FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [全米プロ2015] ジェイソン・デイ選手 ついにメジャー制覇!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 オーストラリアのジェイソン・デイ選手が、8月16日に最終日を迎えた全米プロ選手権大会を制しました。
 デイ選手にとって初めてのメジャートーナメント優勝でした。

 2015年の四大大会を締めくくる今大会、今季のメジャー3大会連続、全米オープン・全英オープン・全米プロ、「最終日・最終組」で回ったデイ選手が優勝したというのは、今シーズンの活躍に対するご褒美のような感じもします。

 優勝争いは、二日目を終わった時点での本ブログの記事でも観たように、ジェイソン・デイ、ジョーダン・スピース(アメリカ)、ジャスティン・ローズ(イングランド)の3選手の争いとなりました。

 サンデーバックナインの後半に入って、ローズ選手が伸び切れず脱落し、デイ選手とスピース選手の競り合いになりました。

 15番ホールを終えて、デイ選手が19アンダーパー、スピース選手が16アンダーと3打差。デイ選手が相当有利な状況でしたが、メジャー未勝利であったデイ選手にとっては、今季メジャー2勝のスピース選手の存在は大きなものだったことでしょう。

 16番ホール・パー5・569ヤード。
 デイ選手のティーショットは365ヤードと報じられました。PGAツアー屈指の飛ばし屋の力を示すロングドライブでした。そしてキッチリと2オン。
 一方のスピース選手は第2打をバンカーに落としてしまいましたから、デイ選手が相当有利かと思われましたが、スピース選手はこのバンカーショットを50cmに寄せます。さすがに、こうしたショットが打てなければ、メジャー連覇(マスターズ→全米オープン)は出来ないのであろうと感じさせる、「ここぞという場面」での正確なショットでした。

 デイ選手も2パットでホールアウトし、両選手ともバーディ。デイ選手が20アンダー、スピース選手が17アンダーとなりました。

 17番ホール・パー3・223ヤード。
 距離の有るパー3ホール。ティーショットのミスが大トラブルに繋がる可能性の有るホールでしたが、両選手ともグリーンをヒットしました。

 デイ選手が13m位、スピース選手が11m位と、二人とも長いバーディパットとなりました。
 まずデイ選手がファーストパットを50cm弱に寄せました。メジャートーナメントの難しいグリーンで、優勝を争う状況では「ベストショット」であったと思います。
 もし、上り3ホールで「優勝を決めたショット」を選ぶとすれば、この17番ホールのファーストパットだと思います。「3打差で最終ホールを迎える」という絶対優位な展開を担保したプレーでした。

 このデイ選手のパッティングに少し押されたのか、パットの名手・スピース選手のファーストパットはショートし、1.5m位のパーセービングパットを残しました。
 しかし、さすがはスピース選手。この「嫌な感じ」のパットをキッチリと決めてパー。デイ選手との差を広げられることはありませんでした。

 18番ホール・パー4・520ヤード。
 距離の有るパー4、難しいホールです。
 とはいえ、このホールのティーインググランドに「3打差」で立つことが出来たデイ選手は、落ち着いていました。ティーショットがFWをヒットします。
 一方のスピース選手もFWヒット。もし、デイ選手にミスが生まれれば、何時でも逆転するぞ、という気迫は全く衰えていません。凄いプレーヤーです。

 2人の第2打も、綺麗にグリーンをヒットしました。2人の技術の高さ、今大会での調子の良さを感じさせるショットの応酬であったと思います。

 この最終ホールの第2打がグリーンをヒットした時、デイ選手の悲願のメジャートーナメント制覇が決まりました。
 観客の大きな拍手を受けながらグリーンに登ったデイ選手の目から涙が溢れました。

 相当長いパッティングでしたが、涙を拭って打ったファーストパットは30cmに寄せるグッドショットでした。
 
 20アンターパーという優勝スコアは、メジャートーナメント歴代最多アンダーパー記録という素晴らしい成績でした。これまでの記録は、タイガー・ウッズ選手の全英オープン・セントアンドリュースにおける19アンダーでした。

 20世紀終盤から長く続いた「タイガー・ウッズ選手の時代」から「ロリー・マキロイ選手の時代」に移り変わったかに観えた2013~14年シーズンでしたが、2014~15年シーズンにはジョーダン・スピース選手とジェイソン・デイ選手が覇権争いに加わりました。
 圧倒的な飛距離を誇るババ・ワトソン選手やダスティン・ジョンソン選手も、一歩も引かぬ構えでしょう。

 現在の世界のゴルフ界は、まさに「群雄割拠の時代」なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2015] 「美しい」 清宮幸太郎選手の打撃
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
[ブンデスリーガ2020~21(無観客)] 9月18日 開幕
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
Entry TAG
ジェイソン・デイ選手全米プロ2015制覇  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031