FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [夏の甲子園2015] 外野手の記録に残らないミスが多い大会?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 夏の甲子園2015も3日目を終りました。
 例年通りの熱戦が続き、好試合も見られます。

 一方、今年の大会で少し気になることは、外野手の記録に残らないミスが多いのではないか、ということです。

 内野手の間を抜けるヒットや内野手の頭を越えるヒットのボールを、捕球しようとする外野手がポロリとやってしまい、その間にランナーが次の塁を奪ってしまう、といった形。
 シングルヒットと思われた当たりが二塁打になってしまったり、ランナー1・2塁になると観えたプレーが1・3塁になってしまうとか、1塁ランナーが一気にホームを陥れてしまう、といったプレーです。

 相手チームに次の塁を渡さないためのギリギリのプレーですから、時折はこうしたミスも出るのですけれども、今大会は目立つということとでしょうか。

 特に「外野手の突っ込み過ぎ」が多いように感じます。ライナーで飛んできたヒットに向かって猛然と突っ込んできた外野手が、ボールを確保できずにポロリとやってしまったり、時には後逸してしまったりして、ピンチを広げてしまうのです。

① 試合における「このプレーの位置付け」を理解していない。

 鋭い当たりを捕球しようとする外野手の後ろには、プレーヤーが居ないのですから、キッチリと処理する必要があります。

 一方で、直接取れるか取れないかのギリギリの当たりに対しては、「勝負を賭ける」という意味で、一か八かのプレーが必要な状況も存在することでしょう。
 例えば、1-1の同点で八回裏の守備、ランナーが3塁に居る時などは、「この試合を決めるプレー」にもなりかねませんから、思い切ったプレーでフライアウトを狙うことが有って良いでしょう。

 ところが、試合序盤であれば状況が異なります。
 試合序盤にこうした思い切ったプレー=リスクが高いプレー、に挑み失敗すれば、慎重なプレーをしていれば1失点で留めることが出来るのに、傷口を広げてしまい、大量失点に結びついてしまう可能性があるのです。

 この試合序盤・中盤での外野手のミスは、チームにとって致命傷になりかねません。

② ランナー側の技術の進歩

 「積極的な走塁」と言っても良いのかもしれませんが、攻撃側のランナーの「相手守備陣の隙を見逃さないプレー」が、近時目立つようになりました。

 例えば、センター前ヒットでも、相手外野手が少しでも緩慢なプレーを見せれば、従来以上に積極的に次の塁に走るのです。

 こうしたプレーは、野球という競技の本質である「次の塁を狙うための時間を稼ぐスポーツ」という意味を十分に踏まえたプレーが出来てきていることを示しているとも言えるのでしょう。
 この場合には、「時間を稼ぐ」というより「相手がくれた時間を有効活用する」ということになるのかもしれません。

 こうしたプレーを持ち味としているチーム、例えば健大高崎高校のような「隙の無い走塁を持ち味とするチーム」も増えてきています。
 
 野球における常識、例えばランナー一塁で次の打者がシングルヒットを打ったら、ヒットエンンドランがかかっていない限りはランナー1・2塁となるとか、1死ランナー二塁で次の打者がシングルヒットを打ったら、ランナー1・3塁となる、といった常識が通用しない時代が来ているということでしょう。
 外野手が、ヒットのボールを一度で捕球できず、横に1mでも逸らせば、たちまち次の塁を奪われてしまうのです。ランナーは、外野手の動き・様子をしっかりと観察しながら走っているのです。

 ギリギリのプレーの中で、ひとつでもアウトを取りたい、少しでも相手に走塁の時間を与えたくない、という思いから、いつも以上のスピードでプレーをするという外野手の気持ちは分かりますが、後ろにはフェンスしか無い外野手の守備は基本的には「安全第一」であることも、認識しておかなくてはならないのでしょう。
 慌てることは無いのです。

 自らの前に飛んできたヒットのボールを、落ち着いて捕球し、しっかりと2塁ベース上に返球するといったプレーを観ると、「良く鍛えられているチーム」を感じます。
 こうしたプレーは、その落ち着いた動き自体が「ゲームを落ち着かせるプレー」でもあるのでしょう。自軍の守備陣全体を、バタバタした雰囲気にしてしまい、次のプレーにも影響を残すことは、絶対に回避する必要があります。
 
 満塁の状況で、ライナー性のセンター前ヒットを打たれ、中堅手がこれを後逸してランニングホームランにしてしまうといったプレー、本来なら1失点のところを4失点してしまうといったプレーは、本当に「もったいないプレー」です。
 日々一生懸命練習してきた「自らの野球」を台無しにしてしまうものかもしれません。

 何か、当たり前のことを書いてしまい恐縮ですが、外野手の皆さんには状況を見極めた「安全第一」のプレーをお願いしたいと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2015] 智弁和歌山高校の思いもよらぬ乱れ
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
夏の甲子園2015・外野手の守備  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930