HOME   »   NFL  »  [スーパーボウル2016] ペイトン・マニングの「存在感」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スーパーボウル2016で優勝したデンバー・ブロンコスのクオーターバックQBペイトン・マニング選手は、インディアナポリス・コルツ時代の優勝と合わせて、2度目のスーパーボウル制覇となりました。

 その圧倒的なパフォーマンスから、NFL史上最高のQBのひとりと呼ばれているペイトン・マニング選手ですが、今回の優勝はマニング選手の力より、チームの守備力によるものという評価が多いようです。

 確かに、このゲームの数字、23回パスを投げて14回成功し141ヤードゲイン、タッチダウンTDパスは無く、被インターセプト1回という成績は、決して良いとは言えないものでしょう。パスゲイン141ヤードは、勝ったチームの数字では無いという見方もあります。

 そして、プレーの様子も全盛時とはかけ離れたもの、という評も眼にします。パスのスピード・勢いは、相手チームのQBキャム・ニュートン選手と比較すると、明らかに劣るものでした。
 39歳のペイトン・マニング選手の「肩の力」や「動体視力」「俊敏性」に衰えが感じられることは、間違いないことなのかもしれません。

 一方で、そうした状況下、「デンバーは24得点」を挙げているのです。

 スーパーボウル2016は、現在のNFL1・2を争う、両チームのディフェンスDF陣が話題となりました。共に強力な守備を誇るチーム同士が激突したのです。こうしたDFを相手にしては、40点を超えるような大量得点は難しいと見られていました。
 そこに、QBマニング選手の衰えが加味されて、パンサーズ優勢という予想が多かったのでしょう。

 しかし、24点を挙げて勝ち切ったのはデンバーでした。

 デンバーは、第1クオーターQ、第2Q、第3Qにそれぞれ一本ずつのフィールドゴールFGを挙げています。
 望むべくはTD獲得だったのでしょうが、TDは取れなくともFGで着実に加点し、キッチリと時間を消化したというのは、まさに「ペイトン・マニングのゲームマネジメント」であったと思います。

 眼の覚めるようなプレーは少ないが、しっかりと前進を続け、得点して帰って来るというのは、こうした強力DFを相手にしたQBに課せられる使命なのでしょう。
 そして、ペイトン・マニング選手はこの役割期待に見事に応えました。

 「さすがはペイトン・マニング」と、ゲームを終えて改めて感じます。

 そして何より、フィールドに立つペイトン・マニング選手の映像がテレビに映し出される時の「存在感」は圧倒的でした。NFL最高のQBとして積み上げてきた歴史を全身に纏っていたのです。

