの方がトッププロの大会で安定して好成績を残すという目的には、合致しているように感じます。
 プロは稼いでナンボでしょうし、栄誉であるメジャートーナメント出場も「賞金ランキング」がポイントとなることは間違いないのですから。

 ところで、私のようなアベレージゴルフファーは②の打ち方を選択するのでしょう。 
 そもそも①が出来ないという情けない理由もあるのですが、月に1~2度しかプレーしないゴルファーには、ラウンド通算のスコアも大切ですが、それ以上に「眼が覚めるようなショット」「ベタピンショット」の爽快感・満足感を求める傾向があると思うからです。

 私達のラウンドでは、同伴プレーヤーから「今日のラウンドは今のショット1発で満足」といった発言さえ聞かれることがあります。
 私も3つのパーセーブよりは1つのバーディ奪取の方が嬉しいタイプなのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
FIFAクラブワールドカップの意味
NEW Topics
[UEFA-CL2021~22・グループステージ] 第5節を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第6戦] ヤクルト・スワローズ 20年振り6度目の日本一
[プリメイラリーガ2021~22] 第11節を終えて FCポルトが首位
[競馬] ジャパンカップ2021の注目馬
[NPB2021・日本シリーズ第5戦] バファローズ 打ち合いを制して2勝目!
[リーグアン2021~22] 第14節を終えて パリ・サンジェルマンが首位
[NPB2021・日本シリーズ第4戦] スワローズ 再び接戦を制して3勝・王手!
[NPB2021・日本シリーズ第3戦] ヤクルト・スワローズ 接戦を制して2勝目
[エールディヴィジ2021~22] 第13節を終えて アヤックスが首位
[大相撲2021・11月場所] 中日を終えて
[NPB2021・日本シリーズ第2戦] 高橋奎二投手 133球の完封勝利!
[競馬コラム318・日本の偉大な母-2] ビワハヤヒデとナリタブライアンの母 パシフィカス号
[NPB2021] 日本シリーズ開幕! オリックス先勝!
[大相撲2021・11月場所4日目] 玉鷲関 現役力士最多の700勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2021の注目馬
[NHK杯フィギュア2021・男子シングル] 宇野昌磨選手 圧勝!
[NPB2021] 鈴木誠也選手のメジャー挑戦
[NHK杯フィギュア2021・女子シングル] 坂本花織選手 圧勝!
[NFL2021~22] week10を終えて
[MotoGP2021] バレンティーノ・ロッシ選手 引退
[競馬コラム317・日本の偉大な母-1] 重賞勝ち馬6頭 ビワハイジ号
[MLB2021WS] 「招福?」 ジョク・ピーダーソン選手2年連続世界一
[番外2021・将棋] 藤井聡太三冠 竜王位も獲得して史上最年少四冠に!
[NPB2021セリーグ] ヤクルト・スワローズ 日本シリーズ進出
[NPB2021パリーグ] オリックス・バファローズ 日本シリーズ進出
[競馬] エリザベス女王杯2021の注目馬
[MLB2021WS] オジー・アルビーズ選手とホセ・アルトゥーベ選手
[アジア・パシフィック・アマチュアゴルフ選手権2021] 中島啓太選手 初優勝! マスターズ2022出場権獲得
[大相撲2021・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[全日本大学駅伝2021] 駒沢大学チーム 2年連続14回目の優勝
[MLB2021WS] ダスティ・ベイカー監督とロン・ワシントン3塁コーチ
[NPB2021] 荻野貴司選手の大活躍
[セリエA 2021~22] 第11節を終えて ナポリが首位
[Jリーグ2021] 川崎フロンターレ 2年連続4度目の優勝!
[リーガエスパニョーラ2021~22] 第12節を終えて レアル・ソシエダが首位
[MLB2021WS] アトランタ・ブレーブスが26年振り4度目の世界一
[NPB2021] 近本光司選手の大活躍
[プレミアリーグ2021~22] 第10節を終えて チェルシーが首位
[NPB2021] 岡本和真選手と村上宗隆選手の競り合い
[ブンデスリーガ2021~22] 第10節を終えて バイエルンが首位
[MLB2021-WS] ブレーブス3勝2敗で第6戦へ
[競馬コラム316-アメリカの名馬13] 「クラシック三冠」を確立した父子 ギャラントフォックス号とオマハ号
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・男子] 一戸誠太郎選手と土屋良輔選手
[UEFA-CL2021~22GL] 第3節を終えて RBザルツブルグが首位
[全日本スピードスケート距離別選手権2021・女子] 小平奈緒選手と高木美帆選手の強さ
[競馬] 天皇賞(秋)2021の注目馬
[NPB2021] オリックス・バファローズ 21世紀初のパ・リーグ制覇!
[箱根駅伝2022予選会] 明治大学チーム 圧倒的な強さでトップ通過
[MLB2021ワールドシリーズ] MLB最古の球団 ブレーブスが先勝!
[NPB2021] ヤクルト・スワローズ セ・リーグ制覇!
Entry TAG
ゴルフプレーでどちらの「打ち方」を選択するか?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も25年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930