FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  どうしたハリル・ジャパン!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2018年のワールドカップ・ロシア大会のアジア2次予選の戦いが続いています。

 11月17日に行われたカンボジア戦では、日本代表チームが2-0で勝利し、E組の首位を堅持しました。
 勝ち抜いて行かなければならないゲームで勝ち点3を獲得したことには、大きな意味があると思いますが、試合内容はとても満足できるものでは有りませんでした。

 このところの代表チームのゲームに見られる問題点が、このゲームでも現出していたと感じます。

① 競り合いをしない?

 地力では大きな差があると感じられるチームを相手に、攻め続けながらも2・3点しか取れないのは、「競り合いが不足している」ことが原因ではないでしょうか。

 このところ相手チームがゴール前に多くの選手を配しているために、なかなか得点できないゲームが続いています。
 今では、「日本代表を相手にする時はゴール前に選手を集めておけば点は取られない」と対戦相手に見透かされているようにも感じられます。

 守備側のプレーヤーが沢山居てスペースが無いのであれば、目の前の選手をドリブルで抜いて行けば良いのです。
 世界の強豪チームは、そうしているでしょう。
 
 メッシ選手やネイマール選手、クリスティアーノ・ロナウド選手やロッベン選手が、「ディフンダーが多くて得点できない」と言うでしょうか。
 ひとり対ひとりはもちろんとして、1対2、1対3、時には1対4の状況でも、こうした選手達は自らのスピードとテクニック・パワーで状況を打開し、得点を挙げるのです。
 「コンタクトプレーに強い」ことが、世界一流プレーヤーの条件なのでしょう。

 「綺麗なパスワークからのフリーのシュート」は、相手チームが強ければ強い程、なかなか打つことが出来ないのは明白なことです。

 2次予選の段階では、相手チームの力がやや落ちるのですから、こうしたチームを相手にした時には、ゴール前に何人居ようとも、競り勝ちシュートするというプレーを見せて欲しいと感じます。
 相手選手との厳しいコンタクトプレーが必要不可欠なのです。

 実際に、このカンボジア戦でも得点は、岡崎選手と本田選手の「競り合い」から生まれています。フリーの綺麗なシュートからは得点は生まれていないのです。

 ひょっとすると、日本代表チームの若手プレーヤーには「競り合いの技術や気迫・闘争心が極めて不足しているのではないか」とさえ感じられてしまいます。
 そんなことは無い筈ですから、ガンガン勝負していただきたいと思います。

 そうしたプレーを積み上げてノウハウを蓄積することが、世界に繋がって行くものなのではないでしょうか。

② スピード不足

 2次予選段階では、相手チームのプレースピードは、世界水準からは劣っています。

 今後、最終予選や本大会においては、当然ながらゲームのスピードは一段も二段も速くなるのです。

 ところが、2次予選の各ゲームで、日本代表チームは相手チームと同じスピードでプレーしているように観えます。

 「相手に合わせてしまっている」との見方もあるでしょう。「相手に合わせてしまう」こと自体も問題の有ることなのですが、これだけスローなゲームを続けて見せられてしまうと、「日本代表チームのスピードはアジア地区2次予選レベル」なのではないかと感じてしまいます。

 そんなことはない、我らが代表チームのスピードはもっと速い、世界レベルなのだ、と信じたいところなのですが、目の前で展開される事実が不安を呼ぶのです。

 もし、日本代表チームに「世界トップクラスのスピード」が具備されているのであれば、2次予選のゲームでは、相手チームを圧倒して得点を量産していただきたいものです。
 近時のゲームであれば、8得点・10得点であっても何の不思議も無いと思いますし、それ位のパフォーマンスを展開できないようであれば、ワールドカップのベスト16進出など夢のまた夢なのではないでしょうか。

 以上、厳しい書き方になってしまいましたが、ハリル・ジャパンの活躍を祈ってのことです。

 こうしたゲームは、観ていても全然面白くないものです。
 サッカーという素晴らしいスポーツの本質である、「創造性」や「驚くべきパワー・スピード」からかけ離れたゲームであるからです。

 代表チームがこうしたゲームを続けていると、我が国におけるサッカー人気にも影響が出るのではないかと、よけいな心配までしてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] マイルチャンピオンシップ2015の注目馬
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
どうしたハリルジャパン!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031