FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  激戦が続いたディビジョナル・プレーオフ2015
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NFL2014~2015シーズンも佳境を迎え、ディビジョナル・プレーオフ4ゲームが現地時間の1月10日・11日に行われました。

 結果は、以下の通りです。(左側が勝利チーム)

[AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)]
・ニューイングランド・ペイトリオッツ35-31ボルチモア・レイブンズ
・インディアナポリス・コルツ24-13デンバー・ブロンコス

[NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)]
・シアトル・シーホークス31-17キャロライナ・パンサーズ
・グリーンベイ・パッカーズ26-21ダラス・カウボーイズ

 今シーズンは、AFCの第一シードがペイトリオッツ、第二シードがブロンコス、NFCの第一シードがシーホークス、第二シードがパッカーズとなっていて、この4チームがワイルドカード・プレーオフを勝ち抜いた4チームを迎え撃つ形となりました。

[ペイトリオッツ35-31レイブンズ]
 この2チームのプレーオフでの戦いは「常に激闘」となるのですが、この試合も一進一退というか、レイブンズが14-0とリードし、ペイトリオッツが14-14に追い付き、レイブンズが28-14とリードすると、ペイトリオッツが28-28に追い付くという、滅多に見られない展開となりました。
 第3クオーターQを終えて28-28の同点。勝負は最終第4Qに持ち込まれました。

 この第4Q、ペイトリオッツ守備陣はレイブンズの攻撃をフィールドゴールFGの3点に抑え、QBブレイディがワイドレシーバーWRブランドン・ラフェルに23ヤードのタッチダウンTDパスを決めたというか、ブレイディのパスをキャッチしたラフェルが約20ヤードを走り切っての逆転TD。

 その後もゲームは二転三転しましたが、ペイトリオッツが押し切ったという形でしょう。

 ペイトリオッツのQBトム・ブレイディは3つのTDパスと自身のランTDという活躍、一方のレイブンズのQBジョー・フラッコも4つのTDパスを成功させました。スーパーボール制覇3度を誇るブレイディ相手に、フラッコも一歩も引かぬプレー・ゲームを展開したと感じさせるゲームでした。

 既にレイブンズで7年目を迎えているQBフラッコは、身長198cm・体重111kgと「NFLのQBとして理想的な体格」ですが、QBとしてのスキルを着々と蓄えて来ました。トム・ブレイディやペイトン・マニングといった伝説的なQBの後継者としての地歩を固めている感じがします。

[コルツ24-13ブロンコス]
 ブロンコスのQBペイトン・マニングとコルツのQBアンドリュー・ラックという、「共にドラフト全体1位でコルツに入団したQB」同士の対決がポイントとなるゲーム。

 ブロンコスは最初のドライブで順調に攻め込み、マニングからWRデメアリアス・トーマスへのTDパスで先行しましたが、その後はブロンコスおよびマニングの攻撃パターンを研究し尽くした感じの強力なコルツ守備陣が、ブロンコスの攻撃を悉く抑え切り、ロースコア・ゲームに持ち込むことに成功。

 一方、ラックは2つのTDパスを決めるなど着実に加点して勝ち切りました。マニングのパス獲得は211ヤードに留まりましたので、これではブロンコスとしては苦しいゲームと言えます。

 アンドリュー・ラックは3年目。ドラフト全体1位という極めて高い周囲の期待にデビュー年から応えて、着実に力を付け、ついに「ペイトン・マニングの壁」を破りました。
 新時代を開くエース的な存在として、AFCチャンピオンシップにおける、ペイトリオッツのトム・ブレイディとの対戦が、とても楽しみです。
 
[シーホークス31-17パンサーズ]
 スーパーボール2014の覇者シーホークスが、今シーズン序盤の不調を乗り越えて第一シードを掴むと共に、ディビジョナル・プレーオフも快勝しました。

