FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  桐生祥英選手 「9秒87の空気」に触れる!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2015年の陸上競技シーズンが始まると同時に、素晴らしいニュースが飛び込んできました。

 3月28日、アメリカ・テキサス州オースティンで開催されたテキサスリレー大会の男子100m競走で、桐生祥英選手(19歳・東洋大学)が9秒87のタイムで優勝しました。
 追い風3.3mでしたので公認記録とはなりませんが、日本人ランナーが「電動計時」で初めて10秒の壁を破ったように記憶していますので、素晴らしい走りであったと感じます。

① 優勝したこと

 常に世界の短距離界をリードしているアメリカのトップクラスの大会において、日本人ランナーが優勝したことは、快挙の一言です。このレースには、ライアン・ベイリー選手といった「既に9秒台で走っているランナー」も出場していました。

 世界中の一流スプリンターがトレーニングを行っているアメリカにおける大会なのですから、当然といえば当然のことなのですが、そのステージで優勝したのですから、桐生選手に地力が付いて来ていることは間違いありません。

 この大会で2位あるいは3位での9秒台で無かった点が、最も価値あることだと思います。

② 「9秒87の空気」に触れたこと

 桐生選手の経験値という意味では、この点が重要でしょう。ご本人からも「9秒台を体感できた。」とのコメントが伝わっています。

 陸上競技の短距離競技を経験した方なら、自己記録が伸びる度に「新しい風・空気」が感じられることを、お分かりいただけると思います。不思議なことですが、これは「理屈抜き」なのです。
 0.1秒でも速く走ると(100m競走での0.1秒は「大差」ですが)、走行中に「全く違う空気」を感じることが出来るのです。

 桐生選手は、日本人として初めて「10秒を大きく切った時の空気」を感じたことでしょう。前人未到の領域です。

③ 素晴らしいトレーニングが出来ていると感じられること

 「この快挙」関連の画像を観ると、明らかに桐生選手の太腿が太くなっています。

 この冬の間、桐生選手が良いトレーニングを行ってきた結果が、走りに出ているのでしょう。素晴らしいことだと思います。

 文字通り「素晴らしいスタート」を切った、2015年の桐生祥英選手には、今後も多くの世界トップクラスの大会で、自らを磨いて行ってほしいと思いますし、何よりスプリンターの宿命でもある肉離れなどの故障発症には、十分に留意いただきたいと感じます。

 気象条件他の環境が整えば、「公認記録としての9秒台」は出る力が付いていますので、逆に言えば、「焦ることは全くない」と思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[卓球ワールドツアー] 伊藤美誠選手 女子シングルス初優勝!
NEW Topics
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 大関・貴景勝 決定戦を制して2度目の優勝
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 明瀬山の勝ち越し
[NPB2020(観客数制限)] 日本シリーズの開幕!
[NPB2020個人成績-1] 鈴木大地選手(楽天)の活躍
[競馬(観客数限定)] マイルチャンピオンシップ2020の注目馬
[マスターズ秋2020(無観客)第1ラウンド] 全18ホールパーオン・39パット
[マスターズ秋2020(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 悠然たる優勝
[NPB2020パリーグCS] ソフトバンク・ホークスの強さ
[競馬コラム282-ジャパンカップ2020] コントレイルVSデアリングタクトにアーモンドアイが参戦
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-8] 男子200m 飯塚翔太選手の逆転優勝
[マスターズ秋2020(無観客)] 広がる「ダスティン・ジョンソン ワールド」
[マスターズ秋2020(無観客)第2ラウンド] 超ベテラン選手達の活躍
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 上位陣の相次ぐ「休場」
[競馬(観客数制限)] エリザベス女王杯2020の注目馬
[NFL2020~21(無観客)] レギュラーシーズン第9週を終えて
[PGAツアー2020~21] 2度のマスターズ・トーナメント
[PGAツアー2020~21] マスターズまでに、あと5kg体重を増やす。
[NPB2020(観客数制限)] 坂本勇人選手 2,000本安打達成!
[J1リーグ2020(観客数制限)] キング・カズ 53歳8ヵ月13日で出場
[競馬コラム281-JBCデイ2020] 面白かった「2場開催」
[UEFA-CL2020~21] グループステージ第3節を終えて
[ATP1000-ロレックス・パリ・マスターズ2020] ラファエル・ナダル選手 シングルス通算1,000勝達成
[競馬コラム280-JBCクラシック2020] クリソベリル 圧勝!
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-7] 男子110mH 金井大旺選手の快走
[PGAツアー・バミューダ選手権2020] ブレンダン・トッド選手へのインタビュー
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[競馬コラム279-天皇賞(秋)2020] アーモンドアイ号 G1レース8勝目!
[全日本大学駅伝2020] 駒澤大チーム 空前の大混戦を制して6年振りの優勝
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
[MLB2020リーグチャンピオンシップ(観客数制限)] 両リーグ共に一方的な展開
Entry TAG
桐生祥英選手・「9.87の空気」に触れる!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930