FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  ラグビー日本代表 次期ヘッドコーチの仕事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ワールドカップ2015で、日本ラグビー史上初の「3勝」を成し遂げたエディ・ジョーンズヘッドコーチHCが退任し、次のHCの選任作業が始まりました。
 60人前後の候補者の中から選ばれると報じられています。

 今回は「次期HCの仕事」「次期HCに期待されること」を書いて行きたいと思います。
 特にラグビー競技に限定された内容では無く、「当たり前のこと」を書きそうですが、お付き合いください。

1. 戦略の立案・目標の策定

 ナショナルチームの監督の仕事としては、当然のものになりますが、実は最も難しいことなのではないかと思います。

① 「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
 有名な孫子の兵法の一文ですが、日本代表チームの「強み」と「弱み」をキッチリと把握し、チーム造りの大方針を立てる必要があります。エディ・ジョーンズHCの仕事ぶり中で、最も優れていたポイントのひとつであろうと感じます。

 肝心なのは「強み」と「弱み」の把握が正確かどうか、でしょう。「敵」、すなわち世界中の強豪チームの実力・作戦等々を十分に知っていなければなりませんし、日本チームの内情にも精通していなくてはなりません。

 ちなみに、孫子には「敵を知らず己を知らざれば百戦悉く危うし」という言葉も有ります。

② 目標達成の為に「為すべきこと」の明示
 次期HCに求められる大目標としては、日本開催となるワールドカップWC2019における「ベスト8進出」が挙げられるのでしょうが、「WC2019のベスト8進出」というのは、それ自体にはあまり意味の無いスローガンだと思います。大切なのは「ベスト8進出の為に為すべきこと」の明示でしょう。

 そう簡単には見つけられないポイントです。

③ 長期の目標と短期の目標
 目標には、達成のための期間が存在します。4年後までに達成すべき目標、1年後までに達成すべき目標、半年後までの目標、3か月後までの目標、1か月後までの目標、1週間後までの目標、そして今日達成すべき目標、等々、目標はきめ細かく具体的に策定されなければならないものでしょう。

 HCを始めとするチームスタッフは、毎日この目標策定をして行かなければなりません。「目標策定に追われる」という感じではないでしょうか。「寝ている暇もない」という感じかもしれませんが、ここがしっかりしていなければ、強いチーム造りは出来ないと思います。

 エディ・ジョーンズHCは、この課題を相当高いレベルで実現していたように観えます。私生活を相当犠牲にしていたのではないでしょうか。
 まさに「お疲れ様でした。ありがとうございました。」というところです。

④ 世代交代への対応
 4年間という期間は、長いようで短く、短いようで長い、ものでしょう。WC2015のメンバーの中でWC2019でもプレーできる選手が、どれくらい居るのかも含めて、メンバーの選定は重要なことです。

 WC2015後のインタビューで、エディ・ジョーンズHCは「WC2019日本大会で、日本チームがベスト8に進出するのは相当難しい」とコメントし、その理由として「大事なポジションのプレーヤーが居ない」と説明しました。
 全く、おっしゃる通りだと感じます。

 エディ・ジョーンズHCはWC2015を戦って見て、ベスト8に進出するチームと日本チームの「差」を肌で感じ、その差が極めて大きいことを改めて把握したのでしょう。

 両フランカーやNO.8のフォワード第3列とか、バックス陣とか、「ここにこうしたスキルの選手が複数居てくれれば」と、感じたのではないでしょうか。連戦と避けられない故障者の発生を考慮すれば、WCを勝ち抜いて行くには「肝心なポジションに複数の優秀なプレーヤー」が必要なことは、自明の理でしょう。

 エディ・ジョーンズHCの眼から、WC2019における日本チームをイメージした時に、プレーヤーの不足を痛感したということになります。

 日本出身プレーヤーで足りないのであれば、外国出身プレーヤーを登用していかなければなりません。そのためには「時間が不足」しているのです。早々に必要なスキルの、あるいは必要なスキルを4年間の内に身に付けて行ってくれるであろうプレーヤーを、日本に集めてこなければなりません。

