FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [FIFAクラブWC2015] サンフレッチェ広島 堂々の3位
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[12月20日 3位決定戦]
サンフレッチェ広島2-1広州恒大

 サンフレッチェ広島の見事な逆転勝ちでした。

 今シーズンの充実振りが良く分かるゲームであったと思います。

 試合開始直後から、広州恒大の猛攻が続きました。サンフレッチェは防戦一方でした。
 そして前半4分、ゴール前のプレーから広州のバウリーニョ選手がヘッドで押し込みました。
 試合の流れそのままの先取点でした。

 試合開始直後に押し込まれるのは、サンフレッチェの試合では時折見られるものです。これを凌いでから反撃に移るというのが、ひとつのパターンなのです。
 ところが、この試合では先制を許してしまいました。これは「想定外」でしょう。

 アジアチャンピオンであり、我が国のクラブチームが苦手としている広州恒大に、試合開始早々に先制点を許したのですから、サンフレッチェにとって苦しいゲームになったと感じました。

 しかし、サンフレッチェはここから本領を発揮したのです。

 先制点の後も広州恒大は攻め続けましたが、追加点を許さず、前半20分過ぎからはサンフレッチェの攻め・チャンスも見られるようになりました。
 広州恒大にとっては、前半にもう1点取っておけばゲーム展開は別のものになっていたと思います。

 後半10分過ぎに、サンフレッチェ・ベンチはドウグラス選手を投入しました。
 この選手交代から、試合の流れはサンフレッチェに傾きました。

 後半25分、サンフレッチェのコーナーキックCKのボールがゴール前に流れたところを、ドウグラス選手が頭で押し込みました。1-1の同点。

 後半38分、サンフレッチェの浅野選手のヘディングシュートが広州恒大ゴールバーに当たり跳ね返ってきたところを、ドウグラス選手が再び頭で押し込みました。2-1と逆転。

 後半半ばから、広州恒大の運動量はめっきり落ちました。前の試合から中2日のハードスケジュールも影響していたのかもしれません。

 サンフレッチェ広島はこのまま押し切り、2-1で勝利しました。

 見事な勝利でした。

① 派手なゴールでは無かったこと。

 サンフレッチェの2得点=ドウグラス選手の2得点は、共にヘディングでした。それも「ゴールラインまで2m以内」のヘディングシュートに観えました。

 そこが素晴らしいと感じます。
 サッカーは「ゴール数」を競う競技であり、ボールポゼッションの優劣や、シュートの美しさは、勝敗には直接関係はありません。(当たり前のことを書き恐縮です)
 従って、ゴールは可能な限り「確実に決める」ことが求められるのです。

 ゴール目前で放つシュートは、最も確度の高いものですから、最も望ましいシュートということでしょう。
 ドウグラス選手の「ポジショニングの良さ」と、こうした形を創り出す「サンフレッチェの攻撃」は素晴らしいものでした。

② 11日間で4試合

 サンフレッチェ広島は12月10日の開幕戦から12月20日の3位決定戦まで、11日間で4試合を戦いました。
 大変なハードスケジュールの下で、見事に3位を獲得したのです。

 凄いことだと思います。

 10日のオークランド・シティーFC(オセアニア代表)戦を2-0、13日のTPマゼンベ(アフリカ代表)戦を3-0と連勝し、16日のリバープレート(南米代表)戦に臨みました。

 このゲームもサンフレッチェは大健闘しましたが、惜しくも0-1で敗れました。
 ゲーム内容で観れば「互角以上」のプレーを魅せたと感じますが、リバープレートのゴールキーパーGKの壁に阻止されたというところでしょうか。

 この試合が緒戦であった「体力十分」のリバープレートを相手に、「7日間で3試合目」というスケジュールの下で、サンフレッチェは日本代表の力を十分に見せてくれたのです。
 
③ 森保監督のチーム造りと試合における采配

 この大会における「11日間で4試合を戦っての3位」という好成績には、森保一監督のチーム造り・采配の素晴らしさが良く表れていると感じます。

 自陣ゴール前から相手陣まで、ボールを確実に繋いで行くフォーメーションの構築、それも「1度や2度のパスの失敗があっても」それを拾いながら前進する形を創り上げているように観えます。

 また、ゴール前の攻撃でも、第二弾・第三弾の攻めをあらかじめ想定しているように観えます。

 決して派手では無く、ポンポンポンとパスを繋いでの綺麗なシュートでは無く、攻めの動きの中で「相手ゴール前に混沌を生み出し」、チャンスを創造するのです。

 「十分に考え練られた攻撃」なのでしょう。

 選手起用についても、相当精緻な分析と戦略の上に構築されているように感じます。
 個々の選手の個性と能力・持久力、コンディションはもちろんとして、「累積プレー時間」も考慮されていたのでしょう。

 そうでなければ、「11日間にハードな試合を4試合」戦いながら、各々の試合の後半になってもチームの運動量・プレーの質が落ちなかったことについての説明が付きません。

 加えて、「生え抜きの選手」を複数育て上げている点も、特筆に値します。

 森保監督は、既に「名将」のレベルに達しているのではないでしょうか。

 FIFAクラブワールドカップ2015における、サンフレッチェ広島のプレーは「Jリーグ」に大いなる勇気を与えてくれたように感じます。

 年間500億円の運営費と言う「(アジアにおいては)圧倒的な資金力」を誇り、バウリーニョ選手やロビーニョ選手といった「ブラジル代表プレーヤー」を擁し、スコラリ監督(前ブラジル代表監督)を据える広州恒大を相手に、平均して年間50億円の運営費と言われるJリーグのチームが、世界最高の舞台で破ったのです。

 映画スターウォーズではありませんが、このゲームが「Jリーグの覚醒」のきっかけになって欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 有馬記念2015の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
FIFAクラブWC2015・サンフレッチェ広島堂々の3位  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031