FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  ハリルジャパン4得点でイラクに快勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 6月11日の国際親善試合、日本チームとイラクチームの対戦となったキリンチャレンジカップ2015は、日本が4-0で勝ちました。

 イラクチームのコンディションが良くなかったのではないか、メンバーが一線級では無かったのではないか、とゲーム後色々な情報が流れていますが、それらの点はともかくとして、ハリルジャパンは素晴らしいプレーを展開したと思います。

① 少ないパスでのチャンス創造

 先制点となった前半5分の本田選手のゴールは、「柴崎選手→本田選手」の1本のパスからでした。

 柴崎選手の絶妙のパスと本田選手の絶妙のシュートから生まれた得点です。
 特に本田選手は、丁寧なトラップからイラクゴール右ポストに当ててのゴールですから、極めて高いレベルのプレーであったと思います。さすがはACミランの主力プレーヤーといったところです。

 この数年、日本代表チームは「パスサッカー」に注力していました。「アジアのFCバルセロナ」といった評価を受けていた時期もありました。スペイン代表チームのプレーに観られた、短めの連続パスを基本としたポゼッションサッカーが世界のサッカーの潮流だったことも間違いありません。

 しかし、こうしたサッカーで勝利を積み重ねて行くには、シャビ選手やイニエスタ選手といったスーパープレーヤーの得点力が不可欠ですので、他のチームが真似をしても中々上手く行くものではないのです。

 この数年の日本チームは「パスを、それも出来ることならダイレクトパスを続けて行かなければならない」という、大袈裟に言えば「強迫観念」のもとでプレーを続けていたのかもしれません。

 こうした中で、新しく着任したハリルホジッチ監督は「タテに突破して行くサッカー」を標榜したのです。
 これが、新生日本代表の得点力向上に結び付いていることは、間違いないでしょう。このところの代表マッチで、必ず2得点以上を挙げていることを観ても明らかです。1本か2本の少ないが相手ゴールに向かっていくパスが効果的なのです。

 「シンプルなプレー」が、日本チームの特徴である「スピード」を活かしていると思います。

② ドリブルが効果的

 前述の本田選手のドリブルを始めとして、このゲームではハリルジャパンの「効果的なドリブルプレー」が印象的でした。

 3点目のアシストを始めとして、宇佐美選手のドリブルはイラクチームを脅かしました。宇佐美選手がドリブルを開始すると、これを止めることが出来なかったのです。
 宇佐美選手の方も、伸び伸びとプレーしているように観えました。笑顔が再三見られたのです。

 また、4点目の原口選手の得点もドリブルから生まれました。相手ゴール前で、相手ディフェンダーを振り切って行く力強いドリブルは、原口選手の大きな可能性を示すものであったと感じます。

③ 本田選手と岡崎選手のさすがの得点力

 日本代表チームにおける、本田選手と岡崎選手の得点力の重要性については、これまでも再三書いてきましたが、このゲームでも各々が1点ずつを挙げました。

 この二人のプレーヤーの得点感覚とシュート精度の高さは、群を抜いているのでしょう。この二人のプレーヤーにも「調子の良い試合と悪い試合」がある筈なのですが、どの試合においても得点に絡んでいくところが、凄いところです。

④ 守備陣の活躍

 このゲームでは、日本チームの守備陣が「後ろを取られること」が殆ど在りませんでした。

 これだけ攻撃陣が活躍したゲームですから、吉田選手や槙野選手も体力十分な状態で戦い続けることが出来たということもあるのでしょうが、オーバーラップした時のカバーフォーメーションも含めて、守備陣が良く機能していました。

 守備陣の底に長友選手が位置するプレーも何度か登場しました。長友選手のプレーとしては珍しい感じがしますが、このフォーメーションからチャンスが生まれていましたので、有効な形なのでしょう。こうしたポジションにおいても「長友選手のスピードと強さ」が威力を発揮するのかもしれません。