 モバイルQBを代表する存在としての、シアトルのラッセル・ウィルソン、キャロライナのカム・ニュートンの対決でもありました。

 このゲームにおける2人の成績は
・ウィルソン パス268ヤード獲得・3TD、ラン7回で22ヤードの獲得
・ニュートン パス246ヤード獲得・2TD、ラン11回で37ヤードの獲得
 と、概ね互角の獲得ヤードを残しました。
 NFL3年目のウィルソンと4年目のニュートンは、互いの持ち味を発揮したのです。

 しかし、パス・インターセプトが明暗を分けました。ニュートンは2つのインターセプトを献上しましたが、特に痛かったのは第4Q、24-10でシーホークスリードの局面、QBニュートンのパスをストロング・セイフティーSSのカム・キャンセラーがインターセプトしての90ヤードリターンTDでしょう。
 このTDで31-10となり、ゲームは決しました。

 このゲームは、シーホークスの強力なディフェンスが、パンサーズを抑え込んだゲームとも言えるでしょう。

[パッカーズ26-21カウボーイズ]
 NFL屈指の人気チーム同士・強豪同士の対戦は、やはり一進一退の大接戦となりました。

 カウボーイズが先行し、第2Qを終えて14-10、第3Qを終えて21-20と、まさにアメリカンフットボールの醍醐味である「攻撃と守備の交替の妙」を色濃く感じさせるゲームとなりました。

 追いかけるパッカーズは、第4Q、QBアーロン・ロジャースからタイトエンドTEリチャード・ロジャースへのTDパスが決まって、ついに26-21と逆転。ポイント・アフター・タッチダウンのキックを決めての6点差では意味が無い(TDとキックで7点を取られると逆転されてしまう)と2ポイントコンバージョンに挑みましたが、これは失敗に終わりました。

 5点差を追うカウボーイズは、QBトニー・ロモを中心に前進、敵陣32ヤード地点から4thダウンギャンブル(残り2ヤード)、WRデス・ブライアントへのパスが見事に決まり、ゴール直前まで攻め込んだかに見えましたが、ここでパッカーズがチャレンジ。
 ブライアントはボールを確保していなかったとして、パス失敗の判定となりました。このプレーが「全く互角のゲーム」の帰趨を決したと感じます。

 NFCのチャンピオンシップゲームは、シーホークス対パッカーズとなりました。ラッセル・ウィルソン対アーロン・ロジャースという、共にスーパーボール制覇経験のある、当代きってのQB対決でもあります。素晴らしいゲームとなることでしょう。

 例年「負ければ終わり」のプレーオフは、レギュラーシーズン以上に激しいゲームばかりなのですけれども、今シーズンも期待以上の激戦が続いていると思います。

 アメリカンフットボールというかNFLのゲームにおける6点差以内(1TD差以内)のゲームは、「いつでも逆転が有り得る」という意味で大接戦なのですが、4ゲームの内2ゲームが僅か5点差でした。

 ペイトリオッツとレイブンズのゲームで、残り時間数秒のレイブンズの攻撃。QBフラッコがペイトリオッツのゴール内に「へイル・メアリー・パス」を投げ込みました。

 敵味方のプレーヤーが入り乱れているエリアへの「一か八かのロングパス」であり、「決まる可能性は極めて小さい(守備側は弾き出せばよいが、攻撃側はキャッチしなくてはならない)」とは思いつつも、万が一レイブンズのプレーヤーがキャッチすれば、大逆転TDとなります。このパスは、ペイトリオッツの守備陣(というか攻撃プレーヤーのTE身長198cmのグロンコウスキーも待ち受けていましたから「長身のプレーヤー」が勢ぞろいという形)が弾き出して、ゲームは終了しました。

 NFLにおいて「5点差ゲーム」を勝ち切るのは、容易なことではないのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲1月場所] 3日目 安美錦と遠藤の取組
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
激戦・NFL2015ディビジョナルプレーオフ4ゲーム  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930