FC2ブログ
HOME   »   テニス  »  全仏と全英の両方に強かった ビョルン・ボルグ選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 テニス競技における、クレーコートと芝コートは対照的なサーフェイスであると言われています。

 球足が速く、バウンドしたボールが「滑って行く」とも形容される芝コートと、球足が遅く、大きくバウンドするクレーコートは、試合で勝つために求められる技術も相当異なるものなのでしょう。

 4大大会で言えば、クレーコートは全仏オープン、芝コートは全英オープン(ウィンブルドン)で使用されています。

 現在のテニス界のトップクラスのプレーヤーとして、ラファエル・ナダル選手とロジャー・フェデラー選手を例に取ってみましょう。

 ナダル選手は、全仏の男子シングルスで優勝9回、全英で2回、フェデラー選手は全仏で1回、全英で7回の優勝を果たしています。

 ナダル選手もフェデラー選手も、4大大会の全てを制している「グランドスラマー」ですけれども、その得意とする大会は対照的なのです。
 ナダル選手は全仏→クレーコートに強く、フェデラー選手は全英→芝コートに強いことは明らかでしょう。

 フェデラー選手やナダル選手といった、「基本的な実力が極めて高いプレーヤー」にして初めて、苦手なコートを克服し、グランドスラムを達成することが出来るということなのかもしれません。

 ところが、テニスの歴史においては、「全仏と全英の両方に強いプレーヤー」が存在しました。本稿の主人公であるビョルン・ボルグ選手です。

 1956年にスウェーデンで生まれ、1970年代から80年代初頭にかけて世界のテニス界をリードした選手です。
 ボルグ選手は、全仏で6回、全英で5回の優勝に輝いています。
 1978年・79年・80年シーズンには、同一シーズンで全仏と全英を制しているのです。

 ボルグ選手は、「優勝するためには相当に異なるプレーが必要とされる全仏と全英」で、ほとんど同じレベルの好成績を残したプレーヤーなのです。

 ボルグ選手はテニス競技に「トップスピンのストローク」を齎した、あるいは確立したプレーヤーとも呼ばれています。このトップスピンのグランドストロークが、ボルグ選手の強みでしたが、この技術の高さ・新しさが、全仏と全英のどちらの大会でも優勝できるプレーの骨格であったのかもしれません。

 ボルグ選手の戦績には、もうひとつ特徴というか不思議なポイントがあります。
 全豪と全米で優勝していないことです。

 全豪と全米はオールウェザーコートです。クレーコートと芝コートの中間くらいのボールの速さが出ると言われるコートです。

 従って、トッププレーヤーの中でクレーコートが得意な選手も、芝コートが得意な選手も、ともに全豪・全米では相応の成績を残すもののように感じます。

 頭書に従って、ナダル選手とフェデラー選手を例に取ってみましょう。
 ナダル選手は全豪で1回、全米で2回、フェデラー選手は全豪で4回、全米で5回、優勝しています。そして、二人ともグランドスラマーとなっているのです。

 一方で、ボルグ選手は全豪・全米とも優勝していません。

 全豪オープンに対しては、ボルグ選手は1度しか出場していませんから、「自らのスケジューリングの中で全豪は回避していた」のかもしれません。
 他方、全米オープンはというと「準優勝4回」ですので、これは「勝ちに行って勝てなかった大会」なのでしょう。この4回の大会では、ジミー・コナーズ選手が2回、ジョン・マッケンロー選手が2回、優勝しています。

 「芝コートとクレーコートであれ程圧倒的な強さを魅せた」ボルグ選手が、オールウェザーコートのメジャー大会では勝てなかったというのは、テニス競技の難しさを感じさせる事実なのでしょう。

 そういえば、ボルグ選手と共に男子プロテニスの黄金時代を築いたコナーズ選手のプレー振りは、そのフラットなストロークから「芝コート」で強さを発揮できそうな感じです。
 実際、コナーズ選手は全英に2回優勝していますが、思ったよりは優勝回数が少ない印象です。(同時代にボルグ選手が居たせいも有るのでしょうが)

 一方で、全米では5回の優勝を誇っているのです。
 コナーズ選手が全米で活躍した時期(1974年~83年頃)は、全米オープンのサーフェイスが芝→グレーコート→ハード(オールウェザー)と変化した時期と重なりますから、一概には言えないのかもしれませんが、コナーズ選手がオールウェザーコートを得意としていたプレーヤーであったことは間違い無いことだと思います。

