FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [PGA2015] 松山英樹選手8バーディ・63打の好スコアで一気に2位浮上!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 アメリカ・プロゴルツアー(PGAツアー)のウェイストマネジメント・フェニックスオープン大会の3日目、松山英樹選手はアメリカツアー自己ベストのラウンド63打(パー71打)の好スコアをマークして通算10アンダーパー、前2日目の19位から一気に2位タイへと順位を上げました。

 現地1月31日に行われた3日目を終えての首位は、スコットランドのマーティン・レアード選手で13アンダーですから、松山選手とは3打差です。
 また、同じ2位タイには、アメリカのザック・ジョンソンとブルックス・ケプカの2選手が居ます。

 3日目の松山選手は、前半に3バーディを奪うと13番ホール・パー5でバーディ、15番から18番まで4連続バーディで仕上げて、8バーディ・ノーボギーという会心のラウンドでした。

 トップを走るレアード選手は、既にPGAツアーで3勝を挙げていますし、ザック・ジョンソン選手はPGAツアー11勝・2007年のマスターズチャンピオンという強豪ですから、4日目のラウンドも大激戦が続くと思われますけれども、この大会の松山選手は2日目・3日目と後半に好スコア(4アンダー・5アンダー)を叩き出していますから、サンデーバックナインまで食いついて行ければ、十分にチャンスが有ると思います。

 1932年開始という、PGAツアー屈指の名門トーナメントである「フェニックス・オープン」。
 優勝者には、ジーン・リトラー(優勝3回)、アーノルド・パーマー(同3回)、ジャック・ニクラウス、ジョニー・ミラー(同2回)、マーク・カルカベッキア(同3回)、ビジェイ・シン(同2回)、フィル・ミケルソン(同3回)、といった名選手が名を連ねます。
 スタジアム型の16番ホールを始めとして、大観衆が見つめる大会としても有名です。

 松山英樹選手のPGAツアー2勝目の報を待っています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
「権藤博の悠々球論」 阪神タイガースの鳥谷敬選手
NEW Topics
Entry TAG
松山英樹選手・フェニックスOPで63打の好スコア  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031