FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2015] 福岡ソフトバンク・ホークス 独走!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 一時期は全球団が借金生活をしていたセントラル・リーグでは、ようやく阪神タイガースと読売ジャイアンツが一定の貯金を積み上げて首位争いを展開するようになってきましたが、対照的にパシフィック・リーグの方は、ソフトバンク・ホークスが悠々と首位を独走しています。

 8月21日終了時点で106試合を消化して、69勝34敗3引分・勝率.670で2位の日本ハム・ファイターズに8ゲーム差、優勝へのマジックを27としています。

 「貯金数35の方が負け数34より多い」というのですから、圧倒的な強さでペナントレースを走っているということになります。

 実は、大きな差を付けられて2位に居る日本ハムも、110試合を消化して64勝45敗1引分・勝率.587という、「例年なら優勝を狙える成績」を残して来ているのです。

 上位2チームがこれだけ高いレベルの成績を挙げてきているということは、下位に大きな借金を重ねているチームが居るということで、楽天ゴールデンイーグルスが借金14、オリックス・バッファローズが借金18に喘いでいる形です。

 正直に言って、開幕前に今季パ・リーグのペナントレースでソフトバンクがこれ程の独走を見せるとは、思いませんでした。
 各チームの力量が接近していて、混戦になるであろうと予想していました。強いて言えば、大谷翔平投手や中田翔選手といった「若き大砲」を有している日本ハムが少し有利かなと考えていた位です。

 しかし蓋を開けてみれば、大差のレースとなっています。

 これ程の勝率を維持しながら首位を独走するのですから、ソフトバンクの投打のバランスが良いことは明らかです。(記録は8月21日終了時点)

① 打線

 まずは、柳田悠岐選手・李大浩選手・松田宣浩選手のクリーンアップトリオでしょう。この3選手は、打率も3割以上(松田選手がこのところ少し落としていますが)をキープすると共に、25本・26本・25本という本塁打数を示現しています。
 打点も、78・79・72という、ほぼ同水準の高いレベルを示現しているのです。

 「ここぞという場面で3人のうちの誰かが打つ」という、文字通りのクリーンアップを組成していることになります。

 最近の野球では、「どこからでも点が取れる打線」が良いように言われますが、私はそうは思いません。それぞれの選手が役割分担を忠実に熟し、クリーンアップが打点を積み上げる打線が最強であると考えています。
 「どこからでも点が取れる打線」というのは、「チーム全体の調子が悪くなれば、どこからも点が取れない打線」になってしまいがちだと思うのです。
 どんな組織においても「軸」「幹」は必要なのでしょう。

② 投手陣

 一方の投手陣はというと、「絶対的エース」は居ません。

 勝ち星を観てみると、スタンリッジ投手と武田翔太投手が9勝で勝ち頭、摂津正投手が8勝、寺原隼人投手と中田賢一投手が7勝、バンデンハーク投手と二保旭投手が6勝で続きます。

 10勝以上を挙げている投手こそ居ませんが、何と「層の厚い投手陣」でしょうか。前述の投手陣だけでも、7人もの投手が6勝以上=パ・リーグの勝ち星上位20傑に入っているのです。

 これはこれで、もの凄いことだと感じます。

 日本プロ野球史上でも、これほど分厚い投手陣を保持していたチームが存在したのだろうか、とも思ってしまいます。

 これだけの投手陣を用意していれば、
・各々の投手は十分な登板間隔を持ってゲームに臨むことが出来ますし
・故障者が出ても十分に対応可能です。

 「ペナントレースを勝ち抜くには理想的な投手陣」でしょう。
 日本プロ野球2015・パシフィック・リーグにおける、福岡ソフトバンク・ホークスは「破壊力十分の打線」と「粒揃いの投手陣」という、素晴らしいチームとなっています。

 そして、このチームを率いている工藤公康監督も、「新人監督」とは思えないようなチーム造りと采配を魅せています。

 個性豊かなプロ野球選手達、それもこれだけの数のトップクラスの選手達に生き生きと働いてもらうことが、監督の最大の仕事なのでしょうが、工藤監督はこれを見事に実践しています。
 当然ながら、とても難しいことを実行してきているのです。素晴らしいことだと感じます。

 ペナントレースにおけるソフトバンクの独走は、これからも続くことでしょう。

 そして、悠然たる優勝を遂げることでしょう。

 気の早い話で恐縮ですが、ポストシーズンにおける戦い振りを観てみたいと感じます。
 短期決戦における、特に投手陣の運営は興味深いものになると思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2015] 一塁ベース近くの「カメラマン席」
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
NPB2015・福岡ソフトバンクホークス独走!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930