2. 強化体制の構築

 チームを強化するためには、スタッフを充実させなければなりません。
 コーチ陣・メディカルスタッフを始めとするスタッフを集めなければならないのです。

 エディ・ジャパンにおける「スクラム担当コーチ(フランスから招聘)」の働きが素晴らしかったことは、よく知られていますが、日本チームに合ったコーチを世界中から発掘して招聘して行くことは、HCの大切な仕事でしょう。

 HCには、世界に通用する「プレーヤーを見抜く眼」とともに「コーチ・スタッフを見抜く眼」も必要なのです。そして、そうした人材に「日本に来たい」と感じさせる魅力も必要でしょう。
 相当難しい仕事です。

3. 個々のプレーヤーを鍛えること

 前述の戦略・目標の達成に向けて、個々のプレーヤーを鍛えていかなければなりません。

 もちろん、ハードなトレーニングを積み上げていくことになります。エディ・ジャパンのトレーニングの厳しさは、再三報じられている通りです。「オーストラリア代表チームでも2週間で音を上げるトレーニングを続けた」と言われます。凄いことです。

 トレーニングの量と共に、肝心なのはトレーニングの質です。あるトレーニングを10本行うとして、10本キッチリ行うか、8本目以降は「少し手を抜くか」では全く異なる結果となるのでしょう。

 「エディ・ジョーンズのトレーニング方法・内容」については、これまでに十分に把握・習得した、と日本のラグビー関係者は思っているのかもしれませんが、それはトレーニングの種類と量が記録に残っているだけで、「質」についての把握は難しいことでしょう。

 「質」の高いトレーニングを、選手に取り組んでもらうために、エディ・ジョーンズHCが何をしていたのか、ここがポイントです。このポイントは「HCの個性・人格」の領域に入りますから、「真似をすることがとても難しい」ところなのです。

 この監督・HCのもとなら「どんなに厳しいトレーニングにも耐えていこう」と選手が感じる人物でなければ、どんなに立派な「トレーニング内容」でも、求める効果は望めません。

 他のスポーツ競技を観ても、「名監督が去った後、チームが弱体化」する例は、枚挙に暇がありません。
 当該名監督に長期間に渡って教えを受け、「トレーニング内容は熟知している筈」の人物が後任となっているにも関わらず、チームが弱体化してしまうのです。
 「同じ練習を同じ量・同じハードさ」で実行しているのに何故?、ということになります。

 当たり前のことですが、それぞれの監督・HCの個性・人格は異なりますから、その違いに合わせた指導方法が必要なのです。「他人の真似」では、同水準の効果は得られないのでしょう。

4. ゲームにおける采配

 個々のゲームにおける采配が、HCにとって重要な仕事であることは間違いありません。

① 対戦するチームの戦力・メンバーを踏まえてのスターティングラインナップの選定
② 様々な状況に合わせた「交代方法」の準備
③ 当該ゲームにおける「戦術・スペシャルプレー」の選定・通知
④ 当該ゲームにおける戦い振りの策定・実施

 等々、検討しなくてはならない点は幾らでもあるのでしょう。
 ラグビーにおいては、HCはスタンドに居ますから、こうした準備も「事前」に行う点が多いのでしょう。
 「事前」に漏れなく準備するのは、容易なことでは無さそうです。

 今回は、ラグビー日本代表チームのヘッドコーチに求められる「仕事」について、簡単に考えてみました。やはり、「当たり前のことばかり」になってしまいました。
 細部に入り込めば、ページがいくらあっても足りない、極めて奥が深いテーマでしょう。

 「日本ラグビーの父」(と私が勝手に呼んでいます)であったエディ・ジョーンズ氏は、こうした役割期待に、相当な水準で応えてきたヘッドコーチであったと思います。
 日本ラグビー史上空前の実績が、それを明示しています。

 そのエディ・ジョーンズ氏が残した成績以上の成績を、WC2019で目指して行かなければならないのが「次期HC」ですから、エディ・ジョーンズ氏以上の能力を保持したHCを選任しなければならないことになります。

 とても難しいことなのでしょうが、そうした人物を発掘し選任して行くことが、協会に求められる役割期待ということになりそうです。

 前回は、エディ・ジョーンズという素晴らしいHCが就任しました。今回も、とても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
第80回 日本オープン選手権大会
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
ラグビー日本代表次期HCの仕事  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930