FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲2015・11月場所] 「横綱の相撲」を考えさせられた場所
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月場所は、横綱・日馬富士が13勝2敗で優勝しました。

 初日から12連勝と白星を重ねた横綱・白鵬の13日目からの3連敗や、平幕松鳳山・勢の健闘、小結・嘉風の三役での初の勝ち越しなど、話題・見所が満載の場所でした。

 一方で、「横綱の相撲」のあり方について日々考えさせられた場所でもありました。

① 注文相撲

 今場所は、横綱の注文相撲が数多く観られました。
 立合いで横綱が変化を見せるのです。

 「取り口」として存在していて、ルール違反ではないのだから、問題無いとの意見もあるのでしょうが、「大相撲の姿」としては褒められたものでは無いと感じます。

② 張り手

 今場所は、横綱による張り手も数多く観られました。
 立合いでの実行が多かったのですが、取組中に連続して張り手を繰り出す相撲も観られました。

 相撲の技なのだから、横綱がやっても良い、という意見もあるのでしょうが、これも見ていて気持ちが良いものではありません。

 番付が下の力士が、横綱に対して繰り出すのはOKであるなら、横綱がやっても良いだろうとの見方もあると思いますが、時には「けんか」の様な印象を与える行為を、大相撲を代表する力士が再三行うというのは、「相撲の品格に欠ける」という意見もあるでしょう。

③ 猫だまし

 横綱・白鵬が10日目の栃煌山戦で2回行いました。
 観客席からは、罵声も飛びました。

 余裕からのプレーとも言われましたが、やはり白星を欲しがるあまり、栃煌山の前に出る力を怖れてのプレーであったと見る方が良さそうです。

 所謂「横綱相撲」の対極にある相撲であったと思います。

④ 北の湖理事長の死去

 13日目の取組終了後、北の湖理事長が死去しました。

 テレビなどの媒体では、力士・北の湖の相撲が沢山流されました。
 当時の圧倒的な強さを示す映像も多かったのですが、負けた相撲もありました。

 「北の湖が負けたことがニュースになる時代」だったのです。それ程に北の湖は強い力士でした。
 そして、北の湖は「常に堂々たる相撲を魅せる」力士でした。

 北の湖理事長がいつも言っていた「土俵の充実」の中に、横綱の相撲のあるべき姿も含まれていたのでしょう。

⑤ 「敗れて尚強し」

 横綱の「堂々たる相撲」は、たとえ敗れたとしても、「さすが」「敗れて尚強し」という評価を生むのではないでしょうか。

 まさに北の湖の相撲は、そうしたものでした。
 当時の力士達は、どうやったら北の湖に勝つことが出来るかを研究し、構築した戦術を土俵上で展開し続けたのでしょう。
 そして、北の湖はそれに正面から応じました。

 横綱に求められる使命は数多いのでしょうが、その第一に挙げられるのは「堂々たる相撲」なのかもしれません。「勝つこと」にも優先しそうです。
 どんなことをしても白星を得ようとするのではなく、下位の力士の色々な挑戦を正面から受け止め、土俵上で自らの相撲を披露する。それで勝利すれば、「さすがは横綱」と評され、たとえ負けても「さすがに横綱、堂々たる相撲」であったと言われるように思います。

 「横綱相撲」とは、そういう相撲なのかもしれません。

 「常に優勝争いに加わることが求められている」横綱にとって、白星を重ねることは重要なことだと思います。

 いつも強い、殆ど負けない、というのも横綱に求められる要素なのでしょう。

 とはいえ、「いつも強い」という言葉には、「堂々たる相撲」をベースにした強さが含まれているように感じます。

 横綱も人間なのだから、時には怯むこと・弱気になることもあり、注文相撲・張り手を見せることがあっても良いのかもしれませんが、あまりに多いと興醒めです。
 横綱には、とても高いレベルのスキルが求められているとも思います。やはり、横綱というのは、とても重い重い番付なのでしょう。

 「横綱の相撲」について考えさせられることが多かった、2015年11月場所でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2015・11月場所] 照ノ富士の恩返し?
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
「横綱の相撲」考えさせられた2015年11月場所  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031