FC2ブログ
HOME   »   ボクシング・レスリング  »  [ボクシング注目の大一番] PPV(ペイ・パー・ビュー)の威力
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 フロイド・メイウェザー選手(アメリカ)とマニー・パッキャオ選手(フィリピン)の世界ウェルター級王座統一戦が、5月2日に迫りました。

 現在、全ての階級を通じて最も注目されている、ボクシングの世界タイトルマッチであり、何度も実現が期待されていたカードですので、世界中のボクシングファンが固唾を飲んで待っていることでしょう。

 プロ入り後47戦全勝・5階級で10王座のメイウェザー選手と57勝5敗2引分・6階級で7王座のパッキャオ選手の対決ですから、注目されるのも当然です。

 ところで、総収入が500億円を超えると言われるこの試合の、収益構造が興味深いのです。

① 入場券売上89億円→チケットは1枚当たり最高120万円、最低18万円、1万6千席。
② 海外テレビ放映権料42億円→日本ではWOWOWが2億円で獲得。
③ 興行協賛16億円

 ここまでで147億円となります。入場券売上の89億円というのは、ボクシングの1試合のものとしては空前の水準でしょう。1万6千席のラスベガスの会場も凄いのですが、何より高額チケットに驚かされます。

 とはいえ、147億円では500億円に遠く及びません。後は、アメリカ国内のテレビ放映権料位かと思っていたら、ここに「PPV」が登場するのです。

 PPVはペイ・パー・ビュー、「テレビ視聴課金料」のことです。

 アメリカでは地上波よりもケーブルテレビが普及していますが、そのケーブルテレビでこの試合を観るためには、通常のケーブルテレビ料金にプラス1万800円あるいは1万2千円(高画質)を払わなければならないのです。

 1試合のテレビ放送を観るためのコストとしては非常に高額だと感じますが、スタジアムで観ることに比べれば10分の1~100分の1ということになります。家族や友人同士で観れば単価はより下がります。スポーツバーでの観戦が可能なのかどうか、余計なことも気になりますが、いずれにしても「十分にニーズは存在する」と主催者は観ているのでしょう。

④ PPV300万件以上の視聴による360億円の売り上げ

 これで、①~④の合計が507億円となりました。凄まじい売上額です。

 世界のプロボクシングの中心に位置するアメリカの興行主のやることですから、おそらく大きな誤差の無い売上高が達成されることでしょう。

 それにしても、メイウェザー選手が38歳、パッキャオ選手が36歳と、気が付けば「二人の英雄」も選手キャリアの晩年を迎えました。
 過去10年以上に渡って、不振の世界プロボクシング界を支えてきた二人のプレーヤーにとっても、間違いなく「最後の大一番」となることとでしょう。

 「この試合をやってしまったら、もう後は無い」とも言われてきた「世紀の一戦」です。素晴らしいゲームを期待すると共に、アメリカ・プロボクシング界としては、今後の進路についても、しっかりと考え準備しておかなければならないのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 天皇賞(春)2015の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
メイウェザー対パッキャオ戦のPPV  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031