FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム162] 東京新聞杯の歴史を飾る優駿達
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2月7日に行われた東京新聞杯2016は、唯一の牝馬・スマートレイアーの優勝で幕を閉じました。
 現在ではG3に格付けされているレースですが、このレースの初期の歴代優勝馬を観ると、日本競馬を代表する名馬が並んでいて「壮観」です。

 1951年・昭和26年に「東京杯」として始まったレースは、1967年までは2400mで行われ、春の天皇賞(3200m)に挑む有力馬のステップレースでした。
 当時は、重賞レースそのものが少なかったことと相俟って、優勝馬に超一流馬が並ぶこととなったのでしょう。

 少し見てみましょう。

・第1回1951年 トサミドリ
・第2回1952年 ミツハタ
・第4回1954年 ハクリヨウ
・第5回1955年 タカオー
・第6回1956年 オートキツ
・第7回1957年 ハクチカラ
・第10回1960年 コマツヒカリ
・第11回1961年 タカマガハラ
・第16回1966年 コレヒデ

 トサミドリ号は、皐月賞・菊花賞・天皇賞(秋)(当時は3200m)などに優勝し、通算31戦21勝を挙げました。あの初代三冠馬セントライトの弟ということもあり、種牡馬としても素晴らしい成績を残しました。当時全盛を誇った輸入種牡馬ヒンドスタン(シンザンの父)やライジングフレーム(セイユウの父)と伍して、優秀な産駒を世に送り続けたのです。
 JRA顕彰馬に選出されています。

 ミツハタ号は、本ブログでも「トキノミノル・イツセイ・ミツハタ」の記事で登場していますが、無敗の日本ダービー馬トキノミノル亡き後、日本競馬の長距離界を支えた存在で、天皇賞(春)の優勝を含めて、通算36戦16勝の成績を残しました。この時代の2000mを超えるレースでの強さは圧巻でした。

 ハクリヨウ号は、菊花賞と天皇賞(春)の優勝馬であり、通算25戦16勝・2着4回・3着5回と、生涯4着以下は1度もありませんでした。種牡馬としても、シーザーやヤマノオー、シーエースを送り出しています。
 この馬の主戦騎手は、当時のNO.1ジョッキー・保田隆芳でしたが、数え切れないほどの名馬に騎乗した保田騎手が、「強さならハクリヨウが一番だろう。加速する時重心が沈み込み、ロールスロイスに乗っているようだった」とコメントしていたと記憶しています。
 ハクリヨウは「初代の年度代表馬」となっていますが、JRA顕彰馬には選ばれませんでした。不思議なことだと感じます。

 タカオー号は、天皇賞(春)の優勝を含む、通算64戦31勝の成績を残しました。一般的に、現在より出走回数が多い時代とはいえ、月3レースを続けていた時期もあり、そのタフさは驚異的でした。
 スパルタトレーニングで鳴らした飯原牧場の産で、ダイナナホウシユウと共に小さな馬体で戦い続けました。

 オートキツ号は、日本ダービー優勝を含む22戦14勝。父・月友、母トキツカゼ(皐月賞・オークス優勝)という良血馬でした。
 母トキツカゼが惜しくも逃した日本ダービー(トキツカゼという牝馬も凄いサラブレッドです)を「8馬身差」という圧勝で制しました。

 ハクチカラ号は、日本ダービー・天皇賞(秋)・有馬記念を含む49戦21勝。1958年にアメリカに遠征し、ワシントン・バースデー・ハンディキャップ競走に優勝、「日本馬として初の海外重賞競走制覇」を成し遂げました。
 この時代のロジスティックスを考え合わせれば、ハクチカラのアメリカ競馬における重賞制覇は空前のものであったと思います。
 また、ハクチカラの主戦騎手も保田隆芳でしたが、この時の遠征で「モンキー乗り」を習得して帰りました。騎乗技術の近代化にも大きく貢献した、ハクチカラと保田騎手のコンビだったのです。
 JRA顕彰馬に選出されています。

 コマツヒカリ号は、日本ダービー優勝を含む35戦6勝。父は第1回東京杯の優勝馬トサミドリ、母はアイルランドからの輸入馬イサベリーンでした。
 イサベリーンは、もう一頭の日本ダービー馬ヒカルメイジをも産しています。ヒカルメイジとコマツヒカリは「兄弟で日本ダービーに優勝」しているのです。
 
 タカマガハラ号は、天皇賞(秋)の優勝を含む51戦10勝。船橋競馬場や川崎競馬場といった南関東競馬で活躍の後中央競馬に入りました。そして5歳の1962年、アメリカの芝コースレースの最高峰ワシントンDCインターナショナルに挑戦しました。日本馬として、初の出走でした。地方競馬から中央競馬、そしてアメリカ競馬と、タカマガハラの活躍の場は広がって行ったのです。
 また、タカマガハラ・オンスロート・ホマレボシ・シーザーの「4強時代」は、中央競馬が大いに盛り上がりました。競馬ブームの先駆けでもあったと思います。

 コレヒデ号は、天皇賞(秋)と有馬記念優勝を含む29戦14勝。この馬の主戦も保田隆芳騎手でした。クラシックレースでは成績を残せなかったコレヒデが本格化したのは、まさに東京新聞杯に優勝してからでした。
 1966年の年度代表馬です。

 ちなみに、何度も登場する保田隆芳騎手についても少し触れておきたいと思います。

 1920年東京都千代田区生まれ、1936年に騎手デビューすると、名門・尾形藤吉厩舎の主戦ジョッキーとして、幾多の名馬の手綱を取り続けました。
 1963年には「中央競馬史上初の1000勝ジョッキー」となり、1968年には史上初の八大競走(クラシック5レース+天皇賞(春)(秋)+有馬記念)完全制覇を成し遂げるなど、当時の日本競馬を代表する騎手でした。
 前述の「モンキー乗り」を日本競馬に紹介した功績も含めて、偉大なジョッキーと呼ぶにふさわしい存在です。

 引退した時の通算1295勝は「不滅の記録」でした。現在と比べてレース数が少なかったことを勘案すれば、現代においても全く輝きを失わない記録だと思います。

 ちなみに、東京新聞杯でも前述の3勝に加えて、1969年にはタケシバオーで優勝していますから、通算4勝です。

 本稿は、東京新聞杯競走の初期の優勝馬を採り上げました。

 当初2400mコースで行われていた東京新聞杯でしたが、1968年から施行距離が短くなり始め、2200m→2100m(ダートコース)→2000mとなって1984年からは1600mのマイル重賞となりました。
 天皇賞(春)のステップレースから、安田記念のステップレースへと変貌したのです。

 とはいえ、1951年創設の歴史と伝統を誇る重賞レースとしての東京新聞杯の優勝馬には、太平洋戦争終戦後間もない日本競馬を彩った優駿達の名前がずらりと並んでいますし、マイル重賞となった後も、安田記念を目指すマイラー達の大事なレースとなっています。

 東京新聞杯は、これまでもこれからも、日本競馬にとって大切な重賞競走なのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[北島康介杯2016] 渡辺一平選手 200m平泳ぎ優勝!
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
東京新聞杯の素晴らしい優勝馬達  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930