FC2ブログ
HOME   »   野球・ベースボール全般  »  [野球全般] ベースボール・野球の難しさ 「練習編」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 私が通っていた高校にも硬式野球部があり、甲子園大会を目指して?毎日練習していました。私も別の競技スポーツに取り組んでいましたから、われらが野球部の練習も目に入ります。時々10㎞走をやり、古タイヤを引っ張っていました。

 「野球の試合で最も長い距離を走るケース」を考えてみます。おそらくランニング・ホームランを打つ時でしょう。塁間90フィート・27.4m×4=109.6m。例えば、右翼手が、三塁側のフェンスに達するファウルを取りに行くケース(左翼手・三塁手・遊撃手・二塁手・投手・捕手が一斉に何らかの理由で動けなくなるケースですので、発生可能性は0に近いとは思いますが)があったとしても、100mは超えないでしょう。

 従って、野球という競技においては、全力で走る最長距離は110m+α(塁間を膨らんで走る分)ということになります。加えて、かなりの高速で走りますので、必要な筋肉は「短距離走」向けの筋肉ということになります。
 ところが、野球の練習では頻繁に10㎞走といった長距離走をゆっくりと走っています。

 当時、われらが高校の4番打者にその辺のことを聞いたことがあります。「体を作るんだよ。硬球に負けない、しっかりした体を」と言っていました。硬球は、野球規則によれば、コルクやゴムの芯に糸を巻き牛革で覆い、重さ141.7~148.8g、円周22.9~23.5㎝と決まっています。確かに、硬く重い球です。これを投げたり、打ったりするためには、体に筋肉が付いた状態の質量が必要だという考え方です。
 おそらく、これは事実なのでしょう。ベースボール・野球の長い歴史の中で、筋肉の鎧と一定の体重は、良いプレーをするためには不可欠なものなのでしょう。

 この筋肉の鎧を身に付けるために、長距離走を行い、タイヤを引っ張る練習が必要になるというのが、彼の説明でした。

 しかし、実際のプレーで必要なのは、短距離走のスピードです。ゲーム中に重いものを引っ張ることもありません。筋肉の鎧を身に付けて重くなれば、走る速度は遅くなります。限られた時間の中で、先の塁に到達するために、少しでも速く走らなければならない競技の練習は、走るスピードを遅くする練習なのです。なんと難しいスポーツなのでしょう。

 もちろん筋肉の鎧は、打撃時に活用されるのでしょう。一定の体重と筋肉が無ければ、打球を飛ばすことが出来ないことは理解できます。ホームランバッターと呼ばれるプレーヤーは、確かに皆、立派な体をしています。大きくてしっかりした体格です。
 ゴルファーでも、太った方が(体重があった方が)飛距離が出るといわれます。女子プロの中には、飛距離を出すために敢えて太った、という話も報道されたりします。これも、野球と同じことなのでしょうか。

 他方、長距離走他で身に付く「持久力」は、どんな時に役に立つのでしょう。投手と捕手は、持久力が必要なポジションに見えます。特に先発投手は、時に100球以上の投球を2時間強の試合時間の中で、投げなければなりません。これは、腕・腰のみならず、下半身の筋肉に持久力が必要であろうと思います。大投手金田正一氏が、事あるごとに「走れ、走れ」といっていたという話を聞きますが、さもありなんという感じです。
 捕手も、投手ほどではないにしても、守備の間動いている時間が長いので、持久力が必要に思います。

 一方で、投手・捕手以外の野手には、持久力が必要なのでしょうか。守備の際、打撃の際には、どちらかといえは「瞬発力」の方が必要な気がします。もちろん、瞬発力は打撃練習や守備練習で身に付けていると言われることでしょう。それは解ります。しかし、一方で、必要な瞬発力を削ぐ可能性のある練習もやらなければならないのが、ベースボール・野球の難しさだと思います。
 投手や捕手も、前段で持久力が必要なポジションと書きましたが、瞬発力も必要であることは言うまでもありません。投手は速球・変化球を投げるために、速く・強く動く筋肉が必須です。捕手も投球・打撃のために瞬発力が必要です。持久力と瞬発力の両方の筋肉が必要であるということになります。

 他の競技では、持久力と瞬発力が区別されているものも多いと思います。例えば、陸上競技の競走においては、短距離走のランナーが長距離走の練習をすることは、無益というよりは有害です。
 短距離走に必要な筋肉は、いわゆる「無酸素で動く筋肉*」ですので、長距離走の練習を行うことによって身に付く「有酸素で動く筋肉*」は、体重が重くなるだけで、速く走るためには障害になります。(*短距離走では、肺から取り入れた酸素が、競技時間中には筋肉に到達しないので、競技開始時に筋肉に蓄えられている酸素だけでエネルギーを発生させます。従って、残存物質として「乳酸」が発生し筋肉中に残るため、後の筋肉痛の原因物質となります。一方で、長距離走では、肺から連続して取り入れる酸素を使って、効率的にエネルギーを発生させますので、乳酸は発生しません)

 バスケットボールの神様マイケル・ジョーダンが、そのキャリアの中でMLBに挑戦したことは有名です。ジョーダンが、シカゴ・ブルズにおける最初の3ピート(3年連続NBAファイナル制覇)を果した後、1993年の秋にMLBシカゴ・ホワイトソックス傘下の2A、バーミンガム・バロンズに入団したのです。
 もともとベースボールの大ファンだったジョーダンは、本気でMLBを目指したのだと思います。もちろんジョーダンの運動神経の良さは言うまでもないことで、あらゆるスポーツに対応可能であることは間違いなかったと思いますが、翌年にかけてのジョーダンの懸命な取組は、結局実を結びませんでした。(出場127試合で打率2割2厘・11エラー)

 時折、ジョーダンの挑戦がテレビでも放映されましたが、ジョーダンの体はいかにも細いシルエットです。ベースボールプレーヤーとは筋肉の付き方が違うという感じ。やはり、成長期の若い頃に、ベースボール向けのトレーニングをする必要があることが、良く判る事例でした。マイケル・ジョーダン程のスポーツの天才を持ってしても、ベースボールは身体が成長した後では、容易には攻略できない競技なのだと。

 高校時代、甲子園出場を目指しながらも、いつも地方予選の初戦で敗退する、われらが野球部の練習を見て、私はもっと合理的な練習が無いのかな、と思いました。「重さと質量のための筋肉」を付けるのに、長距離走やタイヤ引きではないトレーニングがあるのではないか、付ける筋肉量も必要最小限にして、素早く動くことへの障害にならないようにした方が良いのではないかと。

 また、おかしな?ことを書き、恐縮です。
 「ベースボール・野球は難しい」シリーズは、取り敢えず本稿で完結とさせていただきます。三つの変な話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム24] 日本最長距離ステークスとホワイトフォンテン
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
野球の練習   ベースボールは難しい   野球は難しい   マイケル・ジョーダンのベースボールへの挑戦  
Comment
12
うーん、硬いボールが当たっても平気な肉体は必須だよね。A.ロッドもカブレラも何とも無さそうだしね。イチローは痛くないんだろうか?

13
コメントありがとうございます。
なるほど、その視点もありますね。ベースボールという面白いスポーツをプレーするには、様々な要素が必要だということですね。ご指摘、深謝!

> うーん、硬いボールが当たっても平気な肉体は必須だよね。A.ロッドもカブレラも何とも無さそうだしね。イチローは痛くないんだろうか?

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930