FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [夏の甲子園2015・地方大会] 1イニング一挙8得点と7得点の大逆転
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 7月26日の日曜日は、夏の甲子園2015の地方大会決勝が全国各地で行われました。

 西東京大会と千葉大会も決勝でした。

 この2試合が、よく似た試合内容だったのです。

 試合半ば過ぎまで一方のチームが優勢に、それも相当優勢に試合を運んでいたのですが、もう一方のチームが試合後半に一気に、それも1イニング大量得点で逆転勝利を飾ったのです。

 西東京大会の決勝は、東海大菅生と早稲田実業の対戦となりました。
 試合は東海大菅生が江藤選手の3ランホームランなどで5-0とリードしました。7回を終って5-0のリードでしたから、菅生の勝利は固いという感じでした。

 8回表になってようやく、早稲田実の反撃が始まったのです。
 この反撃にしても、1・2失点なら良しという感じの守りを東海大菅生は展開していたのです。5点のリードは大きいのです。

 ところがヒットが続き、あっという間に4失点。リリーフピッチャーも全くと言って良い程ストライクが入らず、満塁からの連続押し出し四球で逆転。清宮選手のタイムリーヒットまで生まれて、この回一挙8得点。大逆転でした。

 一方の千葉大会決勝は、習志野と専大松戸の対戦でした。
 試合は習志野が、今大会全試合での「初回得点」を始めとして優勢に展開、7回表を終って3-0とリードしました。
 習志野・深田投手の投球も冴えていましたから、伝統校・習志野の甲子園進出かと思われました。

 7回裏になって、専大松戸の反撃が始まりました。
 3-3の同点から、原選手の満塁ランニングホームランが飛び出して一気に逆転。この回一挙7得点の大逆転でした。

 習志野は、リリーフピッチャーがいずれも不調でしたし、原選手のセンター前ヒットを後逸して、ランニングホームランとするなど守備陣も乱れました。

 この2つの大逆転劇は、西東京あるいは千葉という全国的に観ても高いレベルに在るであろう2つの地方大会決勝で発生したという点で、高校野球の難しさというか不確実性の高さを感じさせるものでしたし、ある意味では不思議な現象でもあります。

 地方大会決勝に進出してくるチームなのですから、投手力・守備力共に十分に鍛えられている上に、好調なチーム状態の筈なのです。
 それが、リリーフ投手はストライクが入らず、野手は単純なセンター前ヒットを後逸するというプレーが発生するのですから、怖いものです。

 そして、現代の高校生プレーヤーの指導の難しさも感じます。自分達にとって不利な状況が重なると、メンタル面でパニックに陥ってしまうプレーヤーが多いのかもしれません。
 そう考えなければ、東海大菅生や習志野といった、全国にも名が知れた甲子園常連校で、こうした雪崩のような守りの乱れが発生する理由は無いように思います。

 昨2014年頃から、甲子園大会の優勝校や地方大会の優勝校の選手の中に、試合終了後整列して校歌を聴く際に、大泣きしているプレーヤーが目立つようになってきたことに「違和感」を憶えていました。

 これまでは「笑顔で大きく口を開けて校歌を歌う光景」が広がっていたものです。優勝したチームの選手達は、喜びを満面の笑顔で表現していたのです。
 もちろん以前にも、嬉し泣きをしている選手は時々居ました。こみあげてくる涙を堪え、少し下を向いて喜びをかみしめている様子でした。

 ところが最近は、「勝って大泣き」の選手が多数見受けられます。人目を憚らず、顔を上げ、口を開けての大泣き。選手達のメンタルの構造が変わったのでしょうか。
 こうした感情の起伏が極めて激しいプレーヤー達は、ピンチになると自制心が働かず、普段の実力を発揮しにくくなるのかもしれないと思います。勝敗を争っていく上で、望ましいこととは言えないでしょう。

 現代の高校野球指導者には、選手達に「逆境時の心持ち」を従来以上に教え・訓練して行くことが期待されているのかもしれません。
 もしそうであるとすれば、とても難しいことを要求されていると感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2015・7月場所] 両横綱を破ったまでは良かったが・・・。
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
夏の甲子園2015・地方大会で連続の大逆転  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930