FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 番付の見直しをしてみては?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大相撲3月場所の番付発表を2月23日に控えて、今回は提案があります。「番付の形」の見直し提案です。

 ご承知の様に、大相撲1月場所は横綱・白鵬が全勝優勝を飾りました。早々と13日目に優勝が決まったのです。
 これで白鵬は5場所連続優勝ともなりました。
 白鵬と他の力士の力量差が極めて大きいことは明らかです。

 
 現在、横綱は白鵬・日馬富士・鶴竜の3人ですが、残念ながら白鵬と日馬富士・鶴竜の力量差も大きいと言わざるを得ない状況でしょう。
 番付は力士の順位を示すもので、大相撲の世界では「絶対のもの」でもあると言われます。であれば、この3人の力士が同じ「横綱という番付」で、良いのでしょうか。

 例えば、
 
① 「横綱」を分けて、「大横綱」と「横綱」の2段階の番付とする。
② 同じく、「横綱」と「横綱大関」の2段階の番付とする。

 といった、見直し案を検討してみるのは、いかがでしょうか。

 そもそも、大相撲の最高位は「大関」であり、「大関」力士の中で心身ともに抜群の強さを保持する力士が、横綱を身に付けるようになったと聞いたことが有りますし、一時期NHKのテレビ放送でも、横綱のことを「横綱大関」と表示していたことがあったと記憶しています。

 おそらく、「横綱大関」が正しい表記なのです。

 であれば、今般「横綱」という番付を「新設」してみてはどうかと言う、提案なのです。

 現在の力士に当て嵌めると
・横綱 白鵬
・横綱大関 日馬富士、鶴竜
・大関 稀勢の里、琴奨菊、豪栄道

 という形になります。現在の各力士の力量を、良く示した番付となるのではないでしょうか。

 とまあ、これは「冗談」です。

 「冗談」ですけれども、現在の大相撲において、白鵬関の力量がずば抜けていることも間違いないことでしょう。

 「いつの時代にも、強い横綱とそうでは無い横綱が併存していた」ことは、十分に認識していますが、そうした過去の時代と比較しても、現在の力量差の大きさは際立っているのではないでしょうか。

 あまりにひとりのプレーヤーが強すぎるのは、プロスポーツあるいはエンターティンメントとしては望ましいこととは言えません。
 かと言って、トッププレーヤーに弱くなって欲しいというのは、本末転倒も甚だしいでしょう。

 こんな「冗談」を考えなくとも良い様に、他の力士の実力向上・精進が期待されるところです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
箕内拓郎選手の引退
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
大相撲の「番付の形」を見直してみては?  
Comment
178
横綱大関とは大関が不在の時に横綱がその代わりを務めるというもので正式なものではありません
館内でのコールもそのまま横綱です

179
Re: コメントありがとうございます。
「張出横綱」も含めて、大相撲の番付も多様ですね。

これからもコメント、よろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930