FC2ブログ
HOME   »   水泳  »  [水泳日本選手権2016・第5日] 現時点の第一人者が力を魅せた日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5日目は、男子100m自由形、女子100m自由形、男子200mバタフライ、男子200m平泳ぎ、の4種目の決勝が行われました。

 いずれも激戦でしたが、結果を観ると「現時点の第一人者」が実力を発揮したと感じます。そして、伸び盛りの若手が食い下がることで、好レースとなった形でしょうか。

① 男子100m自由形

 中村克選手と塩浦慎理選手の競り合いは、ゴール寸前まで続きました。
 掌ひとつの差で中村選手が勝ちました。日本新記録でした。

 中村選手も僅かなところで個人種目では派遣標準記録をクリアできませんでしたが、この接戦に引っ張られた形で上位4名のタイムが伸びて、400mリレーの代表権を獲得したのです。

 中村選手・塩浦選手・小長谷研二選手・古賀淳也選手4人のスイマーの笑顔が印象的でしたが、特に古賀選手は、専門種目で惜しいところで代表を逃していましたから、喜びもひとしおというところでしょうか。

 実力者がそろった、相当強いチームだと思います。リオでの活躍が楽しみです。

② 女子100m自由形

 素晴らしいダッシュで50mを26秒09でクリアした内田美希選手が先行し、池江璃花子が追いかける展開となりましたが、後半もしっかりと泳ぎ切った内田選手が優勝しました。
 男子同様、日本新記録でした。

 そして、400mリレーの出場権を獲得したのです。
 4人のタイムの合計に時間がかかったのでしょうか、しばらくの間4人のスイマーは不安な様子でプール内に居ましたが、「決定」が伝えられると喜びが弾けました。

 素晴らしい瞬間でした。

 内田選手・池江選手・松本弥生選手・山口美咲選手は、いずれも55秒を切りました。やはり高いレベルのレースだったのです。

 池江選手は、200m自由形と同様に、少し体が重そうな泳ぎでした。いかに若いとはいえ、さすがに疲れが蓄積されているのかもしれません。
 とても大切な「経験」が積み重ねられているのでしょう。

③ 男子200mバタフライ

 瀬戸大也選手と坂井聖人選手の競り合いは、100m自由形の中村・塩浦両選手の競り合いと同様に、ゴール寸前まで続きました。

 ゴール寸前、瀬戸選手が僅かに抜け出して優勝しました。
 こちらは「掌半分」の差であったと思います。

 そして両選手ともオリンピック出場権を獲得しました。
 1分54秒台前半で泳ぎ切った2人のスイマーのリオでの活躍が期待されます。

④ 男子200m平泳ぎ

 5コースの小関也朱篤選手がスタートから飛び出し、そのスピードをゴールまで継続しました。小関選手「会心」のレースだったのではないでしょうか。

 150mにかけて3コースの北島康介選手が食い下がりましたが、その差がなかなか詰まりません。
 そして、残り30mから4コースの渡辺一平選手の追い上げが始まり、ゴール前15m辺りで北島選手を抜き去り2位でゴールしました。

 小関・渡辺両選手とも派遣標準記録をクリアし、代表権を手にしました。
 とてもハイレベルなレースだったのです。

 北島選手は、隣のコースの渡辺選手に抜かれた瞬間、「諦めた」感じもありました。
 「先行する」小関選手と「追い上げる」渡辺選手の間に位置して、精一杯のレースを展開したのではないでしょうか。

 「日本水泳界のレジェンド」、北島康介選手のオリンピック挑戦が終りました。
 33歳になってからの、この素晴らしいトライは、レジェンドの名に相応しい、比類なきものであり、「記憶に残る」ものであったと思います。

 5日目は、内田選手に挑む池江選手、瀬戸選手に挑む坂井選手、小関選手に挑む渡辺選手と、「第一人者VS若手実力者」という構図のレースが続きましたが、全て「第一人者に軍配が上り」ました。

 第一人者がその実力に慢心することなく、この大会に向けて鍛え上げてきたことが如実にわかるシーンの連続でした。

 第一人者がグイグイと引っ張る種目は、全体のレベルがどんどん上がって行くものなのでしょう。
 多くのスイマーがリオ五輪出場を決めた5日目でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[マスターズ2016] 松山英樹選手 トップと2打差で最終ラウンドへ
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
水泳日本選手権2015・5日目  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031