FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2015~16] 「アリゾナの顔」 ラリー・フイッツジェラルド選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[レギュラーシーズン・week11]
アリゾナ・カージナルス34-31シンシナティ・ベンガルズ

 アメリカン・フットボール・カンファレンスAFC北地区の首位を走るベンガルズとナショナル・フットボール・カンファレンスNFC西地区首位のカージナルスが激突したweek11のゲームは、戦前の予想通りの接戦となり、ホームのカージナルスが勝ち切りました。

 31-31の同点から、カージナルスのカタンザーロ選手が勝ち越しのフィールドゴールFGを決めたのは、試合時間残り2秒でした。
 ほぼ互角の試合内容。両チームが死力を尽くしたゲームであったと思います。

 このゲームの残り試合時間1分3秒、ベンガルズが31-31に追い付いてのカージナルスの攻撃、FGでも良いので得点して勝ち切るためのドライブで、キーとなるプレーを魅せたのは、やはりフイッツジェラルド選手でした。
 クオーターバックQBカーソン・パーマー選手からのパスを2度キャッチし、チームを大きく前進させました。

 「ここぞという時はフイッツジェラルド」という、カージナルスの攻撃でした。

 ワイドレシーバーWRのフイッツジェラルド選手は、アリゾナ・カージナルスの中心選手であると共に、現在のNFLを代表するWRでもあります。
 2004年にデビューして以来、アリゾナ一筋のプレーヤーです。チームのメンバーが次々と変わっていく中で、フイッツジェラルドは不動のWRとして活躍を続けています。

 まさに「アリゾナの顔」なのです。

 このゲームでも、フイッツジェラルド選手は2つの偉大な記録を達成しました。

① 173ゲーム連続パスキャッチ

 この記録は素晴らしいというか、凄まじいものです。
 1レギュラーシーズンが16ゲームのNFLにおいて、173ゲーム連続でパスをキャッチしているというのは、想像を絶する記録でしょう。

 10年以上に渡ってゲームに出場し続け、どのゲームでも必ずパスキャッチを成功させているというのですから、驚異的。
 故障が少ないこと、ゲーム毎のプレーレベルのブレが小さいことを如実に示している記録でしょう。

 もちろん、史上NO.1の記録です。

② 通算パスキャッチ13000ヤード越え

 32歳と82日で迎えたこのゲームで、フイッツジェラルド選手は通算パスキャッチ13000ヤードを達成しました。

 史上3位のスピード記録です。

 まだまだ元気というか、全く衰えが感じられませんので、今後も記録を伸ばし続けて行ってくれることでしょう。

 身長190cm・体重100kgと報じられているフイッツジェラルド選手は、確かにサイズのあるプレーヤーですが、現在のNFLのWRとしては決して大きなプレーヤーではありません。
 高身長を活かしてのパスキャッチを得意としているわけでは無く、そのポジショニングの良さと動きのスピード、そしてキャッチングの比類無き上手さ、によってスーパーキャッチを積み上げているタイプだと思います。

 加えて、そのブロックの上手さにも定評があります。味方プレーヤーのランプレー時などにおける、献身的かつ正確なブロックプレーが、チームの勝利に大きく貢献しているのです。

 「献身的かつ正確なブロックプレー」の連続ともなれば、故障発症のリスクが高そうなのですが、前述の通り、フイッツジェラルド選手は殆ど故障しません。ゲームに出続けているのです。
 おそらく、この点がラリー・フイッツジェラルドというスーパープレーヤーの、最も素晴らしいところでしょう。

 カレッジフットボール時代から、フイッツジェラルド選手は数え切れないほどの個人記録を積み上げてきました。
 残されているのは、チームのスーパーボウル制覇なのでしょう。

 アリゾナ・カージナルスは1898年に創設された、NFL最古の歴史を誇る名門チームですが、いまだにスーパーボウルを制したことはありません。

 チーム初のスーパーボウル制覇に向けて、「アリゾナの顔」としてのフイッツジェラルド選手の大活躍が期待されるところです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] ジャパンカップ2015の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
「アリゾナの顔」ラリー・フイッツジェラルド選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930