FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [大学ラグビー]  関東大学ラグビー 対抗戦とリーグ戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 関東大学ラグビーには、対抗戦グループとリーグ戦グループの二つのグループが存在していて、各大学はそれぞれのグループに所属してシーズンの試合を戦っています。
 伝統校が所属する対抗戦グループと新興校が所属するリーグ戦グループと言われることもありますが、実際はどうなのでしょう。そもそも、何故このように解りにくい状況になっているのでしょうか。

 我が国ラグビーのルーツ校が慶應義塾大学であることは有名ですが、以下に各大学においてラグビー部が出来た年次を表記します。大学名は現在の大学名とし、有名な試合・グループについては、その開始年も表記します。

① 1899年慶應義塾大学ラグビー部創設
② 1910年京都大学ラグビー部創設
③ 1911年同志社大学ラグビー部創設→1912年慶同戦開始
④ 1918年早稲田大学ラグビー部創設→1922年早慶戦開始
⑤ 1921年東京大学ラグビー部創設
⑥ 1922年一橋大学ラグビー部創設
⑦ 1922年明治大学ラグビー部創設→1923年早明戦開始
⑧ 1923年青山学院大学ラグビー部創設
⑨ 1923年立教大学ラグビー部創設
⑩ 1924年中央大学ラグビー部創設
⑪ 1924年法政大学ラグビー部創設
⑫ 1928年日本大学ラグビー部創設
⑬ 1928年日本体育大学ラグビー部の前身の同好会結成
⑭ 1928年関東5大学対抗戦開始(慶応、早稲田、東京、明治、立教)
⑮ 1929年拓殖大学ラグビー部創設
⑯ 1931年専修大学ラグビー部創設
⑰ 1933年関東大学対抗戦に一橋と法政が加わり7校となる。
⑱ 1943年太平洋戦争の影響により関東大学ラグビーの試合が行われなくなる。

 以上が、太平洋戦争終戦以前の主な歴史になります。私は、伝統校か新興校かという区分自体には、あまり意味は無いと思いますが、もし区分するのであれば「ラグビー開始が終戦前と以後」というのは、ひとつの物差しになると思います。
 そして、戦後を迎えます。関東大学ラグビーが対抗戦グループとリーグ戦グループに分かれていくのは、戦後の動きによります。

・1946年関東大学ラグビー対抗戦、再開
・1950年前後、慶応・早稲田が試合数を減らし、一部の大学との対戦を行わなくなる。

・1954年明治・日本・中央・法政・筑波の各大学が5大学リーグの創設を日本ラグビーフットボール協会に申し入れるが、創設できず。

・1957年対抗戦参加校の増加(12校)により、対抗戦AグループとBグループの2グループを設置。入替戦方式を導入。
・1958年日本体育と防衛の2校がBグループに加入し、参加校は14校となる。
・1960年~61年慶應・早稲田が相次いでBグループに転落。
・1963年2グループ制を廃止。「義務4試合+選択3試合以上」の変則対抗戦制度を導入

・1964年加盟14校を並立の2ブロックに分けることを決定。両ブロックの1位同士の対戦で優勝校を決定する方式。(Aブロック.法政・日本体育・中央・筑波他、Bブロック.慶応・早稲田・明治・日本・立教他)

・1965年東西学生大会(後の大学選手権大会)開始(関東2校、関西2校が出場)
・1965年2ブロックの編成替えを巡って、大学間の対立が強まる。結局、早稲田・慶応・明治が中心となって主張した対抗戦方式に戻すことを決定。
・1966年早稲田・慶応・明治・日本体育の各校と対戦が無い法政が8戦全勝で優勝。

・1967年関東大学ラグビーフットボール協会傘下の大学で、総当たり方式を主張する大学(法政・中央・日本・専修・大東文化他)が総当たりのリーグ戦を開始。リーグ戦グループが発足。

・1968年7月リーグ戦を行う各大学が関東ラグビーフットボール連盟を創設。当該連盟に所属する各校のグループが、関東大学ラグビーリーグ戦グループと呼ばれることとなる。一方、対抗戦方式で試合を行い、当該連盟に所属しない各校のグループを、リーグ戦グループと区別するために対抗戦グループと呼ばれることとなる。(対抗戦Gには、「連盟」のような組織は存在せず)
 大学選手権出場校を決めるための、両グループの成績上位校同士による交流試合が開始される。

 以上、関東大学ラグビーが、対抗戦グループとリーグ戦グループに分かれた経緯を簡記しました。

 この経緯を見ると、伝統校が対抗戦グループ(以下、対抗戦G)で、新興校がリーグ戦グループ(以下、リーグ戦G)といった単純なものでは無いことが、良く解ります。

 リーグ戦Gに属する法政・中央・日本といった大学は、上記⑩~⑫の1920年代にラグビー部が出来ていて、対抗戦Gの日本体育大よりは古くからラグビーを行っていました。どちらのグループにも、伝統校と新興校が所属しているのです。

