FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  ウエイトトレーニングの功罪
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今月に入り、MLBマイアミ・マーリンズのキャンプ地に、イチロー選手専用のトレーニング施設が用意されたと報じられました。

 興味深いのは、イチロー選手の利用方法です。
① 肩や股関節の稼働領域を拡大して、「しなやかな体」を維持する利用している。
② 筋肉を付けるためには利用しない。

 と報じられました。

 一般的には、こうしたトレーニング施設は、プレーヤーの肉体に様々な形で負荷をかけて、筋肉を増やしてパワーアップやスピード向上を図るもののように思われますが、イチロー選手は筋肉を増やす目的で、こうした設備・道具わ利用することは無いのです。

 確かに、イチロー選手の体躯は、日本でプレーしていた頃とあまり変わっていないように見えます。「筋肉の鎧」を身に付けることを選択していないのです。
 そして今年41歳のプレーヤーとして、MLB2015シーズンに臨みます。

 元大関魁皇の浅香山親方が、日本経済新聞に書いていたコラムも印象的でした。

 「ダンベルなどを使ったウエイトトレーニングを行うようになってからパワーが付いて、優勝を重ねられるようになったが、一方で筋肉が固くなってしまって、怪我をし易くなった。それからは、怪我・故障との闘いの日々が待っていた。」といった趣旨のコラムでした。

 ウエイトトレーニングにより筋肉を増強した結果、筋肉が固くなり、怪我・故障が増えたというところが、興味深いところです。プロのアスリートにとって、「筋力増強」と「怪我・故障しにくい肉体構築」のどちらを選択するかは、究極の選択と言えるかもしれません。

 そういえば、横綱白鵬はウエイトトレーニングを行わないと報じられています。伝統的な四股やテッポウ、すり足、ぶつかり稽古といった稽古を積み重ねることで、「相撲力(すもうぢから)」を身に付けることに徹しているのです。

 機器や道具を使うウエイトトレーニングを行わない横綱白鵬は、2007年7月場所の横綱昇進以降8年近くに渡って「一度も休場していない」という、空前絶後の大記録を継続中です。
 「大相撲の伝統的な稽古」の意味が、分かるような気がします。

 これだけ「スポーツ科学」が発達した現代においても、「筋肉を付けパワーアップを図りながら、その柔らかさ・しなやかさを維持できるトレーニング方法」は開発されていないように見えます。

 スポーツ競技で強くなることは、本当に難しいことだと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[春の甲子園2015] 注目の10校
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
ウエイトトレーニングの功罪  
Comment
176
ウエイトトレーニングの功罪というより競技につながらないウエイトトレーニングをしてるのが問題だと思います。例えば筋肉が固くなって云々は適切な指導者の下でフルレンジでストレッチなどを行えば問題は起きないです。特に一部の選手はウエイトトレーニングで重量を上げることだけを目的とし本業の技術練習を怠ります、それでは怪我したり弱くなったりして当たり前です。決して「筋力増強」と「怪我・故障しにくい肉体構築」は相反するものではなく両立可能です。
ウエイトトレーニングは漸進性過負荷の原則に従うのに負荷を可変しやすいからウエイトを使っているだけで自重で可能なら同じことです、何故か相反するものかのように語られることが多いですが。

177
Re: コメントありがとうございます。
なるほど、ふたつの目的を両方満たすことができる
トレーニング方法が存在するのですね。

そうであれば、アスリートの皆さんには是非、
その方法を取り入れて、自らの実力向上に結び付けて
いただきたいと思います。

今後も、コメントよろしくお願いいたします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930