FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  私達は「なでしこ」から沢山のものをいただいたが、「なでしこ」に何をしてあげたのだろう?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「国が君に何をしてくれるかを問う前に、君が国の為に何をするのかを問え」という、ジョン・F・ケネディ、元アメリカ合衆国大統領の有名な言葉があります。

 「権利と義務」を表した言葉とも言われていますが、リオデジャネイロ・オリンピック出場権を賭けたアジア最終予選における「なでしこジャパン」の戦いを観ていて、この言葉を思い出しました。

 この大会の緒戦、日本代表対オーストラリア代表の試合をテレビで観た時、「観客が少ない」と感じました。
 実力が拮抗した6チームから2チームしか出場権を獲得できないという、極めて厳しい大会に出場する「我らが代表チーム」の緒戦を、地元日本のスタジアムで応援しようとするファンの少なさに、少し驚きました。

 翻って見れば、私達はいつも、ワールドカップやオリンピックで活躍する「なでしこ」から、喜びや勇気を沢山いただいてきました。
 一方で、私達は「なでしこ」に何をしてあげたのでしょうか。

 いつの大会でも、序盤戦は「結構頑張ってる」という感じで見つめ、準決勝あたりからテレビに噛り付き、決勝では声を嗄らして応援する、というパターンだったのかもしれません。

 今大会でも、「オリンピック出場は当然のこと」と「勝手に」考え、心からの応援を送っていたかと問われると、少し反省しなければならないのかもしれません。

 現在の「なでしこ」のメンバーは、日本の女子サッカーをここまで引っ張ってきてくれた選手達が中心となっています。

 アルバイトを続けながらサッカーに挑み、日本女子サッカーを盛り上げてきてくれた選手達なのです。
 ワールドカップ2011で優勝し、ロンドン・オリンピックで銀メダルを獲得、ワールドカップ2015でも準優勝という、世界の女子サッカー界における「アメリカと日本の時代」を築き上げてきた、素晴らしい選手達ですが、どの大会に臨む際にも「日本の女子サッカーを盛り上げていくには結果を残さなくてはならない」という、強い強い使命感を口にしていました。

 つまり、ワールドカップで優勝しても、オリンピックで決勝に進出しても、まだまだ我が国には「女子サッカーが定着していない」ことを肌で感じてきたのでしょう。
 国内リーグの観客動員数を観ても、世界大会で好成績を残した直後には増加しますが、しばらくするとまた元に戻ってしまうことの繰り返しでした。

 何年も何年も「日本の女子サッカーの為に」という使命感を持って戦ってきた選手達が、「とうとう疲れてしまった」としても、無理が無いところかもしれません。
 現メンバーを超える若手がなかなか育っていない原因も、そこに在るのかもしれません。

 もちろん、日本女子サッカーの協会他関係者の責任も大きなものなのでしょうが、ファンとしても、今大会の「惨状」は、自らの行動を振り返って見る絶好の機会なのかもしれません。

 「私達は『なでしこ』から沢山のものをいただいたが、『なでしこ』に何をしてあげたのだろう」と、考えてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[卓球世界選手権(団体戦)2016] 「卓球日本」の健闘
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
「なでしこジャパン」に何をしてあげたのか?  
Comment
226
たまに読ませてもらってます。
表現は悪いですけど、代表ビジネスなんてそんなもんでしょう、としか思えませんね。代表戦での『勇気を貰う』は、普段興味無い人間が選手から様々な存在価値を強奪するものにしか見えません。『そもそも代表ビジネスでファンなんて増えてない、増えるのがおかしい』とまで思ってます。
まぁなんでここ数年のなでしこの意味が出てくるのは恐らく数年後の今の子供達が成長してからの話だと思います。

228
Re: コメントありがとうございます。
色々な考え方が有って良いと思います。

今後も、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031