 また、総当たりのリーグ戦方式を導入しようと、1954年・昭和29年に最初に動いた5大学には、現在対抗戦Gに属する明治・筑波の2校が含まれています。総当たり制を主張する各校が、リーグ戦Gを形成したというわけでもなさそうです。

 リーグ戦Gが発足し、それに対応する形で対抗戦Gという呼び名が出来上がったのは、1968年・昭和43年という、比較的新しい時期です。この時期は、我が国が1964年・昭和39年の東京オリンピックを完遂し、世界に日本国の戦後復興が完了したことを高らかに示し、オリンピック後の不景気の時期を乗り越えて、いわゆる高度成長期に突入した時期と重なります。
 高度のインフレが進行し、物価が毎年二桁の上昇を続ける一方で、企業の生産活動も盛んになって、労働者の賃金もインフレ率を追いかけながら上がって行った時期です。実質的な購買力はともかくとして、国民は個人ベースでも毎年所得金額が相当に増加していて、国民の顔にも笑顔が溢れていた時期でもあります。おそらく、戦後の日本人が最も元気が良かった時代でしょう。

 この時期に、関東大学ラグビーの各大学は議論を重ね、離合集散を繰り返し、結果として2つのグループに袂を分かち、現在に至っています。対抗戦Gもリーグ戦Gも、我が国の大学ラグビーの歴史に、大きな足跡を残してきたことは間違いありません。
 
 ただし、現在の対抗戦Gとリーグ戦Gを見ると、新しい血の導入により弾力的に対応してきたのは、リーグ戦Gであるように見えます。
 1986年にリーグ戦G所属の大東文化大学が大学選手権に初優勝し、以降1994年までの間に、3度の大学日本一に輝きました。また、1997年には、やはりリーグ戦G所属の関東学院大学が大学選手権に初優勝し、以降2006年までの間に、6度の大学日本一になっています。
 そして、2011年度シーズンには、流通経済大学が初めてリーグ戦Gを制しました。2012年度シーズンも流経大はリーグ戦Gの優勝を争い、大学選手権の有力校のひとつに数えられています。
 関東大学リーグ戦グループは、伝統校である法政・専修・日本・中央の各大学も健在ですが、前述のような新興校も大活躍する、フレキシビリティ溢れるグループです。

 話が飛びますが、大阪万国博覧会の太陽の塔などの作品で知られる、芸術家の岡本太郎氏がテレビのインタビューに答えていました。相当昔の話です。
 「若い頃、秋田の『なまはげ』を観たことがある。とても怖くて、子供達も怯えて泣きまくっていた。私も、凄い迫力を感じた。」「それから何十年かして、再びなまはげを観る機会があったが、全然怖くない。子供達もあまり怖がらなくなっていた。それから、なまはげをやる人達は、子供たちが怖がるように、お面他を手直ししたと聞いている。そして、怖いなまはげが復活したと聞いている。伝統行事というのは、どんどん変わって行かないと維持できない。時代時代に合わせた変化が、伝統を守るためには必要なんだ。」と。

 「歴史と伝統を維持していくためには変化が必要」だという、一見矛盾した話のようですが、正論だと思います。時代の変化に合わせて、自身が変化していくことで、歴史を積み上げていくことが出来る、言い換えれば、衰亡しなくて済むということなのでしょう。

 話を、関東大学ラグビーに戻します。

 リーグ戦Gに比べて、新しい血の導入が遅れているように見えた対抗戦Gですが、1990年代の後半から帝京大学が伸びてきました。
 1996年の対抗戦Gで3位となった帝京は、1999年・2003年・2005年には2位となり、着実に順位を向上させました。そして、ついに2008年には対抗戦Gで1位となりました。続いて、2009年・2010年・2011年には、大学選手権を3連覇しました。大学選手権の歴史の中でも同一大学3連覇は、1982年~84年の同志社との2校が達成しているに過ぎない、大記録です。

 早稲田や明治といった対抗戦Gの強豪校は、まず1980年代に大東文化、1990年代に関東学院というリーグ戦Gの新興校と激闘を繰り広げ、2000年代後半からは同じ対抗戦Gの帝京やリーグ戦Gの流経と凌ぎを削る時代がやってきたのです。関東大学ラグビーの活性化・発展にとっては、とても良いことだと思います。

 一方で、対抗戦Gのいわゆる伝統校、慶応や早稲田や明治といった大学は、自身の浄化力というか変化していく力によって、自校伝統のラグビーを維持・発展させているように観えます。この3校の試合ぶりも、最近の20年間で随分変わりました。この「変化できる力」こそが、この3校の強さの源なのでしょう。
 
 関東大学ラグビーは、歴史上の様々な事象を乗り越えて、今日も日本の大学ラグビー界、ひいては日本のラグビー界を牽引し続けています。対抗戦グループとリーグ戦グループの存在は、関東大学ラグビーの存続のために必要な形だったのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[関東大学ラグビー]  関東学院大学 2部へ降格
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
関東大学ラグビー対抗戦グループ   関東大学ラグビーリーグ戦グループ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930