FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーWC2015] ニュージーランド 3度目の優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ラグビーワールドカップ・イングランド大会の決勝戦は、10月31日「ラグビーの聖地」トゥイッケナム・スタジアムで行われ、ニュージーランドチームが34-17でオーストラリアチームを破り、優勝しました。

 ニュージーランド・オールブラックスは前回大会に続いての連覇。優勝回数を歴代最多の3回に伸ばしました。

 オールブラックスとワラビーズの素晴らしい闘いでした。

 随所で現在の世界最高のプレーが展開されたゲームでしたが、個々のプレーで僅かに勝ったニュージーランドが、概ねゲームを支配して勝ち切ったゲームだと感じます。

① フォワードFW第三列の戦い

 オールブラックスの6番・カイノ選手、7番・マコウ選手、8番・リード選手と、ワラビーズの6番・ファーディ選手、7番・フーパー選手、8番・ポーコック選手の争いは、このゲームのポイントであったと思います。

 共に素晴らしい、本当に素晴らしいプレーを魅せてくれましたが、僅かにニュージーランドの3人が勝ったという気がします。

 キャプテンでもあるマコウ選手のボールへの寄せは、熟練のスキルをベースにした気迫溢れるものでした。「ここにも居る、ここにも居る」という印象で、神出鬼没・八面六臂の活躍であったと思います。

 また、カイノ選手の「縦への突破力」も見事!
 フランカーによる10mの前進は、ゲームを優位に進めるキープレーであることを改めて示してくれました。

② ダニエル・カーター選手のキック

 このレベルのチームのキッカーは「殆ど外すことが無い」というのは当然とはいえ、このゲームにおけるニュージーランドのキッカー・スタンドオフSOのカーター選手のプレーは見事なものでした。

 前半8分のPKショットは、このゲーム最初のキックでした。相当難しい角度・距離のキックでした。キッカーとしては、最初のキックはもう少し易しいものであることが望ましいと感じました。
 いかに、世界最高レベルのキッカーとはいえ、ビッグゲームの最初のキックを決めるか外すかは大きな違いが有ります。

 カーター選手は、このキックをキッチリと決めました。何も無かったかのように真ん中から決めたのです。「凄いな」と思いました。

 以降、カーター選手は好調なキックを続け、ドロップゴールDGも含めて19得点を挙げました。

③ マア・ノヌー選手のトライ

 後半2分、ニュージーランドのノヌー選手がトライを挙げました。

 オーストラリア陣に少し入ったエリアから、ひとりで持ち込み、相手プレーヤーを交わし、弾き飛ばし、引き摺りながらのトライでした。

 「前に何人の相手プレーヤーが居ようとも自分がトライする」という、強い気持ちが表れたトライでした。
 そのラン技術の高さも素晴らしいものでした。さすがは「オールブラックス史上最高の突破力を保持する」と言われるプレーヤーです。

 そして、このゲームに臨むオールブラックスの各プレーヤーの気迫を存分に発揮したものでもあったと感じます。

 ボールキャリアは、正面に相手プレーヤーを置いた時に、ボールを生かすために周囲の味方プレーヤー(パスの対象)を探すことが良く有り、プレーの継続という意味では重要なプレーでもあるのですが、一方でこうしたビッグゲームにおいては、「自分で決める」という強い気持ちも大切なのでしょう。

 このゲームでは、タックルを受けたオーストラリアのプレーヤーが「後ろを向く」というシーンが時折観られましたが、ノヌー選手のランは「ひたすら前を向いて前進する」ものでした。

 オールブラックスがワラビーズに対して、このゲームでは「戦闘的な心持において、僅かに勝っていたこと」を如実に示したプレーであったと思います。

 大会前の予想通り、優勝候補の筆頭であったニュージーランドチームが、その実力を存分に発揮した決勝戦でした。

 前回大会の決勝戦を8-7という超ロースコアで制したオールブラックスが、今大会は34得点を挙げての快勝だったのです。
 今大会のオールブラックスの充実振りを示した形でしょう。

 ワラビーズも、後半17-21に追い上げるなど意地を見せましたが、最後は力尽きたというところでしょう。
 惜しまれるのは、フルバック15番のイズマイル・フォラウ選手のコンディションでしょう。足首の故障は、やはりプレーに大きな影響を与えていました。いつもの「凄まじいラン」はついに観られませんでした。
 フォラウ選手が全開であれば、もう少し競った展開となったことでしょう。

 ニュージーランドチームのキャプテン、リッチー・マコウ選手が金色のワールドカップ=ウェブ・エリス・カップを高々と掲げました。

 オールブラックスの強さを世界に示したのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビーWC2015・決勝戦] 本当に楽しそうにプレーした ダニエル・カーター選手
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
ラグビーWC2015・オールブラックス3度目の優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930