FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 名物取組「琴欧洲 対 安美錦」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 昔から大相撲には、名物と呼んでも良い好取組が存在しています。

 最も多いのは、横綱同士の対決です。栃錦と若乃花(初代)や、大鵬と柏戸、輪島と北の海、曙と貴乃花、朝青龍と白鵬、といった取組は、優勝の行方が決まった後の対戦であったとしても、血沸き肉躍る、大相撲の看板取組でした。

 そして、この横綱同士の取組以外にも、名物取組が存在します。
 代表的なものは「千代の富士 対 安芸乃島」でしょう。千代の富士は、31回の優勝を誇る大横綱です。大体、大横綱と呼ばれる力士は、苦手を作らない、逆に言えば、苦手な力士が居ないから、大横綱になれるのです。しかし、横綱千代の富士は、安芸乃島だけは苦手でした。

 安芸乃島は、金星16個という大相撲最高記録保持者ですが、この16個の金星の内、4個が、千代の富士からのものです。金星というのは「平幕力士が横綱に勝つ」ことを言います。安芸乃島は三役の常連で、長く大関候補と呼ばれた力士ですが、時には平幕に下がることもありました。その時に、千代の富士との取組が組まれ、そして、その状態(平幕VS横綱)で4回も大横綱に勝っているのです。当然、関脇や小結という三役在位の場所でも、この取組が組まれていた筈ですし、関脇・小結VS横綱の取組でも、安芸乃島が勝利したことがあったと思いますので、本当に千代の富士が安芸乃島を苦手にしていたことが判ります。
 安芸乃島は重心が低く、好調な時には、押しても引いても落ちないタイプでしたから、千代の富士にとっても、やりにくい相手だったのでしょう。

 平幕と横綱の対戦ですから、賜杯の行方とは関係がない場合が多かったと思いますが、それでも「千代の富士 対 安芸乃島」の取組には、注目が集まりました。こうした、番付下位の力士が、上位の力士に相性が良いというのも、頭書のものとは別の意味で名物取組になるのです。

 ちなみに、話は逸れますが「金星(きんぼし)」というのは、文字通り「金星」で、1個に付き2万円、毎月の給金に上乗せされると聞いています。つまり、安芸乃島は、金星の分だけで毎月2万円×16個=32万円が、給金に上乗せされていたことになります。年間で384万円のプラス。現役力士でいる間、継続して上乗せされるのですから、その価値は絶大です。平幕力士が横綱戦に臨む時、大きなインセンティブになるものと思います。

 話を戻します。

 現在の土俵における、名物取組には、どんなものがあるのでしょうか。直ぐに思いつくのは、白鵬VS稀勢の里でしょう。前述の千代の富士と安芸乃島戦ほどではないにしても、盤石の大横綱白鵬に対して、真っ向勝負を挑み、時々勝ち星を挙げる稀勢の里の強さは、大向こうを唸らせるものがあります。白鵬の連勝を63で止めたのも、稀勢の里でした。

 そして、本稿のタイトルである「琴欧洲 対 安美錦」も、現在の大相撲を代表する名物取組のひとつだと思います。

 本日、2013年1月15日、大相撲1月場所3日目、この名物取組が組まれました。対戦成績は、大関琴欧洲16勝、対する安美錦17勝と、既に安美錦の方が1つリードしています。立ち合い、ぶつかった両力士ですが、安美錦が押し込み、そのまま押し切りました。再び、安美錦の勝ち、これで対戦成績は、安美錦の18勝16敗となったわけです。

 安美錦は、技能派力士と呼ばれています。事実、三賞の技能賞も5回受賞していますから、現在の角界を代表する技能派と言えます。
 琴欧洲は、立ち合いに変化があるのではないか、土俵際で逆転されるのではないか、といった心配からか、安美錦戦になると、いつも腰が引けています。
 一方の安美錦は、技能派と言われていますが、実は前に推す力が非常に強いので、何かやるぞと見せながら、一気の寄りで勝ち星を挙げることが、少なくないのです。力量抜群の力士ですから、膝の怪我さえなければ、大関・横綱を目指すことができた力士だと、私は考えています。(まだ現役ですから、これから上がっていくかもしれません。その場合には、早とちりで申し訳ありません。)

 体格にあまり恵まれず、技能派力士と呼ばれながら、実際には前に出る力が強い力士というのは、上位の力士にとっては、やっかいな存在です。相手の出方を見ながら料理することが、難しいからです。見ている内に、押し出されてしまう。

 現在の力士の中で、このタイプの代表格は、横綱日馬富士でしょう。安馬と呼ばれていた時代には、特に際立っていましたが、業師のように見せて、喉輪から一気に押し出す相撲が、よく見られました。この一気の寄りがあるからこそ、別の技も活きて来るのです。野球で言う「ストレートが速いから、変化球が活きて来る」のに似ているかもしれません。

 このタイプの力士としては他に、前述の安美錦、そして妙義龍も挙げられます。妙義龍も、押し出しが決まっている場所は、好成績が期待できます。本日の取組で、横綱白鵬を一気に土俵外に運びました。今場所の妙義龍は、楽しみです。

 琴欧洲に勝った安美錦が、インタビュールームに呼ばれました。

 アナウンサー「関取、今場所の初白星です。おめでとうございます。」
 安美錦「あけまして、おめでとうございます。」と笑顔。

 安美錦関は、プロフェッショナル・プレーヤーです。角界にとって掛替えのない力士です。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム32] アメリカ・ジョッキークラブ・カップとカネツクロス
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
琴欧洲対安美錦   安美錦   安芸乃島   金星  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930