FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [女子ワールドカップ2015] ドイツ PK戦を制して準決勝進出
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [6月26日・ベスト8]
 ドイツ1-1フランス(PK戦5-4)

 フランスチームは、とても良い戦いを120分間展開し、優勝候補筆頭のドイツチームを追い込みましたが、残念ながらPK戦で涙を飲みました。

 試合開始直後の8分間のフランスの攻撃は見事でした。球際のスピードが素晴らしく、イーブンボールの殆どをマイボールとして、ドイツゴール前に殺到しました。
 この8分間に先制点を挙げることが出来ていれば、ゲームは全く違う様相を見せていたことでしょう。

 逆に言えば、この一方的に攻め込まれた8分間を凌ぎ切ったドイツの守備力は、高く評価されるべきなのかもしれません。

 前半20分を過ぎて、ゲームは互角の様相を呈しました。まだまだ攻撃機会としてはフランスの方が多かったのですけれども、ラストパスを容易に決めさせないドイツの守備も堅いものが有りましたので、「得点が入る雰囲気」は有りませんでした。
 「試合は後半25分過ぎ、両チームの選手に疲労の色が見えてから動く」であろうと思いました。

 ところが後半19分、ゲームは引き続き互角の展開でしたが、フランスの14番ネシブ選手がゴール前でシュート、これがドイツディフェンダーに当たってコースが変わり、ドイツゴール左隅に飛び込みました。
 ドイツ守備陣を崩してのゴールではありませんでしたが、「攻め続けたフランスチームに神様が与えたご褒美」のようなゴールであったと感じます。

 一方のドイツチームには、得点チャンスらしいものは殆ど無く、0-0のままゲーム終盤を迎え、両チームの運動量が落ちたところ=ゴール前のプレーヤーの数が少なくなったところで勝負、という感じのゲーム運びでしたので、この1失点は重くのしかかりました。
 後半30分を過ぎて、ゲームは1-0でフランスが押し切るムードでした。

 再びところが、後半38分フランスのディフェンダーがペナルティーエリア内で腕を使ってしまいペナルティーキックPKを取られてしまいます。好事魔多しとはよく言ったものです。

 状況を考慮すれば緊張の極みの中で「難しいPK」を、ドイツの13番シャシッチ選手が良く決めました。ゴール左隅への正確なシュートでした。

 1-1の同点となってからは、両チームのプレーヤーに疲れが目立ち、延長戦突入も止む無しの空気が漂いました。

 延長に入ってからも、攻撃は6:4でフランスが押し気味でしたが、両サイドからのフランスの攻撃は「ラストパスに精度が求められるもの」でしたので、疲労困憊の状況下では、なかなか実を結びません。

 そして延長後半12分、フランスに絶好の、絶好のチャンスが到来しました。ドイツゴール右サイドからのセンタリングをファーサイド=ドイツゴール左サイドに押し込めばよい、完全にドイツ守備陣を崩した形を実現したのですが、このシュートをゴール左側外に外してしまいました。

 このゲームのフランスの敗因はサッカーの神様のみが知る所であろうと思いますが、このチャンスを逃したことが、まさに「勝ちを逃した」ことであったことは、間違いないでしょう。

 延長後半も、フランスチームは良く走り続けましたが、ついに得点には結びつかず、PK戦に入りました。

 PK戦も拮抗した状態が続きました。両チーム4人目まですべて成功して4-4。
 こうした大試合のPK戦としては、珍しいことだと思います。誰一人「枠を外さない」のです。疲労困憊の後のPK戦では、チームのエース級のプレーヤーが枠を外すことは、珍しいことではありません。

 ドイツの5人目もキッチリと決めて、いよいよフランスの5人目となります。
 そもそも、ワールドカップのPK戦で5人のプレーヤーが全員決めるというのは滅多にないことですし、もしフランスの5人目が決めて、サドンデスのPK戦に突入するとすれば、これは本当にレアなゲームだと思いました。

 それ程に、このフランスの5人目、PK戦計10人目のトライは困難を極める物だったのです。

 そして、このシュートをドイツのゴールキーパーGKアンゲラー選手は止めました。
 「PK戦とは、こういうものだ」と言っているような幕切れでした。

 フランスチームは大魚を逸しました。素晴らしい戦い振りであったと思います。
 ドイツチームは勝ちました。「ここで負けるわけには行かない」という強い思いが勝利をもたらしたような試合であったと感じます。

 それにしても、この試合の主審は見事でした。

 カナダ・モントリオールという「フランス語圏」の会場におけるゲームであり、場内は完全にフランス贔屓でしたが、そうした雰囲気とは一切関係無く、かといってドイツ寄りになることも無く、中立・公正・正確なジャッジを続けました。

 このゲームがこれだけ素晴らしいものになった最大の要因でしょう。
 このゲームのMVPは主審であろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[女子ワールドカップ2015] なでしこジャパン 準決勝進出!
NEW Topics
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
Entry TAG
サッカー女子W杯2015・ドイツPK戦を制して準決勝へ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031