FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [女子ワールドカップ2015] チーム力のピークの創り方
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会印象的だったことのひとつに、一次リーグにおいて「調子が出ていない」「チーム造りに失敗したのではないか」と、言わば酷評されていた、日本チームとアメリカチームが決勝に進出したことが挙げられるでしょう。

 日本チームは一次リーグにおいて「得点力不足」を指摘されました。
 グループCにおいて、カメルーンが6-0・スイスが10-1で破ったエクアドルを相手に1点しか取れなかったのです。「得点力不足」の指摘も止むを得ないものだったのでしょう。

 結果として、グループCの得失点差は、1位の日本が+3、2位のカメルーンが+6、3位のスイスが+7と、珍しい形となりました。

 一方のアメリカチームも、第一戦こそ3-1でオーストラリアを破りましたが、第二戦はスウェーデンと0-0の引分け、第三戦で1-0とナイジェリアを下して、かろうじてグループ1位を確保しました。
 圧倒的なスピードとフィジカルの強さをベースとした得点力を誇るチームとしては、物足りない内容でした。

 アメリカのスポーツマスコミは、今大会のアメリカチームを厳しく評したのです。

 しかし、決勝トーナメントに入ると、日本・アメリカの両チームは、自らの持ち味を発揮し始め、着々と勝ち上がりました。
 一次リーグとは見違えるばかりのゲーム内容でした。

 この理由を考えてみると、やはり「チームの調子をピークに持っていくタイミング・戦略」ではないかと思います。

 勝手な感想で恐縮ですが、
 日本チームは準々決勝・ベスト8のゲームに照準を合わせ、アメリカチームは準決勝・ベスト4のゲームにピークを合わせていたように感じます。

 一次リーグの組分けから、決勝トーナメントの組合せを予想すると、日本チームの準々決勝の相手はブラジルチームに、アメリカチームの準決勝の相手はドイツチームになる可能性が高いということになったのでしょう。

 また、ディフェンディング・チャンピオンとして大会に臨んだ日本チームにとっては、「ベスト4進出がひとつの責任ライン」=ベスト4に進出すれば3位決定戦を含め7試合という最多試合数を経験することが出来る、という見方も有ったのではないでしょうか。

 アメリカチームとしては、オリンピックでは優勝し続けているけれども、1999年以降優勝出来ていないワールドカップの決勝進出が、準地元のカナダで開催される大会における「ひとつの責任ライン」であったろうと思いますし、世界ランク1位のドイツと当たるであろう準決勝では、調子をピークに持っていく必要が有ったのではないかと考えます。

 常に行動を共にし、多くの試合を戦ってきている代表チームですから、「チームの調子のピーク調整」は、それ程難しいことではないと思います。

 なでしこジャパンは準々決勝で、予想とは異なるもののオーストラリアを相手に2-1(試合終了直前まで2-0)で快勝し、アメリカは準決勝でドイツを2-0で破りました。
 戦略が見事に功を奏したものと見ます。

 他方、一次リーグの第一戦にピークを持ってきたと思われるドイツチームは、緒戦コートシボワール戦で10-0と大勝し、タイにも4-0で勝って、得失点差+14でグループ1位となりましたけれども、決勝トーナメントに入ると次第に調子を落として行った印象です。
 チーム全体の動きが悪かった準々決勝・フランス戦は苦戦し、PK戦でかろうじて勝ち上がりました。

 私は、フィジカルの強さや持久力・テクニックといったチーム力の基本要素に加えて、こうしたチームマネジメントの面において、アメリカと日本の両チームが他国比優位にあったのではないかと、考えています。

 そして、ピークアウトしてチーム力が下り坂に入ってから、1試合目のアメリカチームと2試合目の日本チームの差が、決勝戦開始直後5分間の差、集中力やスピードのほんの僅かな差に結び付いたのではないか、とも感じています。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[女子ワールドカップ2015] 大儀見選手とソロ選手の対決
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
女子サッカーW杯2015・チーム力のピークの違い  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031