FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2015] 田中将大投手 復帰マウンドで見事な投球
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 このゲームの、田中将大投手の最後の投球・78球目はこのゲーム最速154kmの低目ストレートでした。
 「完璧なストライク」で相手打者を見逃しの三振に切って取り、7イニングの投球を完結したのです。

 DL(故障者リスト)入りしてから1か月と少し、6月3日のニューヨーク・ヤンキース対シアトル・マリナーズのデーゲームに登板した田中投手は、復帰マウンドで見事な投球を披露しました。

 78球で7イニングをクリアし、被安打3、奪三振9、失点1。マウンドを降りた時、チームは3-1でリードしていましたから、勝ち投手の権利を持って降板したのです。

 その後、ヤンキースのブルペン陣が踏ん張り、このゲームは3-1で勝ち切りました。田中投手にとっても、今シーズン3勝目となりました。

 昨シーズン、利き腕右肘の靱帯を故障して、手術をせずに治療することを選択し、昨シーズンの終盤にも登板、今シーズンは開幕投手となってマウンドに登った田中投手でしたが、2勝1敗としたところで再び右腕に違和感を生じてDL入りした時には、様々な意見が出されました。

 「再発したのではないか」「復帰後思い切り腕を振って投げることができていない」「やはり手術をするべきではないか」、等々。

 衆目注視の中での今登板だったのです。この「予想より早い復帰」に対しても、完全に治してからの方が良いという見方がありました。

 こうした状況下、田中投手は見事な投球で応えたのです。

 頭書の通りストレートは最速154kmを記録しました。序盤は148km位の球速でしたが、3回頃から150kmを超えるようになり、7回に最速を記録したのです。田中投手自身も、自らの体調を考慮しながら投げていたのでしょうか。イニングが進むほどに球速が増したというのは、こうした復帰登板では中々出来ないことでしょう。

 ストレートについて言えば、「コントロールの良さ」も特筆すべきでしょうし、ツーシームの威力が増していました。

 スプリットやスライダーといった変化球も切れていました。打者の手前の「小さな変化」が効果的でした。

 一方で、このゲームの田中投手の投球が、昨シーズンの好調時の投球と同一かというと、それも少し違うのでしょう。

 昨シーズン好調時の投球とは「少し印象が違う」のです。
 「何が」と言われると明確には指摘できないのですが、
・昨シーズンに比べて「軽やかさが不足」している。逆に言えば、昨シーズンより「重厚」な感じがする。

・昨シーズンに比べて、ギアチェンジ後の変化が小さい。田中投手の投球は「ピンチになるとギアチェンジ」が出来るところが、ひとつの特徴ですが、昨シーズンまでは明らかにギアチェンジしたことが分かる」ものでした。腕の振りが明らかに速くなり、「力を入れて投球していること」が分かりました。
 このゲームでもギアチェンジをしていましたが、昨シーズンに比べて変化は小さいものでした。

・変化球の「変化度合」が小さくなっていました。

 こうした違いが「どこから生じているのか」は、素人の私には明示できませんけれども、田中投手の投球が、昨シーズンの好調時とは異なるものになっていて、「異なる投球」により、昨シーズンの好調時に匹敵する投球内容を示現していたことは事実なのです。

 おそらく「フォームが変わっている」のでしょう。

 腕と体のバランスで観ると、昨シーズンの好調時は「腕5:体5」、ギアチェンジ時には「腕6:体4」で投げていたのですが、今登板では「腕4:体6」で投げていたように感じます。肘への負担がより小さなフォームに変えてきたのです。
 体全体の筋肉の使い方、重心の移動方法等、根本的な手直しが行われてきたのではないでしょうか。

 結果として、昨シーズンは「ピュッ」という感じの投球だったものが、今登板は「ズドーン」という投球に変貌していたのではないでしょうか。「キレの良さ」よりも「球道の太さ」が印象的な投球に変わっていたのです。

 この「ズドーン」という投球は、マリナーズのヘルナンデス投手やジャイアンツのバムガーナ―投手の投球に観られるもののように思います。
 「約100球・中4日」という、メジャーリーグの先発投手に求められる登板に適応していくために、良い投法なのかもしれません。

 もちろん、今登板を終えた後の「体への負担・疲労残り」を検証する必要があるのでしょうが、田中将大投手が、故障前よりメジャーリーグに適応する投法を模索し、身に付けつつあると感じます。

 「田中将大投手のチャレンジ」を応援しています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 安田記念2015の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
[Jリーグ2020(無観客)] J1再開 アウェイチーム優勢の不思議
[ラグビートップリーグ2021] ボーデン・バレット選手 サントリー・サンゴリアス入り
[NPB2020(無観客)] 菅野智之投手 1安打完封勝利!
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
Entry TAG
MLB2015・田中将大投手見事な復帰マウンド  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031