FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬] 第57回有馬記念 予想
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2012年12月23日、中山競馬場内回り芝コース2500mで行われる、第57回有馬記念競走G1の予想です。

 今年もフルゲート16頭の精鋭が揃いました。一方で、オルフェーヴルとジェンティルドンナという、現在我が国最強の牡馬と牝馬が出走しないのは、少し残念ですし、予想の面では、このレースをとても難しいものにしています。

 軸馬の検討です。
 G1競走の優勝実績がある格上の馬達の中には、近時の成績が安定しない馬が居ます。ローズキングダム、エイシンフラッシュ、アーネストリー、オウケンブルースリ、ビートブラックがこのタイプです。
 一方、近時の上がり馬では、前述の馬達に地力では勝てないと思います。

 こうした観点から観ると、
 軸馬候補の一番手は、5枠9番のルーラーシップ。今年の競走成績は、とても安定しています。6戦して、重賞2勝(内G1が1勝)、2着1回、3着3回と、G1級のレースでも大崩れしない点は、軸馬の資格があります。ただし、勝ち切れないレースが続いている点は気になります。勝ち切れないレースを続けて、ピークを過ぎてしまうことは、よくあることです。
 軸馬候補の二番手は、7枠13番のゴールドシップ。今年の皐月賞と菊花賞を制した二冠馬です。デビュー以来9戦して、3着以下は日本ダービーの5着一回のみと安定感は抜群。今年の3歳馬のレベルの高さを勘案しても、軸馬の資格は十分です。ただし、菊花賞のレース振りは一杯一杯でした。レース展開に左右されない程の圧倒的な地力は、まだ無いように思います。
 軸馬候補の三番手は、8枠16番のルルーシュ。11戦して、1着6回と高い勝率を残していますし、4着以下が2走のみと、安定感も十分です。ただし、重賞勝ちはアルゼンチン共和国杯G2の1勝のみですから、格という点では見劣りします。

 この3頭から軸馬を選択します。難しいところですが、ゴールドシップにします。
 後方からの競馬が多い点は、有馬記念の性格から観て不安材料ですが、右回りレースに強いこと、中山競馬場の皐月賞に勝っていること、そして10月21日の菊花賞以来のレースで疲労残りの懸念が無いことから、軸馬としたいと思います。

 対抗馬の検討です。前述の2頭も、対抗馬候補です。
 続いての対抗馬候補は、1枠2番のエイシンフラッシュ。成績が安定しないG1優勝馬の中では、最近G1天皇賞(秋)に勝っています。右回りコースにも実績があります。
 続いての対抗馬候補は、2枠3番のスカイディグニティ。重賞勝ちの実績はありませんが、前走G1菊花賞2着、前々走G2セントライト記念も2着と、大レースで健闘しています。成長時期と考えると、今回も期待できます。
 続いての対抗馬候補は、3枠6番のオーシャンブルー。前走G2金鯱賞をレコードで勝ちあがった上がり馬です。12戦6勝と勝率も高いので、大駆けの期待十分です。
 続いての対抗馬候補は、4枠8番のトレイルブレイザー。前走、前々走はアメリカでの競馬。特にG1ブリダーズカップ・ターフの4着は健闘でしょう。我が国でもG2を2勝している実力馬です。
 続いての対抗馬候補は、5枠10番のダークシャドウ。前走、前々走のG1を連続4着。展開に恵まれれば、2着はあります。
 続いての対抗馬候補は、8枠15番のナカヤマナイト。中山競馬場での実績が十分です。ただし、外枠の不利が心配です。

 以上から、対抗馬を選出します。
 対抗馬一番手は、スカイディグニティ。菊花賞でゴールドシップを追い詰めた脚は本物でしょう。
 対抗馬二番手は、トレイルブレイザー。ゼンノロブロイ譲りの豪脚に期待します。
 対抗馬三番手は、エイシンフラッシュ。気分屋さんですが、ツボにハマった時の強さは格別です。

 今回は、以上の4頭に期待します。展開次第で、結果が大きく変わるレースです。2012年を締めくくる、素晴らしいレースとなることを期待します。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[駅伝] ラストスパート考
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
第57回有馬記念予想   ゴールドシップ   スカイディグニティ   トレイルブレイザー   エイシンフラッシュ  
Comment
30
ts
葦毛のGホース期待です。
来年はプラチナな年となると良いですね。

31
コメントありがとうございます。
今レースが終わりました。
ゴールドシップ、優勝おめでとうございます。
ゴール前の脚色は凄かった。久々に強い葦毛馬ですね。
やはりローテーションが良かったように思います。

> 葦毛のGホース期待です。
> 来年はプラチナな年となると良いですね。

32
StayGold OneTwo Finish
迫力の有る直線の追い比べでしたね。見応えありました。
それにしても、あれだけの不利をものともしないルーラーシップは相当強いのだね。次走が期待かな?

33
大好きなダークシャドウは未知な中山で6着
相変わらずの善戦マン(T△T)

それにしても、色々ドラマのある有馬記念。
今年もルーラーシップが見せてくれたのと、
皇成の一瞬夢見ました感の走りが楽しかったなぁ。

彼は今後GⅠを取れるのだろうか?

34
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、迫力満点の追い比べでした。
あの出遅れから3着に突っ込んできたルーラーシップが強いことも間違いありません。
ただし、絶対スピードが僅かに足りないために、勝ちきれないレースが続いていることも
事実です。
ルーラーシップが勝つためには、展開に注文がつくように思います。

これからも、コメントよろしくお願いします。

> 迫力の有る直線の追い比べでしたね。見応えありました。
> それにしても、あれだけの不利をものともしないルーラーシップは相当強いのだね。次走が期待かな?

35
コメントありがとうございます。
ダークシャドウは、これから本格化してほしいと思います。
可能性は十分有ると思います。

ルーラーシップは、あの出遅れから3着に来るのですから
強いことは間違いありません。
ただし、G1レースを勝つには、少し絶対スピードが足りないようにも
思います。展開に注文がつくところが難しいところです。

これからも、コメントをよろしくお願いします。


> 大好きなダークシャドウは未知な中山で6着
> 相変わらずの善戦マン(T△T)
>
> それにしても、色々ドラマのある有馬記念。
> 今年もルーラーシップが見せてくれたのと、
> 皇成の一瞬夢見ました感の走りが楽しかったなぁ。
>
> 彼は今後GⅠを取れるのだろうか?

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930