FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [U-23アジア選手権・決勝] 手倉森ジャパン 見事な逆転勝利
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月30日・AFC・U-23選手権大会・決勝・ドーハ]
日本3-2韓国

 既に、リオデジャネイロ・オリンピック出場権を獲得している日本代表チームと韓国代表チームが激突した決勝戦は、日本チームが逆転勝ちしました。

 韓国チームに2点のリードを許しながら、後半20分過ぎからの3ゴールでの逆転劇は、所謂「日韓戦」の歴史に残るゲームであったと感じます。

 1戦毎にコンディションを上げてきた感のある、今回の日本代表チームは、決勝戦でも素晴らしいパフォーマンスを魅せました。「日本サッカーの有るべき姿」を具現したチームに成長したように思います。

① スピード十分なドリブル

 今回の日本代表チームは「縦に突破するスピードと俊敏性」に優れていました。
 体格面で劣勢であることが多い「日本チーム」が、世界で戦って行く場合に不可欠な要素であると思いますが、手倉森ジャパンの各プレーヤーは、相手プレーヤーを振り切るプレーを再三見せてくれました。

 身長164cmの中島翔哉選手、同171cmの浅野拓磨選手、は世界的に観れば小柄なフォワードFWプレーヤーなのでしょうが、そのスピード・俊敏性は世界に通じるレベルに在ると思います。
 ちなみに、リオネル・メッシ選手の身長は170cmと公示されています。

② 精度の高いセンタリング

 このゲームの日本チームの2点目も、山中亮輔選手のセンタリングから矢島慎也選手のヘディングシュートでした。スピード・コントロール共に素晴らしいセンタリングでした。

 マンツーマンでは無くゾーンで守ることが多い、最近の国際試合においては、ラストパスの精度がポイントとなります。(当たり前のことを書き恐縮です)

 準決勝・準々決勝でも、ドンピシャのセンタリングから得点を挙げてきたチームですが、このラストパスも素晴らしいものでした。
 極めて精度の高いラストパスこそが、ゾーンディフェンスに対して最も効果的なプレーであることを改めて示してくれたのです。

③ シュートの正確性

 日本チームの1点目と3点目は、浅野拓磨選手のシュートから生まれましたが、両方とも難しいシュートでした。
 浅野選手は、「枠に行く」という最低限の条件をクリアしただけでは無く、相手ゴールキーパーGKが取れないゾーンに、捕れないスピードで、ボールを蹴り込みました。ワールドクラスのシュートであったと思います。

 これまで、決定力に問題がある、シュートが枠に行かない、シュートがGKの正面を付く、といった批判を浴び続けていた日本代表チームとしては、「覚醒」した感のあるシュートの連続でした。

 準決勝までのロング・ミドルシュートの決定力も含めて、「弱点とされてきたシュート力」を向上させた心身に及ぶ秘訣・トレーニング方法を、チームとして、是非継承して行っていただきたいものです。

④ 見事なベンチワーク

 前半20分、後半2分と、韓国チームにゴールを許した状況で、手倉森監督を始めとする日本ベンチは、効果的な選手交代を続けました。

 特に、後半15分の浅野選手の投入は、ゲームの流れを大きく変えたと感じます。

 短期間に6試合を戦わなければならないという大会で、日本代表チームは試合毎にメンバーを大きく変えて臨みました。そして、試合毎にヒーローが入れ替わるという、見事な結果を残したのです。

 「短期間で行われる国際大会」の戦い方に、範を示した大会と言って良いと思います。

 相手チームのメンバー構成、戦い方、コンディション、等々を勘案しながら、自軍の戦い方をアジャストして行くという、当たり前のことながら、とても難しいベンチワークをキッチリと果たしたのです。

 賞賛に値するベンチワークであったと思いますし、「日本サッカーの選手層の厚さ」を示した大会であったとも言えると思います。

⑤ ゲームの流れを掴む力

 0-2とリードを許しながら、後半22分と23分に一気に2ゴールを挙げて同点に持ち込むというのは、これまでの日本代表チームにはなかなか観られなかったシーンでしょう。

 この大会の手倉森ジャパンは、「試合の流れを掴み、短時間で連続得点」を挙げるという術を身に付けていました。このスキルは、これまでの日本代表チームには観られなかったもののように感じます。

 先のワールドカップ準決勝・ドイツ対ブラジル戦における、ドイツチームの連続得点は、記憶に新しいものですが、こうした「怒涛の攻め」が国際大会で勝ち抜いて行くために、とても有効なのでしょう。

 0-2とリードされ、後半22分にようやく1点を返したところで、「ホッとする」のではなく、追い風を最大限活かすことで、追加点を狙って行く姿勢・心持ちはとても大切です。
 相手チームのプレーヤーが、少し浮き足立っている時間帯こそがチャンスなのです。

 前述のドイツ対ブラジル戦でにおいて、2点目を喫したブラジルチームは前掛かりになり、焦りも伺われ、フォーメーションも崩れてしまいました。この瞬間を捉えて、ドイツチームは「これでもか」という攻めを継続したのです。

 どの世代の日本代表チームにも、こうした「貪欲さ」と精神力が必要なのでしょう。今回の手倉森ジャパンは、代表チームに必須のスキルとプレーを示してくれたように思います。

 韓国代表チームは、伝統の「圧倒的な運動量からボールを大きく速く動かし、シュートチャンスを創造するサッカー」で、優位に試合を進めました。
 後半2分の得点で2点をリードした時には、「勝った」と感じたことでしょう。

 その心持の変化の中で、今大会6戦目という心身の疲労が表れたのかもしれません。
 韓国サッカーの基本である「圧倒的な運動量」が、後半10分過ぎから徐々に衰えました。

 そして日本チームに大逆転を許してしまったのです。韓国にとっては、大変残念な結果となってしまいましたが、その持ち味・強さは十分に発揮されていたと感じます。

 今大会、手倉森ジャパンは見事な戦いを続けました。
 このところパッとしないゲームが多かった、サッカー日本代表チームに「喝」を入れた大会であったのかもしれません。

 手倉森ジャパンのリオデジャネイロ・オリンピックでの活躍が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビー日本選手権2016] 勝負を決めた「2連続ノーホイッスル・トライ」
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
手倉森ジャパン・U-23アジア選手権2016優勝!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930