 「コートのサーフェイスとプレーヤーのプレーの質・特徴」との関係は、何時の時代もテニス競技における最大のテーマのひとつなのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本ダービー2015の注目馬
NEW Topics
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] やはり、ビートたけし氏は凄かった。
[MLB2019] 田中将大投手 MLB通算70勝目
[大相撲2019・7月場所・11日目] 4大関 全員が休場
[ウィンブルドンジュニア2019・男子シングルス] 望月慎太郎選手 優勝!
[大相撲2019・7月場所] 安美錦関 引退
[MLB2019] エンゼルス スカッグス選手の追悼試合でノーヒッター
[ウィンブルドン2019・男子シングルス] ジョコビッチ選手 フェデラー選手との激闘を制して 5度目のV
[陸上日本選手権2019] サニブラウン・アブデルハキーム選手の戦い
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] 村田諒太選手 素晴らしいファイト
[NPB2019] 広島カープ 8連敗で4位に後退
久保建英選手のレアル・マドリード入りに続いて、安部裕葵選手がバルセロナへ
[ウィンブルドン2019・男子シングルス] 錦織圭選手 ベスト4ならず
[MLB2019・オールスターゲーム] 田中将大投手 勝利投手に!
[コパアメリカ2019] 総合力に勝るブラジル代表チーム 9度目の制覇!
[FIFA女子ワールドカップ2019] アメリカ代表チーム 4度目の優勝!
[全英オープン2019] 第143回大会の会場はロイヤルポートラッシュ・ゴルフクラブ?
[陸上競技・日本選手権2019・男子400mH] 安部孝駿選手 見事なレース
[MLB2019] オールスターゲームを目前にしての各地区順位
[MLB2019] 大谷翔平選手 25歳に
[コパアメリカ2019] アルゼンチン代表チーム 準決勝敗退
[FIFA女子ワールドカップ2019] 決勝はアメリカVSオランダ
[陸上日本選手権2019・男子110mH] 「最後の一歩」の勝負
[陸上日本選手権2019・女子中距離] 卜部 蘭選手 2冠達成!
[大相撲2019・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[陸上日本選手権2019女子やり投げ] ハイレベルな戦い
[陸上日本選手権2019・男子1,500m] 「自己新記録」の大会を象徴するレース
[セリエA2018~19] ユベントス 悠々と優勝し空前の「8連覇」
[大相撲2019・7月場所] 竜電関 ついに三役へ
[MLB2019] 大谷翔平選手 10号ホームラン 2年連続二桁!
[NPB交流戦2019] ソフトバンク・ホークスが8度目の制覇
[FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会] なでしこジャパン 準々決勝進出ならず
[コパ・アメリカ2019] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出ならず
[競馬コラム241・宝塚記念2019] 唯一の牝馬 リスグラシュー号 快勝!
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 10先発登板連続 勝ち負け付かず
[MLB2019] サイクル安打とノーヒットノーラン
ラグビーワールドカップ2019と東京オリンピック2020のチケット販売の難しさ
[競馬] 宝塚記念2019の注目馬
[NBAドラフト2019] 八村塁選手 1巡目指名を受ける。
[アジアフェンシング選手権2019・女子フルーレ団体] 日本代表チーム 初優勝!
[MLB2019] 田中将大投手 MLBで4度目の完封勝利!
[レスリング全日本選抜2019] 本当に「熾烈」な代表争い
[トゥーロン国際2019] 「堅守」の日本チーム PK戦で惜しくも準優勝
[U-20ワールドカップ2019] ノルウェーチームのハーランド選手 1試合9得点!
[全米オープン2019] 穏やかで肌寒い3日間を終えて
[NBAファイナル2019] トロント・ラプターズが初優勝!
[MLB2019] コンディションが上がってきた 大谷翔平選手
[トゥーロン国際2019] U-22日本代表チーム 決勝進出!
[NPB2019] やっぱり「もってる」吉田輝星投手 NPB初先発・初勝利
[MLB2019] 日本人対決 大谷翔平選手が前田健太投手からホームラン!
[コパ・アメリカ2019] メッシ率いるアルゼンチン代表チームの活躍が期待されます。
Entry TAG
全仏と全英の両方に強かったビョルン・ボルグ選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031