FC2ブログ
HOME   »   野球・ベースボール全般  »  黒田博樹投手 故郷に帰る。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 元MLBニューヨーク・ヤンキースの投手で、FAとなっていて去就が注目されていた黒田博樹投手が日本プロ野球NPBの広島カープと契約したことが、12月27日広島カープから発表されました。
 1年契約、年俸は4億円+出来高と伝えられています。

 黒田投手は2007年以来8年振りのNPB広島カープ復帰となります。NPBに所属していたプロ選手が、MLBと契約しプレーした後、再びNPBの「同じ球団」に復帰するというのは、大変珍しいことです。おそらく、MLBで相応の活躍を魅せたプレーヤーとしては初めてのことでしょう。

 MLBでロサンゼルス・ドジャーズとニューヨーク・ヤンキースという、東西の人気チーム・「横綱級のチーム」に計7シーズン所属して、先発投手に期待される「シーズン30度以上の登板」を6シーズンで達成し、1シーズン平均188イニング強、2009年を除く6シーズンでは平均200イニング以上を投げています。これは「MLBの先発投手に求められる役割期待を完全にクリア」しているのです。

 そのため、2015年2月には40歳になるベテラン投手にもかかわらず、ヤンキースは残留を強く希望し、サンディエゴ・パドレスやロサンゼルス・ドジャーズが年俸20億円前後の高給を用意して、獲得を目指したのも当然のことでしょう。「黒田投手のMLBにおけるマーケットバリューは極めて高い」のです。

 ところが、黒田投手は「広島復帰」を決めたのです。

 「MLBのどのチームを選んでも年俸20億円は約束されているのに、何故4億円の広島を選んだのか」については、いろいろな理由があるのでしょう。

 プロスポーツプレーヤーが自分の仕事場を選ぶ際には、もちろん「年俸の多寡」も選択基準の重要な要素でしょう。
 しかし、黒田投手の立場になったつもりで(勝手に)考えてみると、今回はこの点はあまり大きな要素では無かったように感じます。

① MLBの先発投手として「仕事をやり切った」気持ちが強かったのではないか。

 これは、逆の面から観れば、責任感の強い黒田投手として「2015年シーズンで、MLBのスターターとしての投球をやり切る自信が無かった」ということになるのかもしれません。

  MLBで7シーズンに渡ってスターターを務めた黒田投手は、MLBのスターターを1シーズン続けることの難しさ・負担の大きさを、他のどのNPB出身先発投手より熟知している筈です。
  さすがに、「そろそろしんどい」と感じた可能性はあります。

  それでも、年俸20億円で契約してしまえば、2015年の成績がどのような内容であっても、余程のことが無い限り20億円を手にすることが出来るのですが、そこは「黒田投手の美学」が許さなかったのでしょう。
  この美学は「日本人の特質」にも通じるものが有ります。「何でもいいから、貰えるものは貰っておこう」という考え方は、多くの日本人は選択しないのです。
  さすがに「サムライ」と呼ばれる黒田投手ならではの選択だと感じます。

② 「自分へのご褒美」と考えたのではないか。

 さて、「MLBに別れを告げてNPBに復帰しよう」と考えた時に、黒田投手は迷わずに古巣・広島を選択したように観えます。

 もちろん、数年前から広島カープ側から黒田投手にアプローチし続けていたと伝えられていますから、広島からの「熱心な誘い」も大きな要因とはなったのでしょう。

 しかし、黒田投手が広島を選んだのは、「残り少ないプロ野球選手としての時間を自分の為に使いたい。少しはプロ野球選手としての時間を楽しみたい。」という気持ちがあったのではないかと感じます。

 1997年~2007年の広島時代は、エースとしての働きに大きな期待がかかり、2008年~2014年のMLB時代の特に後半は「1年毎・1試合毎が勝負。ダメならいつでも引退する」という決意のもとで、自らをギリギリのところまで追い込んだ日々を過ごしてきたのでしょう。加えて、MLB時代は「単身赴任」だったのではないでしょぅか。

 そうした「極めて高いプレッシャー」のもとで、これまで18年間のプロ生活を送ってきた黒田投手が、「自分へのご褒美」として、古巣での生活を選択したのではないかと思うのです。
 知人もファンも多く、慣れ親しんだ球団で、家族と共にプロ野球生活を送るという「贅沢?」を選択したのではないでしょうか。

 当然ながら、「自分へのご褒美」といっても、黒田投手が「気を抜いた投球」を見せることなど考えられません。心持ちが少し違うというだけで、高いプロ意識を保持する黒田投手は、復帰した広島カープでも全身全霊の投球を展開してくれることでしょう。

 さて、黒田投手のNPB復帰は、私達ファンにとっても朗報です。

 あの重厚なピッチングをNPBのゲームで観ることが出来るのです。黒田投手には「プレッシャーから解放された投球」を存分に展開していただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
「スクラメイジ」の取り扱い
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
黒田博樹投手・故郷に帰る。  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930