 「The QB」。凛とした美しい姿でした。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[セリエA2015~16] 「ACミランの10番」本田圭佑選手 輝く!
NEW Topics
[コンフェデ杯2017] 完成度の高い チリ代表チーム
[コンフェデ杯2017] 「全とっかえ」のドイツ代表チーム
[陸上日本選手権2017] 素晴らしいレース 男子100m
[MLB2017] 田中将大とダルビッシュ有の見事な投げ合い
[競馬] 宝塚記念2017の注目馬
[コンフェデレーションズカップ2017] 「新鮮」な印象の出場国
[全米オープン2017] 松山英樹選手 堂々たる2位
[MLB2017] エイドリアン・ベルトレイ選手とアルバート・プホルズ選手
[歴史的マンマーク] ベルティ・フォクツ選手とノビー・スタイルズ選手
[MLB2017] 「招福」 田口壮選手と青木宣親選手
[全仏オープン2017] ラファエル・ナダル選手 10回目の優勝!
[MLB2017] イチロー選手 インターリーグ通算365安打の新記録!
[NBAファイナル2017] ウォリアーズ 4勝1敗で優勝!
[全米オープン2017] エリンヒルズ・ゴルフコース
[日本プロ野球2017] 「仕事に行く格好じゃない」
[MLB2017] 201cm・125kg NYYアーロン・ジャッジ選手
[日本プロ野球2017] 大きな連敗が多いシーズン
[エールディヴィジ2016~17] フェイエノールト アヤックスとの接戦を制して19年ぶりの優勝
[S君との会話-その6] 巨人軍は注目度が高いから・・・?
[卓球世界選手権2017] 「卓球日本」の復活はダブルスから
[プリメイラリーガ2016~17] ベンフィカ FCポルトを押さえて4連覇!
[競馬コラム193] クリストフ・ルメール騎手 2017年の優駿牝馬・東京優駿を連勝
[NBAファイナル2017] やはり強いか。ウォリアーズ2 連勝!
[UEFA-CL2016~17・決勝] レアル・マドリード 連覇!
[大相撲2017・5月場所] 次代の看板取組「正代VS御嶽海」
[日本プロ野球2017] 読売ジャイアンツの深い谷
[競馬] 安田記念2017の注目馬
[大相撲2017・5月場所] 高安関の大関昇進
[インディ500・2017] 佐藤琢磨 初優勝!
[競馬コラム192] 中央競馬「最古」の重賞 目黒記念
[大相撲2017・5月場所] 横綱・白鵬 38回目の優勝
[U-20ワールドカップ2017] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出!
[MLB2017] 大きな連勝をしているチームだから・・・。
[ブンデスリーガ2016~17] バイエルン・ミュンヘン 5連覇!
[競馬] 東京優駿(日本ダービー)2017の注目馬
[日本プロ野球2017] 菅野智之投手 通算50勝
[体操・NHK杯2017] 内村航平選手 個人総合で空前の「9連覇」
[競馬コラム191] 21世紀の英ダービー馬
[大相撲2017・5月場所] 中日を終えて
[コッパ・イタリア2016~17] ユベントス 史上初の3連覇
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] 「キツネにつままれた」様な判定
[リーグ・アン2016~17] ASモナコ 17シーズンぶりの優勝!
[日本プロ野球2017] 千葉ロッテマリーンズの不振
[競馬] 優駿牝馬(オークス)2017の注目馬
[MLB2017] 各地区の状況
[日本プロ野球2017・セリーグ] 阪神タイガース 投打が噛み合って首位を快走!
[競馬コラム190] ダービーより1年早く始まったオークス
素晴らしい「偶然」?
[UEFA-CL2016~17] レアル マドリード対決を制して決勝進出
[UEFA-CL2016~17] ユベントス ASモナコを下して決勝進出
Entry TAG
スーパーボウル2016・ペイトンマニングの存在感  
Comment
220
コルツ時代はアンチ・ペイトンでした。デンバーに移籍して来た後も、素直に応援できませんでした。しかし2年前のSBでの大敗のこともあり、デンバーでの彼のストーリーを思うとき、最後は涙があふれる感動的な勝利でした!

223
Re: コメントありがとうございます。
ブロンコスのファンの皆さんにとっては、QBといえばジョン・エルウェー選手
なのでしょうが、その歴史にペイトン・マニング選手も加わったのです。

マイルハイには、素晴らしいQBが良く似合うと感じます。

今後も、コメントよろしくお願いします。

224
SB終わってもう1か月が過ぎようというのに、まだ顔がにやけております!!
思えばジョン・エルウェーもペイトン・マニングもキャリアの最終盤に、肉体の衰えと反比例して手にした人間性の成長に伴ってスーパーボウルリングを勝ち取っているように思えます。デンバーの最後のオフェンス4thダウン、タイムアウトを取るまでの20数秒間、スクリーメイジラインの後ろにいるペイトンの誇らしい立ち姿は、ボン・ミラーのファンブルフォースの勇ましさに比べ、静かな分、心に残って離れません!
今年は夏くらいまで、ブロンコスを思って、にやっけぱなしだと思います!
NFLに限らず、様々なスポーツ記事、いつも楽しませていただいております!!今後もよろしくお願いいたします。

225
Re: コメントありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。

素晴らしいQBがブロンコスには似合うのでしょう。

ペイトン・マニングが引退し、オスウィーラー選手が
テキサンズに行きましたが、これからジョン・エルウェーが
どんな選手を見出すのか、とても楽しみです。

引き続き、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930