FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲1月場所] 10名の注目力士
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大相撲1月場所(初場所)が1月11日から始まります。

 例年のことですが、1月場所は新年早々に行われますので、力士にとっては「1月場所を終了してからお正月が来る」と言われます。

 年末年始の厳しい稽古の成果を、存分に発揮していただきたいものです。

 さて、注目の10名の力士です。

1. 横綱

 3名の横綱の中では、やはり白鵬関を挙げたいと思います。
 2014年11月場所で、「不滅の記録」と言われた横綱・大鵬の32回の幕ノ内最高優勝に並んだ白鵬が、1月場所で33回目の優勝を飾るかは、今場所最大の注目点でしょう。

 32回の最多優勝に並んで以降、様々なインタビューが白鵬に対して行われましたが、一様に白鵬関の表情は和やかなものでした。「ひとつの壁を破ったアスリート」の心持ちが感じられたのです。

 おそらく、1月場所は先場所よりリラックスして臨めるのではないでしょうか。円熟の境地に達した大横綱が、リラックスして本場所に臨むとすれば、やはり優勝に向けての大本命ということになるでしょう。

 先場所、横綱・白鵬と競り合った横綱・鶴竜にもチャンスはあります。先場所終盤、勝ちに拘り過ぎて「前に出ることを忘れてしまったこと」をしっかりと反省して、攻めの相撲を展開すれば、横綱になって初の賜杯も近づいてくると思います。

2. 大関

 3名の大関の中では、やはり稀勢の里関を挙げたいと思います。
 先場所は初日から好調な相撲を見せましたが、後半崩れてしまったのは残念でした。特に白鵬戦は「現在の大相撲の看板取組」のひとつですが、この数場所は白鵬が稀勢の里の力を正面から受けるのを回避し、素早い動きの中から勝機を見出すようになっています。結果、稀勢の里は分が悪いのです。

 とはいえ、稀勢の里は白鵬に一方的に押し出されているわけではありませんから、十分に警戒されていることも確かでしょう。白鵬は稀勢の里の力量を十分に警戒しているのです。

 相手力士に右に左に動かれても、慌てることなく、自身の腕力を信じて攻め続ければ、初優勝も夢ではありません。

 琴奨菊と豪栄道はカド番です。カド番自体は問題なくクリアできると思いますが、何より体調に留意して、15日間自分の相撲を取り切っていただきたいと思います。

3. 関脇以下の力士

③逸ノ城関

 先場所は、場所前の帯状疱疹発症の影響や、取材過多により、相当の稽古不足でしたが、そうした状況下でも勝ち越したのですから、力が有ることは間違いないでしょう。
 先場所より稽古を積み、関脇という地位にも慣れたわけですから、先場所以上の成績が期待されます。10勝はできるのではないかと思いますし、初優勝の可能性も有ると感じます。

⑤妙義龍関

 先場所は9勝6敗と勝ち越したものの、特に前半戦は「らしくない相撲」が目立ちました。後半盛り返しての勝ち越しでしたが、どちらかというと「相撲を思い出した」感じではないでしょうか。
 今場所も東前頭8枚目と、東関取を務めた妙義龍にとっては「家賃が安過ぎる地位」と言えるかもしれません。二桁勝ち星が期待できると思います。

⑥大砂嵐関

 先場所は4勝6敗5休と、全く不本意な成績でした。今場所は故障個所も相当に良くなっていると思います。そうであれば、東前頭13枚目であれば大活躍が期待できるでしょう。

⑦栃煌山関

 先場所は前頭筆頭で8勝7敗という成績でした。まだ故障の影響が残っていたと見ます。さて、相当癒えたであろう今場所は、その実力を如何無く発揮してくれるのではないでしょうか。
 もともと、豪栄道とは互角の力士です。大関取りに向けての第一歩の場所にしてほしいものです。

⑧豪風関

 先々場所は関脇で7勝8敗、先場所は小結で2勝13敗と、「高い番付で少し疲れた」感じがします。今場所は西前頭9枚目、リフレッシュしての大活躍に期待します。

⑨栃ノ心関

 今場所は西前頭筆頭と、ようやく「本来の番付」に戻って来ました。故障の為に2013年9月・11月場所・2014年1月場所を連続休場し、幕下15枚目まで落ちてから4場所連続優勝で幕の内に返り咲き、先11月場所も11勝4敗の見事な活躍でした。

 ついに本来の地位に戻り、全ての横綱・大関に当たることとなったのです。ここからが実力の見せ所でしょう。新・栃ノ心の相撲がどこまで通用するのか、目が離せません。

⑩旭天鵬関

 先場所は40歳を過ぎての10勝5敗という、見事な相撲を展開しました。
 「土俵に上がること自体が記録になる力士」ですが、衰えを知らない力士でもあります。

 先場所後半の失速は、ご本人も不満だったことでしょう。一層稽古を積んで向かう初場所では、先場所以上の相撲を見せていただきたいものです。

 1月場所は、以上の10力士に注目したいと思います。

 この10名以外にも、力を付けた碧山関・魁聖関や、宝富士関・照ノ富士関の「富士コンビ」、東前頭3枚目に上がった遠藤関など、期待される力士が目白押しです。

 レベルの高い幕の内上位陣の取組が、とても楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[お正月の高校スポーツ2015] サッカーは東日本、ラグビーは西日本が強いのか?
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
大相撲2015・1月場所の注目力士10名  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930