FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  日本プロ野球開幕! 「日常」のはじまり
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月27日、2015年の日本プロ野球NPBのペナントレースが幕を開けました。
 
 まさに「球春」です。

 桜が咲いて、プロ野球が始まると、日本列島に春が来るのです。

 プロ野球はプロスポーツであり、我が国最高のエンターテインメントのひとつであることは間違いありませんし、そのエンターテインメント性を担保しているのは、グラウンドにおけるスーパープレーの連続でしょう。
 「素晴らしいプレー」「見たことも無いプレー」「奇跡的なゲーム」等々の中に「非日常」を感じることが、エンターテインメント性を高めて行くために不可欠な要素なのです。

 一方で、「毎日のように」プロ野球のゲームが行われていくスケジュールは、「日常そのもの」です。
 毎日毎日ゲームが行われ、毎日毎日「贔屓のチーム・選手」を応援し、そのプレーや試合結果に一喜一憂すること、は「日常」であり、個々のファンにとっては「人生の一シーン」なのでしょう。

 昭和30年代(1955年~)・40年代(1965年~)の頃、夕方になると父親はどっしりとテレビの前に座り、日本酒やビールを飲みながらプロ野球を観ていました。
 子供たちも、ちゃぶ台の辺りに座りながら、一緒にプロ野球を観ながら夕飯を食べます。母親は台所からおかずを運んだり、お櫃からご飯をよそったりして、やはりテレビを観ていたのです。

 この頃の多くの家庭の夕食は、こうした光景だったのではないでしょうか。
 多くの日本人にとって、プロ野球は「日常そのもの」だったのでしょう。

 スポーツ競技自体が多様化し、スポーツ以外のイベントも沢山開催されるようになり、インターネットの普及に伴ってメディア自体が変貌を続けている21世紀の現代においても、プロ野球が「日常」であるということ自体は、何ら変化していないように感じられます。
 観ている我々の方も、言われる程には変わっていないと思います。

 「球春」が到来しました。今年も素晴らしいプレーが沢山観られますように・・・。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[センバツ2015] 好ゲーム 健大高崎VS天理
NEW Topics
Entry TAG
日本プロ野球2015・開幕!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031