FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-CL2014~15] ベスト4出揃う。 「3強」強し!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今シーズンの欧州NO.1クラブを決める「UEFAチャンピオンズリーグ2014~15」の準々決勝・ベスト8の戦いが終了し、準決勝の組合せが決まりました。

・レアル・マドリード対ユベントス
・バイエルン・ミュンヘン対FCバルセロナ

① 相変わらずの「3強」の強さ

 レアル・マドリード(スペイン)、FCバルセロナ(スペイン)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)の3チームは、このところUEFA-CLのベスト4の常連であり、私は「3強」と呼んでいます。

 今大会もこの「3強」が本命であり、この3チームの中から優勝チームが出る可能性が極めて高いと予想されましたが、その3チームがキッチリとベスト4に進出してきたのは、ある意味では驚くべきことでしょう。

 「3強」がいかに強いチームとはいえ、クラブチームの大会としては世界一のレベルであるUEFA-CLで「毎期ベスト4に進出する」というのは、この3チームの実力が相当抜きん出ているという証左でしょう。
 サッカーという競技の「番狂わせ」の可能性は、決して低いものでは無いのですから。

 ベスト8の戦いで最も劇的だったのは、バイエルン・ミュンヘンとFCポルトの戦いでしょう。
 初戦を1-3で落としたバイエルンは、第2戦・ホームでのゲームの前半で5-0とリードして、大逆転でベスト4進出を決めました。初戦でリードしたポルトは「守備を固めて0-0あるいは0-1」のゲームを狙ったのでしょうが、バイエルンの攻撃力はポルトの予想を遥かに超えるものでした。

 前半14分のアルカンタラ選手の先制から、22分のボアテング選手、27分のレヴァンドフスキ選手、36分のトマス・ミュラー選手、そして40分のレヴァンドフスキ選手の2点目と畳み掛けました。
 UEFA-CLベスト8の戦いという、欧州クラブチーム同士の最高レベルゲーム=世界最高レベルゲームにおいて、27分間で5得点という破壊力は凄まじいものです。

 一方で、このチーム、バイエルンを相手に初戦を3-1で完勝したFCポルトの地力の高さも評価できることでしょう。

 続いてはアトレティコ・マドリードとレアル・マドリードのマドリードダービー。前期のUEFA-CLの決勝と同じ組合せであり、準々決勝中最も注目されていたカードです。

 国際大会での実績では遥かに上回るレアルですが、近時はアトレティコを苦手としてきました。今シーズンもリーガエスバニョーラ他のゲームで1勝もできず引分けるのがやっとという状態。
準々決勝初戦も0-0の引き分けでしたから、第2戦に運命が託されました。

 ご承知のように、レアルの強みはその攻撃力です。
 クリスティアーノ・ロナウド選手、ベンゼマ選手、ハメス・ロドリゲス選手、トニ・クロース選手、セルヒオ・ラモス選手といった、世界屈指のプレーヤーを揃えたレアルの攻撃陣の破壊力は、世界屈指のものでしょう。

 その攻撃陣を相手にして、アトレティコはキッチリと守り、カウンター主体の攻撃でマンジュキッチ選手らが1点を取って勝ち切るというゲームで対抗し、今シーズン何度もレアルを破ってきました。

 この第2戦も、アトレティコのペースでゲームが進みました。
 しかし、レアルは90分間近の後半43分、エルナンデス選手の得点で1-0で勝ちました。素晴らしいメンバーが揃った両チームが2ゲームを戦って、通算1-0という「痺れる戦い」でした。

 ユベントスとASモナコのゲームは、ユーベが持ち味を存分に発揮し、初戦1-0の勝利から、第2戦0-0の引分けで勝ち上がりました。
 バイエルン・ミュンヘンが、何時の時代も「ドイツ代表チームの主骨格」であることは、何度も書いてきましたが、同様にいつの時代も「ユベントスの守備陣はイタリア代表チームの守備陣」なのです。「カテナチオ」の力が示された準々決勝と言えるでしょう。
 ユーベは久し振りのベスト4進出です。

 準々決勝最後のカード、FCバルセロナとパリ・サンジェルマンの戦いは、初戦3-1、第2戦2-0でバルセロナが勝ち、2ゲーム通算5-1で勝ち上がりました。全体として、バルセロナが一枚上手だったという結果であり、初戦はスアレス選手の2得点とネイマール選手の得点、第2戦はネイマール選手の2得点で勝っていますから、メッシ選手を加えた「黄金の3トップ」が存分に機能した形です。

 相手ゴール前でメッシ選手にボールが渡れば、相手ディフェンダーはメッシ選手に集まりますから、ネイマール選手やスアレス選手にとつてのチャンスが広がる形です。当然ながらメッシ選手へのマークが甘くなれば、メッシ選手は悠々と得点を挙げることでしょう。
 相手チームにとっては、本当にやっかいな3トップということになります。

② 準決勝の見所

 レアル・マドリードとユベントスの戦いは、ユーベがどこまで戦えるかというところでしょう。戦力的にはレアルの方が上だと思います。

 サッカーの歴史上ではほぼ互角の対戦成績を残している両チームですから、「ユベントスの伝統の力」に期待したいところです。

 バイエルン・ミュンヘンとFCバルセロナの戦いは、見所満載でしょう。
 「黄金の3トップ」と「変幻自在の得点力」の戦いは、ゲーム毎の流れが大きく影響しそうです。

 バルセロナにとっての気掛かりは、この数年ベスト4には進出するものの決勝には出ていないところでしょうか。バルセロナは「不思議とUEFA-CLの準決勝に弱い」のです。

 また、これは意外なことですが、この数年「3強はベスト4には進出する」が「決勝で3強同士のカードになったことは無い」のです。

 この慣例?に従って、今期もユベントスが決勝進出を果たすのか、あるいはそろそろ3強同士の決勝戦となるのか、準決勝の戦いは5月5日~13日にホーム・アンド・アウェイ方式で行われます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2015] それでも試合は行う。
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
UEFA-CL2014~15の準決勝迫る!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031