FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [高校ラグビー] 最強 秋田工業高校
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 全国高等学校ラグビーフットボール大会は、日本の高校ラグビーにおける最高の歴史と伝統を誇る大会です。1917年に開始され、2011年で91回目を数えました。今年というか、2012年末から2013年年頭にかけて行われている第92回大会も、大阪の近鉄花園ラグビー場で、1月3日に準々決勝が行われました。

 ベスト8の激突です。東京第一代表の国学院久我山、茨城代表の茗溪学園、大阪第一代表の常翔学園、奈良代表の御所実業の4高校が勝ち上がりました。この数年、常に優勝候補であった東福岡高校は、茗溪学園に逆転負けを喫しました。例年と同じように、日本高校代表候補が7名所属していた東福岡の敗退は、ラグビーにおけるチームプレーの大切さを示す例なのかもしれません。大学や社会人ラグビーにおいても同様ですが、高い能力の個人プレーに依存したラグビーは、拮抗した試合では足元を掬われることが、間々あるのです。

 さて、本稿で採り上げたいのは、この準々決勝で御所実業に12対17で惜敗した秋田工業高校です。
 ラグビーファンの方なら、よく御存じのことですが、秋田工業は高校ラグビー界最高の実績と伝統を誇る学校です。

 1925年(大正14年)に、ラグビー部の1期生が卒業しています。全国高等学校ラグビーフットボール大会でいえば、第9回大会が行われた年です。それ以来83回開催された大会で、秋田工業は64回の出場を果たしています。
 そして、秋田工業が初優勝したのは1933年(昭和8年)の第16回大会です。以来、15回の全国制覇を重ねています。この優勝回数は圧倒的です。続くのは、8回優勝の同志社中学(全て太平洋戦争終戦以前の優勝です)、7回優勝の啓光学園(現、常翔啓光学園)、6回優勝の天理、5回優勝の国学院久我山と続きます。4回優勝となると、保善、目黒、大阪工大高、伏見工業、東福岡などが挙げられます。
 何れの高校も日本高校ラグビー史に輝かしい実績を残す名門校ですが、その中でも秋田工業高校の実績がスバ抜けていることは明らかです。

 私が、秋田工業高校の実績を高く評価している理由は、

 第一に、公立(県立)高校であることです。私立高校に比べて、有力な選手を全国から集めることが難しい公立校で、この伝統を維持していることは素晴らしいことだと思います。ちなみに、秋田工業が最後に優勝したのは1987年です。1988年以降は、やはり私立高校の壁が厚いのでしょうか、なかなか優勝できなくなっているのです。

 第二に、今大会のベスト8進出もそうですが、優勝できなくなったとはいえ、全国高等学校ラグビーフットボール大会において、毎年のように好成績を収めていることです。全国から有力選手を集めることが困難な公立高校にもかかわらず、毎年のように全国大会の上位に進出する秋田工業高校には、おそらくですが、監督・コーチの素晴らしい指導体制が80年以上に渡って継続されているのでしょう。このことが、最も素晴らしいことだと思います。
 ひとりの優秀な監督の手腕により、20年前後の間全国のトップレベルに君臨する高校チームの例は、各競技に複数存在するのですが、80年以上に渡って伝統を積み上げている学校は、そうあるものではありません。

 秋田工業高校ラグビー部は、地域の皆さんの支援、OBの皆さんの全面的バックアップ、そしてそこから生まれる高度な指導体制が、時代を超えて脈々と継続されている点が、他の高校のラグビー部と最も異なる点だと考えています。

 伝統の紺と白の横縞のユニフォームは、「花園」の風物詩になっています。雪国でありながら、元々スポーツが盛んな土地柄である秋田県から、今後も秋田工業高校のラグビー部が、花園で大活躍し続けることは間違いないことのように思います。
 そして、容易なことではないと思いますが、伝統のタックルからボールを獲得し、トライに結び付けるラグビーで、久しぶりの全国高等学校ラグビーフットボール大会優勝も観てみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[サッカー]  2対0のリードは危ない?
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
全国高校ラグビーフットボール大会   秋田工業高校最強  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031