FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [東アジア大会2015] 一軍と二軍の差、「なでしこ」と「ハリル」の差
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本・中国・韓国・北朝鮮の4か国で争われる、サッカーの東アジア選手権2015が8月9日に終了しました。

 日本代表チームは、なでしこジャパンが1勝2敗で3位、ハリルジャパンが0勝1敗2引分で4位・最下位という、不本意な結果でした。

① 一軍と二軍の差

 若手主体の今大会の日本代表チームでしたが、それにしても、なでしこ・ハリル共に、散々な成績でした。
 完全アウェイといっても、この成績は有ってはならないレベルでしょう。国際大会の成績は重いものです。

 なでしこジャパンは、先日のワールドカップで準優勝し、世界トップクラスの実力・「なでしこの強さ」を示したばかりでしたが、そのチームが東アジア地域で3位というのは違和感があります。

 ハリルジャパンに至っては、東アジア大会史上最低の成績というのですから、「無様」なものです。

 本来のなでしこ・ハリルの主力選手が居るチームと今回のチームを比較すると、個々のプレーヤーの能力であれば、大きな差は無いように観えます。

 にもかかわらず、結果には大きな差があるように観えます。

 フィジカル・テクニック・メンタルといった要素の各プレーヤー個々の差というよりも、「国際大会を戦うノウハウ」の差と見た方が良いのかもしれません。

 これは「経験不足とは異なるもの」です。

 例えば、男子の本田選手や岡崎選手、女子の宮間選手や川澄選手は、初代表の時から十分に国際大会で通用するプレーを見せていたと思います。

 「球際での強さ」「骨身を惜しまぬ献身的な動き」「ひとつのパスが上手く繋がらなくとも第二弾・第三弾の攻撃パターンを展開できる力」といった、国際試合で不可欠のスキルは、もともとの才能としてプレーヤーに備わっているものなのかもしれません。

② なでしこジャパンとハリルジャパンの差

 2敗となり優勝可能性が消えたなでしこジャパンは、第三戦の中国戦で力を発揮し2-0で勝ちました。
 0勝では日本に帰ることができない、という思いだったのかもしれませんが、第三戦の試合内容は気迫溢れるものでした。

 一方、ハリルジャパンの第三戦・中国戦は酷いものでした。
 開始早々、守備陣が再三裏を取られるシーンが目立ち、これは危ないなと観ていると前半10分に失点しました。ボールへの執念や球際の気迫が全く感じられない、粗末なプレーが続きました。

 この大会のハリルジャパンは、個々のプレーヤーが「自分の足許にボールが来た時だけ勝手なプレーをする」というチームに観えました。国際大会で戦って行く資格が無いチームと言っても良いでしょう。

 目の前50cm~1mを通り過ぎるボールを取りに行こうとする動きや、自分がボールを取られた時に取り返すために本気で追いかける、といった国際試合に不可欠なプレーは、全くと言って良い程見られませんでした。
 一本の細い糸のような「見え見えの攻め」が途中でカットされると攻撃が終わってしまうのでは、国際試合での得点力は生まれません。

 厳しい書き方で恐縮ですが、得点を取る意思・試合に勝つ意欲が感じられないチームを、日本代表にしてはならないのでしょう。

 東アジア大会2015は、日本代表チームの「広義の選手層の薄さ」が露呈した大会であったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2015] 高岡商と関東一 壮絶な打ち合い!
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
東アジア大会2015・なでしことハリルの戦いぶり  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031