FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  市民ランナーの東京マラソン2015
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 知人から、2月22日の東京マラソンを走ってきたとの報告がありました。完走したものの、走破に4時間30分以上を要したために本人としては不満な結果だったようですが、毎年充実し続ける大会の運営内容には満足した様子でした。
 「今回の参加賞のTシャツのデザインは良い」とのことです。

 東京マラソン2015のフルマラソン部門の参加者は35,500人。

 ランナーひとり当たり10,000円(税前)の参加費用を支払いますから、それだけで3億5千5百万円。多くの企業が後援・協賛・スポンサーに付いていますから、少なくとも「10億円イベント」ではあるのでしょう。
 テレビ放映料などを考慮すれば、もっとずっと大きなイベントであろうとも思います。

 知人によれば「参加に向けての競争率は10倍以上」とのことですから、少なくとも35万人以上の人達が申し込みを行ったことになります。抽選の結果35,500人に絞られたのです。
 もの凄い数です。有名歌手・グループのイベントや国内有数のスポーツイベントに勝るとも劣らない人気であることは、間違いないでしょう。

 そもそも、知人およびそのランニング仲間の人達は、日本中の主なマラソン大会の多くに「参加申し込み」を行い、「当たった」「外れた」と大騒ぎ?しています。
 「当たった」「外れた」ということか大問題になるのですから、当たればとても良いことなのでしょう。

 例えば、昨年の福岡マラソンに「当たった」知人は、参加費用に加えて往復の交通費+宿泊費+仲間との反省会(飲み会)費等で10万円内外の費用がかかったそうです。
 大阪マラソン、京都マラソン、名古屋マラソン、北海道マラソンなどでも大同小異で、東京近郊在住の人達がこうしたマラソンに参加するには「相当の費用がかかる」のです。
 逆に、日本各地から東京マラソンに参加する人達も、相当の費用が掛かるのでしょう。

 そして、こうした多くのランナー達は「レースの好成績」を毎回狙っている訳では無いようです。
 では、「自らの持ちタイムに挑戦する」という目標が有るのかと思えば、「今回は練習不足なので完走できれば十分」といった話を聞くことも多いのです。

 そうすると「有名マラソンで走ること」そのものが目的ということになります。

 例えば、東京マラソン2015では、抽選に外れても「別に100,000円を払えば走ることが出来る」のだそうです。こうなると、「東京マラソンで走ること」が、「ひとつの夢」になっている様子です。

 事ほど左様に、マラソンや長距離走が「運動のひとつというよりは趣味のひとつ」になってきたのでしょう。もちろん、「健康の維持・増進という目的」もあるのでしょうが、この目的であれば、極論すれば有名マラソンに出場する必要は無い訳ですから。

 昔?は、ランニング・ジョギングと言えば「気軽で費用が少なくても出来るスポーツ」でした。現在でも、そうした形で行うことも出来そうです。
 
 しかし、現在では「マラソン・長距離ランニングは相当の費用を要する趣味」になって来ている感じです。
 件の知人は、昨2014年に東京圏以外のマラソンを6回走っています。およそ知り得る範囲で、スケジュール等から参加可能な全ての大会に申し込んでいるが、「6つしか当たらなかった」のだそうです。例えば、1大会当たりの必要経費を平均80,000円とすれば、6大会で計480,000円となります。

 当然ながら、季節毎に着衣も異なります。毎年最新のユニフォームを調達するわけでは無いにしても、一般的にこうした趣味人は最新のアイテムに拘る傾向が有りますから、この分野でも相当の費用が掛かっていることでしょう。
 そういえば、東京マラソン2015用に「チーム統一『新』ユニフォーム」を作ったとも聞きました。

 こうなると、年間500,000円~1,000,000円を費やす趣味ということになりますから、ゴルフや釣りといった趣味に匹敵するものになるのでしょう。
 一方で、私の周りに居る長距離ランナー達は50歳台の人が多く、中には60歳以上の人も居て、逆に20歳台・30歳台の人は少数ですから、「趣味としてのマラソン・ランニングは相応の年齢の人達のもの」なのかもしれません。

 もちろん、個々の人が、自らの趣味に対して、どのように取り組もうとも、口を差し挟むものではありませんし、ご本人が満足しているのですから、素晴らしい趣味のひとつなのでしょう。

 「趣味としてのスポーツ」の多様性と広がりを感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL] 試合時間を15秒も残して逆転タッチダウンパスを決めるのでは反省しきり?
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
市民ランナーの東京マラソン2015  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930