 また、2点目の槙野選手のゴールも印象的でした。

 抜けてきたコーナーキックCKのボールをファーサイドでキッチリと押し込んだゴールでしたが、ワールドカップ2014・ブラジル大会のブラジルチームのチアゴ・シウバ選手のゴールを髣髴とさせるプレーでした。
 キッチリとしたディフェンスと、セットプレーにおける得点力というのは、代表チームにおけるディフェンダーに臨まれる役割期待そのものです。

⑤ 新戦力の活躍

 前述の通り、柴崎選手・宇佐美選手・原口選手そして槙野選手が大活躍を魅せました。頼もしい限りです。

 これらの、ハリルジャパンになって登用されるようになったプレーヤー達が、代表戦でのプレーを重ねることで、その持ち味をゲームで活かせるようになったのです。別の言い方をすれば「代表チームで自らのプレーを展開できる能力を保持している選手達」ということかもしれません。

 宇佐美選手が「代表初先発」であったというのも意外でしたが、その初先発で伸び伸びとしたプレーを魅せたところが素晴らしい。

 原口選手の気迫に溢れたプレー、突破力も魅力十分です。今後、苦しいゲームになった時に、局面を打開してくれるプレーを生み出してくれることでしょう。

 槙野選手も、すっかり「ハリルジャパンの守備の要」となっています。「ラインの上げ下げは自分が指示している」と公言するプレー振りは、とても頼もしいものです。

 柴崎選手は、遠藤選手の後継者として着々と地歩を固めている感じがします。遠藤選手のテクニックとシュート力は、我が国のサッカー史上でも屈指のものだと思いますから、その後継者となることは、容易なことではないのです。

 日本代表チームとしては、「中盤の要としての遠藤選手の穴を埋めるプレーヤーの発掘」が大きな課題であったとも思います。
 柴崎選手は、その期待に応えてきていると感じます。

 もちろん、遠藤選手と柴崎選手は持ち味が異なります。セットプレー・フリーキックFKの精度・威力は、現時点では遠藤選手の方が上でしょう。(この点では、遠藤選手は日本サッカー史上最高のプレーヤーのひとりでしょう)
 一方で、柴崎選手には「決定的なパスを出す能力」の高さが有ります。ゲームの状況を把握する能力と、正確なパスを出していく能力は抜群の様に感じます。「日本のシャビ」と言ったら、少し褒め過ぎでしょうか。

 私は、柴崎選手にはシャビのような選手に成長して欲しいと考えています。

 一方で、後半に投入された若手プレーヤーの中には、少し物足りないプレーヤーも居ました。特に永井選手は、その持ち味を発揮することが出来ませんでした。永井選手の「タテの突破力」は、日本代表チームにとってはとても大切なものですし、世界的にも中々見られないタイプのプレーヤーだと思います。

 にもかかわらず、このゲームでは殆ど見られませんでした。
 ボールを貰ったら「自ら行く」というプレーに、遠慮せずにトライしていただきたいと思います。永井選手には「日本のロッベン」になって欲しいのです。

 また、武藤選手も目立ちませんでした。武藤選手は10~20mのドリブルからの「意外性満点のプレー」が持ち味だと思います。
 このゲームのような、ゴール前に張り付いたプレーでは持ち味は活きないのではないでしょうか。

 試合後、ハリルホジッチ監督は「美しいゲームに満足している」とコメントしました。辛口であり厳しいことで有名な監督が、こうした表現をするのですから、満足度が高いゲームであったことは明らかです。
 2018年のワールドカップ・ロシア大会に向けての予選開始直前という時期に、ハリルジャパンは良いチームに仕上がってきたのでしょう。

 着任後の短い期間で、よくぞここまで仕上げてきたものだとも感じます。

 6万人を超えるファンで埋め尽くされた日産スタジアムで、日本代表チームは素晴らしいゲームを魅せてくれました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[女子ワールドカップ2015] なでしこ 決勝トーナメント進出
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
ハリルジャパン・イラクに4-0で快勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930