FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  FIFAクラブワールドカップの意味
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 FIFA(国際サッカー連盟)クラブワールドカップ2014の決勝戦が12月20日にモロッコのマラケシュで行われ、レアル・マドリード(欧州代表)がサンロレンソ(南米代表)を2-0で破り、初の王者に輝きました。
 UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグで10度の最多優勝を誇るレアルが、この大会初優勝というのは相当に意外でしたが、実質的には2005年開始の大会ですから、こういうことも起こるのでしょう。

 2005年から2014年までの10回の大会を観てみましょう。

 欧州代表が7度優勝し、南米代表が3度優勝しています。
 決勝戦に、欧州代表・南米代表以外のチームが進出したのは、2010年のマゼンベ(アフリカ代表)と2013年のラジャ・カサブランカ(開催国モロッコ枠)の2チームです。

 こうしてみると、世界中に30万以上在ると言われる「サッカー競技のクラブチーム」世界一決定戦と銘打たれてスタートした大会ではありますが、その狙いが必ずしも実を結んでいない感じです。

 同趣旨ではないものの、FIFAクラブワールドカップの前身の大会として位置付けられそうなのが、1960年~2004年まで開催された「インターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)」でしょう。

 インターコンチネンタルカップは、UEFAチャンピオンズリーグの優勝クラブと、南米NO.1を決めるコパ・リベルタドーレスの優勝クラブが、クラブチーム世界一を決めるために戦ったカップ戦でした。

 インターコンチネンタルカップの過去の様相を見てみましょう。

・1995年~2004年の10大会
 欧州代表チームが8度、南米代表チームが2度優勝。

・1985年~1994年の10大会
 欧州代表が5度、南米代表が5度優勝。

・1975年~1984年の10大会
 欧州代表が3度、南米代表が7度優勝

 こうして30回のインターコンチネンタルカップの勝敗を観ると、直ぐに気が付くのは、「1984年以前は南米優位」であり、「1995年以降は欧州優位」であったことです。1985年~1994年の10年間は両地区は拮抗していたのです。

 そして、1995年以降の欧州優位は現在にまで続いているという形でしょう。

 最近のFIFAクラブワールドカップを観るにつけ感じることを挙げてみます。

① 欧州クラブが圧倒的に強いこと。

 2014年大会を観てもレアル・マドリードの強さは抜けていました。決勝のサンロレンソ戦でも、言葉は悪いのですが「やりたい放題」という感じで、よく2-0のスコアで収まったというところでしょう。
 正直に言って「メンバー個々の地力の差が大き過ぎる」のです。イレブンの名前を観ただけで、レアルに分が有るのは明らかでした。

 直近の南米代表チームの優勝は2012年大会(日本開催)のコリンチャンスが1-0でチェルシーを破った大会ですが、まずは名前負けしない名門コリンチャンス(ブラジル)が先制することでチェルシー(イングランド)の焦りを誘い勝利したゲームでした。今後もしばらくの間は、南米代表が優勝するには、こうした形を取るしかないと思います。

② 欧州・南米以外の地域のチームの勝利の意味

 欧州・南米以外の地域代表チームにとっては、この大会で1勝を挙げることが大目標という感じがします。

 そして、三位決定戦で勝ったチームが「世界三位のクラブチーム」と呼ばれても、あまりピンと来ません。世界中のサッカーファンの大半が、「そのようには考えていない」からでしょう。

 こうした現状を鑑みれば、「世界一のクラブチーム決める大会」は、UEFAチャンピオンズリーグCLであろう、ということになります。
 そして世界第二位は、UEFA-CLの決勝戦で敗退したチームであり、世界第三位はUEFA-CLの準決勝で敗退したチームということになってしまいます。

 例えば、UEFA-CL2013~2014の該当チームを観てみましょう。
 優勝はレアル・マドリード、準優勝はアトレティコ・マドリード、準決勝敗退チームはバイエルン・ミュンヘンとチェルシーとなっています。

 続いて、UEFA-CL2012~2013を観てみましょう。
 優勝はバイエルン・ミュンヘン、準優勝はボルシア・ドルトムント、準決勝敗退チームはFCバルセロナとレアル・マドリードです。

 さらに、UEFA-CL2011~2012を観てみましょう。
 優勝はチェルシー、準優勝は決勝戦でPK戦負けのバイエルン・ミュンヘン、準決勝敗退チームはレアル・マドリードとFCバルセロナです。

 過去3度のUEFA-CLのベスト4進出チームのクオリティの高さは、誰もが納得するところでしょう。

 以上を踏まえれば、FIFAクラブワールドカップが「クラブ世界一を決める大会」を標榜するのであれば、開催内容を再検討する必要があるのでしょう。

 例えば欧州4チーム、南米2チーム、他の地域1チームの「出場枠」にするといった見直しです。
 しかし、これ以上出場クラブ数を増やしてしまうと、大会試合数・期間が多く・長くなり過ぎて、各国のリーグ戦や他の大会に影響が出てしまう(現在でもギリギリのスケジュールです)怖れがありますので、難しい選択となりそうです。

 そうであれば、かつてのインターコンチネンタルカップのように「欧州VS南米」の1ゲームマッチに戻すことも選択肢のひとつなのでしょう。「クラブ世界一を決める」という狙いの大半が実現できるのですから。

 一方で、FIFAクラブワールドカップ開催のもう一つの狙いであろう「世界中のクラブチームに、世界的な強豪チームと戦うチャンスを与える」という側面は、FIFAの「サッカー競技の世界中への普及」という大目標のためには必要なものなのかもしれません。
 
 FIFAクラブワールドカップの見直しには、多くの壁が立ちはだかっているようです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 有馬記念2014の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
Entry TAG
FIFAクラブワールドカップの意味  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031