FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬] 有馬記念2015の注目馬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 12月27日、中山競馬場芝2500mコースで開催される、第60回有馬記念競走G1の注目馬検討です。

 師走の風物詩である有馬記念は、かつては人気薄の馬が優勝することもあったのですが、近時は「強豪馬」が強いレースになってきました。所謂「上り馬」がレース展開等に恵まれて勝利を収めることが少なくなってきた印象です。
 「グランプリ」に相応しいレースになってきたと言えるのかもしれません。

 一方で2015年の出走馬を観ると、これは「大混戦」という様相でしょう。

 上位人気が予想される強豪馬には、それぞれ不安材料が有ります。
 
 既に、皐月賞、菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)、宝塚記念といったG1レースに勝ち、格から見れば他を圧しているゴールドシップは、近時の2戦で10着以下の大敗が続いています。本来の力を発揮できれば、圧倒的な本命であるべき馬の近時の不振が、レース予想を難しくしているのです。

 2015年を見れば、9戦して重賞6勝という好成績のラブリーデイは、その安定感からも本命視される馬ですが、G1勝利は2200mまでの距離ですし、前走2400mのジャパンカップG1でゴール前差し切られているシーンを思い出すと、2500mの有馬記念を前にしては「距離の不安」が有ります。

 今年の菊花賞馬、キタサンブラックには本格化の勢いを感じますが、同レースの内容を見ると、他を圧するような力の差はまだ感じられません。

 3歳牝馬のルージュバックは、同期牝馬トップクラスの力を示していますが、勝ち切れないレースが続いていて、今回のメンバーを相手に勝ち負けの競馬が出来るかと言うと、やや心許ない感じもします。

 4歳牝馬マリアライトは、このレース最大の「上り馬」でしょう。ヌーボレコルトに競り勝った、前走G1エリザベス女王杯の内容は濃いものでした。とはいえ、今回のメンバーを相手にゴール前の競り合いに持ち込めるかどうか。

 4連勝中のアルバートは、前走G2ステイヤーズステークスで初重賞勝ち、勢いに乗っていますが、G1常連馬を相手にどこまで戦えるのか。

 どのレースでも「一生懸命走る」サウンズオブアースですが、勝ち切れないレースが続いています。

 菊花賞でキタサンブラックに1/2馬身差の3位と健闘したリアファルは、ここまで8戦して4着以下は1走だけと「とても安定した成績」を残していますが、G1レースの経験不足は否めません。

 2連勝中のトーセンレーヴですが、ここまでG3勝ちひとつと言うのは気になります。

 前走ジャパンカップで僅差2着に食い込んだラストインパクトには「一発大駆け」の魅力を感じますが、展開影響を大きく受けるようにも思います。

 何か「不安材料の列挙」のようになってしまい、「夢のレース」の検討としては申し訳ない形になっていますが、それだけ「有馬記念2015は大混戦」なのであろうと思います。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、2枠4番のラブリーデイ。
 迷いに迷って、本命馬に辿り着いた形です。距離不安は有りますが、中山の2500は小回りコースですから、展開次第では中距離馬にも十分にチャンスが有ります。
 今シーズンの安定感では群を抜いていますから、川田騎手の絶妙の騎乗に期待します。

 第二の注目馬は、6枠12番のリアファル。
 様々な展開で上位を確保できる力が、大混戦のレースで活きるのではないでしょうか。ドゥラメンテを除けば、同期牡馬NO.1の安定感を見せるリアルスティールに完勝した神戸新聞杯G2のレース内容も、高く評価したいと思います。

 第三の注目馬は、6枠11番のキタサンブラック。
 3歳菊花賞馬の力に期待します。ここまで重賞3戦2勝・3着1回と、中山コースを得意としているところも魅力です。

 今回は、以上の3頭に期待します。

 ラストランとなるレースで、ゴールドシップがどのような走りを見せてくれるのか、とても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[FIFAクラブWC2015・決勝] 誰が観ても凄いプレーの連続
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
有馬記念2015の注目馬  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930