FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2015] スタートダッシュの意味
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本プロ野球NPB2015シーズンが開幕して、2週間弱が経ちました。
 各チームとも3カードを終えた形です。

 パシフィックリーグでは、日本ハムが7勝2敗と好調なスタートを切りました。
 セントラルリーグでは、中日が6勝3敗でトップに立っています。

 シーズン直前の各球団の監督インタビューでは、「スタートダッシュしたい。」といったコメントが聞かれることが有ります。その期間が完了したといって良いのでしょう。

 今回は、「ペナントレースにおけるスタートダッシュの意味」について、見てみましょう。

 過去5年間の両リーグの優勝チームの成績を観てみます。

[2014年(全144試合)]
・パリーグ ソフトバンク 78勝60敗 6引分 勝率.565
・セリーグ 巨人 82勝61敗1引分 勝率.573

[2013年(全144試合)]
・パリーグ 楽天 82勝59敗3引分 勝率.582
・セリーグ 巨人 84勝53敗7引分 勝率.613

[2012年(全144試合)]
・パリーグ 日本ハム 74勝59敗11引分 勝率.556
・セリーグ 巨人 86勝43敗15引分 勝率.667

[2011年(全144試合)]
・パリーグ ソフトバンク 88勝46敗10引分 勝率.657
・セリーグ 中日 75勝59敗10引分 勝率.560

[2010年(全144試合)]
・パリーグ ソフトバンク 76勝63敗6引分 勝率.547
・セリーグ 中日 79勝62敗3引分 勝率.560

 この述べ10チームの成績から平均を出してみます。
 勝率の単純平均は、.588となります。144試合を.588の勝率で戦うと勝ち試合数は84.672勝となります。四捨五入で85勝としましょう。

 この述べ10チームの平均引分試合数は7.2試合となりますが、東日本大震災の影響で試合時間を短くしていたシーズンも含まれますので、ここでは「引分試合数を考慮しない」こととします。

 以上から、引分が無いとして「優勝するためには85勝59敗のシーズン」を実現して行くことになります。

 さて、本稿のテーマに戻ります。

 開幕3連勝を実現したチームは、残りの141試合で82勝すればよいことになります。残り141試合を82勝59敗・勝率.581でクリアすれば良いのです。
 一方、開幕3連敗のチームは、残り141試合を85勝56敗・勝率.603で戦って行けば良いことになります。

 この違いを、どのように判断するかということになります。
 感覚的にするために四捨五入してみると、
・開幕3連勝のチームは、その後「8勝6敗」でシーズンを戦う。
・開幕3連敗のチームは、その後「9勝6敗」で戦って行く。

 という感じでしょうか。いずれにしても「3勝2敗」で戦って行けば、優勝に近づけることになりますから、私はあまり大きな差では無い様に感じます。

 では、開幕10連勝・10連敗の場合はどうでしょう。
 開幕10連勝のチームは、残り134試合を75勝59敗・勝率.559で85勝をクリアできます。開幕10連敗のチームは、残り134試合を85勝49敗・勝率.634で85勝に到達します。

 やはり四捨五入してみると、
・開幕10連勝のチームは、その後「8勝6敗=4勝3敗」でシーズンを戦えば良い。
・開幕10連敗のチームは、その後「9勝5敗→(略*)3勝2敗」で戦って行かなくてはならない。(*9勝の中身が8.5勝のため)

 ということになります。さすがに10連勝・10連敗ともなると、4勝3敗と3勝2敗ですから、その後の高い方に相当の影響が有りそうです。
 しかし、残りの134試合を3勝2敗ペースで戦って行けば良いのですから、優勝しようというチームにとっては、「不可能なペース」とは言えないでしょう。

 以上から、本ブログでは
 「スタートダッシュには相応の効果があるものの、スタートダッシュに失敗したとしても十分に巻き返しが可能」という、至極当たり前の結論に到りました。
 当たり前過ぎて、選手やスタッフの皆さんに怒られてしまいそうです。

 もちろん、「選手の気持ち」「チームの勢い」という面から観れば、スタートダッシュには「精神的な意味合い」があるのでしょうが、現実的にペナントレース優勝という視点から観れば、一喜一憂するような事象では無いようです。

 再び当たり前のことを書いて恐縮ですが、「シーズンは始まったばかり」なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[マスターズ2015] 祝! 40回目のTBSのLIVEテレビ中継
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
ペナントレースにおけるスタートダッシュの意味  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930