FC2ブログ
HOME   »   スケート  »  [フィギュア] NHK杯 浅田真央選手と鈴木明子選手の演技
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年のフィギュアスケートNHK杯は、11月23日~25日の3日間にわたって、宮城セキスイハイム スーパーアリーナで開催されました。この大会は、国際スケート連盟のグランプリシリーズにも組み込まれていますから、その成績がグランプリファイナル(今年は12月6日~9日、ロシアのソチで開催)への出場権に影響するものでした。

 日本人選手の結果は、男子シングルでは羽生結弦選手が優勝、高橋大輔選手が2位になり、グランプリシリーズの他の大会の成績と合わせて、二人ともグランプリファイナルへの進出を決めました。
 女子シングルでは浅田真央選手が優勝、鈴木明子選手が2位になり、男子と同様に二人ともグランプリファイナルへの進出を決めました。
 この4名のスケーターの演技は、我が国のフィギュアスケートファンの期待に応えたもので、こうしたプレッシャーのかかる大会でしっかりとした結果を出したことは、素晴らしいことだと思います。
 先に出場を決めていた、男子の小塚崇彦選手と町田樹選手を含めた6人の選手のグランプリファイナルでの活躍が楽しみです。

 NHK杯2012で一点だけ気になったことがありました。女子シングルのフリー演技の採点です。そのテレビ放送をご覧になった皆さんの中にも、違和感を覚えた方がおられたのではないでしょうか。

 女子シングル・フリー演技の最終組、まず鈴木明子選手の演技が始まりました。最初のジャンプ成功で波に乗り、スピード十分な演技が続きました。予定されていた種目も概ね取組み、ジャンプでバランスを崩したシーンがひとつだけありましたが、目立ったミスもなく、演技全体の流れも良く、表現力も十分に発揮されていました。鈴木選手としても満足できる出来栄えであったと思います。
 やはり126.62と高得点が出ました。キスアンドクライの鈴木選手も笑顔です。

 全ての出場者の最後に、ショートプログラムでトップの成績を残している浅田真央選手が登場しました。登場するだけで華やかな雰囲気を漂わせるスケーターですので、場内の歓声も大変大きくなりました。白鳥の湖の曲に乗った演技が始まりました。最初のトリプルジャンプがダブルに変更されて、おやっと思わせました。その後の演技でも、トリプルジャンプが、ダブルやシングルに変更される演技が続きましたが、ストレートラインステップやスパイラル、スピンといった演目をキッチリと熟し、表現力も豊かでしたので、観客の歓声も盛り上がりました。そして、演技を終えましたが、ジャンプの失敗を気にしてか、浅田選手の表情は曇ったままでした。
 キスアンドクライでも暗い表情が続き、得点117.32がコールされ、合計点で0.05点鈴木選手を凌いで優勝が決まった後も、浅田選手の表情は晴れませんでした。

 テレビのインタビューの際にも「全然ダメでした」を繰り返していましたから、とても優勝者の雰囲気ではありません。浅田真央選手にとって、とても不満が残る演技であったことが、良く解りました。

 確かに、ショートプログラムが終わった段階で、浅田選手の得点は67.95、鈴木選手は58.60と、9.35の大きな差がついていました。
 一方で、フリープログラムの演技内容にも、逆の大きな差があったとように観えましたので、配点が大きい分、鈴木選手が逆転でNHK杯を制したように思われましたが、結果は前述の通りでした。

 現在のフィギュアスケート競技の採点法は、2003年から導入されているISUジャッジングシステム(=コード・オブ・ポイントCOP)です。私はCOPについて詳しいわけではありませんが、報道されている情報から少し検討してみたいと思います。

 浅田選手の今回のフリー演技では、当初予定していたジャンプシークエンスの内、4つの3回転ジャンプが2回転あるいは1回転になりました。

 COPの3回転ジャンプと2回転ジャンプの基礎点は以下の通りです。

・3回転ルッツ 6.0
・3回転フリップ 5.3
・3回転ループ 5.1
・3回転サルコウ 4.2
・3回転トウループ 4.1  3回転ジャンプの平均4.94①

・2回転ルッツ 2.1
・2回転フリップ 1.8
・2回転ループ 1.8
・2回転サルコウ 1.3
・2回転トウループ 1.3  2回転ジャンプの平均1.66②

 回転不足による減点や、出来栄え点の加除などがありますので、一概には言えないと思いますが、①と②には3.28の差がありますので、これが4回あったとすれば、3.28×4=13.12③の差があったと見ることもできると思います。

 浅田選手と鈴木選手のショートプログラムの差が9.35でしたので、③で逆転が可能ということになります。
 もちろん、実際の採点においてはステップ・スピンといったジャンプ以外の演目の技術面や演技構成点(浅田選手64.54、鈴木選手62.11で浅田選手が2.43上回りました)がありますので、こうした部分の配点・採点の結果として浅田選手が0.05という僅かな差で逃げ切ったのでしょう。当然ながら、公正な採点の結果であったと思います。

 新しい採点法としてのCOPは、以前の「6.0システム」において、技術点と芸術点により構成されていることもあって、どうしても恣意的な要素が入りうることを見直して、可能な限り公平・公正な採点を行いたいという、フィギュアスケート界全体の意向が反映されているものだと思います。

 他の「採点型競技」でも同様ですが、プレーヤー・観客の双方にとって解り易く、違和感のない採点方法の検討・導入・確立は、競技の人気、大袈裟に言えば存亡に関係する重要ポイントです。

 浅田選手の今回のフリー演技において、3回転ジャンプ演目の過半でミスをして、観客から見ると「ジャンプの出来がとても良くない」と感じる演技内容でありながら、僅少差で逃げ切る結果に結び付いたことは、採点方法としてのCOPのブラッシュアップを進めていく際に、十分考慮すべき点でしょう。
 結局は、以前の芸術点のように恣意性が大きく入りうる採点方法ではないかと、選手や観客に感じられるようなことがあれば、フィギュアスケート競技の発展にとって大きなマイナスになると危惧されるからです。

 色々と書きましたが、グランプリシリーズの結果は出ました。浅田選手、鈴木選手のグランプリファイナル大会での大活躍が楽しみです。
 2年後のソチオリンピックの準備という点でも、大切な大会になると思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム25] ジャパンカップ・ダートのこれから
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
フィギュアスケートNHK杯   浅田真央   鈴木明子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930