FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬] ジャパンカップ2015の注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月29日に東京競馬場芝2400mコースで行われる、第35回ジャパンカップ競走G1の注目馬検討です。

 賞金額から見れば、我が国で開催されるレースの中で最高額ですし、世界の競馬界における評価も、日本で最も高いレースです。
 「日本競馬の国際化」を目指してJRAが設立し、育て上げてきたレースですが、その狙いは着実に実を結んでいるように観えます。

 一方で、2005年のアルカセットの優勝以降、海外からの遠征場の優勝はありません。我が国最大の「国際レース」でありながら、近年は日本馬同士の争いになって来ているのです。
 日本馬が強くなったことを証明している面もありますが、少し寂しい感じもします。
 やはり、日本馬と海外馬が競い合ってこそのジャパンカップでしょう。

 日本馬優勢の原因のひとつに、「馬場の固さ」が挙げられます。日本の競馬場の馬場、東京競馬場の良馬場は、世界の主な競馬場の中で最も固いのではないか、そして「超高速競馬」が展開されているのではないか、とも言われます。
 雨が降って重馬場や不良馬場にならない限り、この固い馬場・高速競馬への適応力が、検討の重要なポイントとなるのでしょう。

 さて、今年も18頭のフルゲートとなりました。出走すること自体が名誉なレースということもあるのでしょうが、どの馬・どの陣営も「優勝」を狙ってきているとも言えそうです。

 日本馬の中で有力視されているサラブレッドを見てみましょう。

 まずゴールドシップ。皐月賞・菊花賞・有馬記念・宝塚記念・天皇賞(秋)とG1レースを6勝していますから、格では最上位・日本勢の総大将的存在です。
 一方で、ゲート入りの悪さやレース毎の出来不出来の大きさは、常に指摘されることですし、前走6月の宝塚記念の大敗(15着)も気になる所です。

 続いてはラブリーデイ。
 4歳までは、重賞勝ち無しの3勝馬でしたが、5歳になって一気に本格化、重賞を8戦して6勝、現在重賞4連勝中でG1も2勝です。驚異的な成長と言えるでしょう。
 もし、ここを勝つようなら、日本競馬の歴史に残る「遅咲きの馬」と評価されると思います。

 続いてはミッキークイーン。
 オークス・秋華賞の牝馬二冠、今年の3歳最強牝馬です。エリザベス女王杯を回避して、ここに的を絞ってきました。
 7戦して1着4回・2着3回という安定感も魅力です。
 3歳牝馬の斤量53.0㎏も、相当有利に働くのでしょう。

 海外勢を見てみましょう。
 今年は4頭が出走して来ました。大豪馬は居ませんが、粒揃いであると思います。

 ドイツ馬のイトウは、前走11月1日に行われたG1バイエルン大賞を勝って出てきました。調子は良さそうですが、日本ヘの輸送の負担を考えると少し間の期間が足りないかもしれません。

 フランス馬のイラプトは、ここまで6戦4勝、前走10月4日の凱旋門賞はゴールデンホーンの5着と敗れましたが、いつもしっかりと走る印象です。斤量55.0㎏もこのところのレースより軽いので、好材料でしょう。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、6枠11番のミッキークイーン。
 府中2400mコースへの適性はオークスで証明済み。ローテーションも良いと思います。絶対的な強さの牡馬が居ないレースですので、斤量53.0kgなら十分に勝負になるでしょう。
 ゴール前の競り合いから、ラスト50mでグイッと抜け出すのではないでしょうか。
 
 第二の注目馬は、1枠1番のラブリーデイ。
 近時の勢いの良さを買いました。終いの脚がしっかりしているのが最も良いところでしょう。ここを勝つようなら、年度代表馬でしょう。

 第三の注目馬は、4枠8番のイラプト。
 久し振りの海外馬優勝なら、この馬でしょう。固いと言われているロンシャン競馬場の良馬場の凱旋門賞で良い走りを魅せています。伸び盛りの3歳秋、大駆けが期待できます。

 今回は、この3頭に注目します。

 久し振りの海外馬優勝が見られるかもしれないと感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[フィギュアNHK杯2015] 「世界最高スコア」 羽生結弦選手
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
ジャパンカップ2015の注目馬  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930